機内食レポート!マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田

malasian-airlines2

昨日に引き続き、クアラルンプール発成田行きのマレーシア航空ビジネスクラス搭乗記。今回は、この旅行最後となった機内食の味をレポートしたいと思います。

昼行便でも深夜便でも、相変わらず最初に出て来るサテーに始まり、アラカルトメニューに朝食メニューと、これまでとあまり変わり映えしない内容ですが、味はなかなかの美味!マレーシア航空の機内食のレベルの高さを改めて実感しました。

さて、サテーを頂きましょう…

つまらない洒落を言いたくなる程、流石に食べ飽きてきたサテー。ベルトサインが消灯するとすぐに漂ってくる香りも、もう既にちょっと気分が悪くなってきます。

マレーシア航空のサテー

ここはサテーをパスしてさっさと就寝するのもアリですが、経験上外資系のエアラインではじめの機内サービスを断ると“もてなし”を拒否したと見なされてぞんざいな扱いを受ける場合があるので、要らなくても一口は口をつける様にしています。

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田のサテー

「ミックス・プリーズ」と言ったら3本乗せられて来ました。これまでは4~5本だったので、私の顔色を見て少なくしてくれたのかな?丁度私が好きなチキンが2本。

それでも、食べ始めると何故か食が進むマレーシア航空のサテー。完食はしませんでしたが、2本あったチキンの殆どをたいらげてしまいました。また時間が経つと食べたくなってくるのかもしれませんね。

就寝前のDINE ANYTIMEメニュー

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田のDINE-ANYTIMEメニュー

さて、この便は深夜便なので、最初にアラカルトメニューから注文する軽食タイムがあって、到着2時間前に本格的な機内食サービスがあります。同じく深夜便であるシドニー行きのDINE ANYTIMEメニューは7種類もあったのに、成田行きは僅か4種類のみ。

マレーシア航空ビジネスクラスChicken-Tandoori-Baguette

この中で唯一食べていなかったChicken Tandoori Baguetteを頂きます。タンドリーチキンが3枚にキュウリとトマト、レタスが挟まれたサンドイッチ、軽食には丁度良いサイズです。

マレーシア航空ビジネスクラス「タンドリーチキンのサンドイッチ」

小ぶりのサンドイッチながら、中身は具沢山!冷たいものを想像していましたが、皿までアッツアツ!ボリュームのあるタンドリーチキンはパサついたりせずなかなか美味しく、キュウリの歯応えとトマトの果汁が上手い具合に絡み合います。カフェで食べると600円くらいしそうなサンドイッチ。

マレーシア航空ビジネスクラスのオレンジジュース

本来ならここでウイスキーをグイッとやって眠りに就きたい所ですが、さすがに胃がもたれてきたのでジュースで我慢します…。ウェルカムドリンクでもそうですが、マレーシア航空のフルーツジュースの中では、オレンジジュースが一番果汁を感じられて美味しいです。

朝食の前菜メニューはシドニー行きと同じ

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田搭乗記

そして就寝から3時間後、最後の朝食タイムの始まりです。今回は7Aの席でしたが、壁に近いせいかゴォーという騒音が大きく、きちんと眠れたのか否か微妙なところ…。このシートの寝心地については、昨日の記事に記載しています→マレーシア航空ビジネスクラスA330の最後尾で眠れるか?7Aの席を体験!

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田ドリンクサービス

私が目覚めて体を起こした瞬間、早くもCAさんがやって来てドリンクの注文を聞いてきました。サービスとしては素晴らしいのですが、まだ目もろくに開けられない状態で、ちょっと気が早すぎやしませんか…?

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田朝食メニュー

クアラルンプール~成田の朝食メニューがコチラ。前菜として出される4品のメニューは、いずれもシドニー行きと全く一緒。

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田の前菜

でも、フルーツの種類は違っていました。今回はドラゴンフルーツとキウイが入っています。パンに塗るジャムは、ストロベリーとハニーからの選択。

マレーシア航空ビジネスクラスKL~成田のパン

パンはクロワッサンやトーストっぽいものと合わせて3種類から選べます。このレーズンパン、外はサクサク中はフワッと、程よい甘さがあって美味しかったですが、肝心のレーズンが2粒しか入っていなかったのはちょっと残念!他の2種類も出来れば試したかったですが、ちょっと入らなかった…。

次のページでは、Chef-on Callのメイン料理をご紹介します!


カテゴリー

その他おススメの記事