エールフランス【欧州国内線】ビジネスクラス機内食レポ!ジュネーブ~パリ

airfrance-businessclass-geneva-paris (17)

ジュネーブからロンドンへ向けてのフライト、先ずはエールフランスで乗継先のパリCDG空港まで向かいます!

今回もビジネスクラスの利用ですが、欧州国内線という事で長距離路線に比べるとサービスは限定的。しかし出てきた機内食はどれも美味しい料理ばかり!エールフランスの力の入れようが窺い知れる、そんなフライトとなりました!


ジュネーブ発AF1743便

airfrance-businessclass-geneva-paris

今回レポートするのは、ジュネーブ13:00発パリ行きのエールフランス。前回に引き続き、JALマイルで発券した特典航空券の中の一部です。

ジュネーブ空港搭乗口

ビジネスクラスなので優先搭乗を使いますが、長距離路線の様にZONE 1からZONE 5までステータス別に細かく分かれている訳ではなく、搭乗レーンはSky Priorityと通常の2種類のみでした。

airfrance-businessclass-A318シート

機材は、往路(パリ→ジュネーブ)と同じA318。3+3のシート配列で、ビジネスもエコノミーもシート自体は一緒。ビジネスクラスは中央の列(B列及びE列)が自動的に空席になります。

前後のシートピッチもエコノミーと一緒ですが、今回も足元の広い先頭の1Kを確保!

レマン湖の眺め

この席は進行方向右側の窓側ですが、離陸直後はレマン湖が一望できて綺麗でした!遥か遠くにアルプス山脈を望む、ジュネーブならではの風景です。

ランチタイムの機内食メニュー

エールフランスの男性CA

さて、離陸してベルトサインが消灯すると、早速機内食サービス開始!凄く丁寧な男性CAが配膳してくれます。僅か1時間15分の短いフライトという事もあって、仕事がとても早い!

airfrance-businessclass-geneva-paris/機内食メニュー

今回の機内食メニューはコチラ。5品のコールドプレートにデザート、この他にパンとドリンクが付きます。ランチタイムという事でホットミールも期待しましたが、残念ながらそれは叶わず…。

メニューのデザイン/エールフランスビジネスクラス

尚、メニュー表の裏はこの様なデザインになっています。往路のフライトでは黄緑のデザインだったのですが、今回はオレンジ。何ともフランスらしい芸術的な柄ですね!

どれも美味しい料理の数々

機内食/エールフランス国内線ビジネスクラス

そして機内食がコチラ!エールフランスでは、各プレートに透明のカバーが付いた状態で運ばれて来ます。パンはバスケットから選べますが、この時は1種類しか無かった…。

孔子のロースト/エールフランスビジネスクラス

でも、料理はどれも美味!こちらの孔子のローストはプリッとした瑞々しい肉質と豊かな風味、ペースト状のオニオンソースを付ければ尚美味しいです!

セロリアック/エールフランスビジネスクラス

白いマッシュポテトの様なものは「セロリアック」。ポテトよりも軽い食感でクセも無く、こちらもなかなか美味!

チーズにバター、デザートも絶品!

チーズとバター/エールフランスビジネスクラス

チーズはソフトタイプですが、スーパーで買うカマンベールの様な臭味は一切無く、クリーミーで食べ易いです。

付け合わせはパンに塗るバターですが、このバターが絶品!絶妙な塩加減とミルキーな味わい、どこのバターなのか聞いておけば良かった…。

タルトトロペジエンヌ

そしてデザートは「タルト・トロペジエンヌ」。聞いた事の無い名前だったのでググってみると、これはブリオッシュをベースにしたフランス南部発祥の郷土菓子の一つで、中にはバタークリームが入っています。

味の程は言うまでもなく、ふんわりと軽い食感ながら濃厚なクリームが絶妙な甘さ!こんな何気ないスイーツ一つにも手を抜かないというのはホントに凄い!絶品です!

短距離でも充実!エールフランスの機内食

airfrance-businessclass-geneva-paris/機内食とシャンパン

美味しかった!時間の関係で10分程度で片付けられてしまいましたが、美味しい料理の数々に大満足!短距離のフライトで、これだけ質の高い食事が出てくれば大したものです!

エールフランス

是非ともまた乗りたい!そう思わせてくれるエールフランス ビジネスクラスのフライトでした!これまでのエールフランス航空ビジネスクラス搭乗記についてはコチラ→エールフランス ビジネスクラス

★こちらも合わせてどうぞ→「ファーストクラス・ビジネスクラス」世界の航空会社 一覧(シート、機内食など)