ジュネーブ国際空港Air France KLMラウンジ/朝食とランチメニューをレポート!

geneva-airport-lounge (24)

今回はエールフランスのビジネスクラスを使ってジュネーブからパリ経由でロンドンへ向かいますが、ジュネーブ国際空港で利用したのはAir France KLMラウンジ。

昼を跨いでの利用だった為、朝食とランチ両方のメニューを試す事ができました!その料理の味や、ワインの銘柄等をチェックしていきたいと思います。


かなり手狭なラウンジ

geneva-airport-lounge/エントランス

今回利用したAri France KLMラウンジ。ここはスカイチーム所属の航空会社指定のラウンジです。入るとすぐにレセプション、アジア系の親切な係員が対応してくれました。

geneva-airport-lounge/ダイニング

ラウンジは一続きのワンフロアになっていて、中央はダイニングスペース。ここにはダイニングテーブルとビュッフェカウンターがあります。席数はあまり多く無いので、出発便が重なると途端に混雑して座れなくなります…。

geneva-airport-lounge/ファーストクラスエリア

入口付近には、ファーストクラス専用のスペース(La Premiere)があります。大きなソファーがあって他のエリアと差別化されていますが、この中にビュッフェ等は無し。

geneva-airport-lounge/ラウンジ奥

geneva-airport-lounge/椅子

ラウンジ奥の方へ行くと、パーティションで区切られた向かい合わせのシートがあります。シートピッチが狭いので、混雑時にはかなり圧迫感を感じました…。

geneva-airport-lounge/サイドテーブルが無い椅子

geneva-airport-lounge/シートコンセント

またサイドテーブルが無い席もあって、テーブルを確保できないとドリンクやビュッフェの置き場に困ります。

geneva-airport-lounge/座席

ラウンジの一部には、この様な開放的な席もありますが、こういう所は人気なのでなかなか確保できないのが現状。全体的にもうちょっとシート配置を工夫する事はできなかったのかなぁと…。

朝食メニュー、ハムとチーズは美味!

geneva-airport-lounge/ビュッフェカウンター

それではここで、ビュッフェのメニューをチェック!ラウンジへ入室したのは午前11時頃だったので、この時間帯は朝食メニューとなっています。

geneva-airport-lounge/朝食メニュー

メニューは2種類のハムとチーズ、それにレンズ豆(?)のサラダとヨーグルト、フルーツが少し。ビスケット等の乾物もあります。

geneva-airport-lounge/朝食のパン

パンはクロワッサンとバゲットの2種類のみ。まぁ朝食時間帯なので期待はしていませんでしたが、予想通り腹に溜まるものは無いです。

geneva-airport-lounge/ハムとチーズ

でもこちらのハムとチーズ、これがなかなかの美味しさ!特にハムは柔らかくて風味豊か。日本のスーパーじゃなかなか手に入らない味だと思います。

ランチメニューはホットミールも

geneva-airport-lounge/ランチのビュッフェ

その後、12時前になるとビュッフェのメニューがランチに切り替わりました!美味しいハムとチーズはそのままに、ホットミールのプレートも置かれています。

geneva-airport-lounge/スープ

geneva-airport-lounge/ホットミール

ホットミールはスープと煮物の2種類。食べてみましたが、まぁどちらもフツーの味。このグニャグニャしたポテト、何という名前だったか忘れましたが、ヨーロッパではよく出てくる料理です。

geneva-airport-lounge/トルティーヤ

その他、トルティーヤの様なサラダ巻きとサンドイッチ。サンドイッチは人気なのか、すぐに売り切れます。

料理の種類としては朝食にくらべて格段に増えましたが、味はまぁ可も無く不可も無くと言ったところ。

なかなか高価なワイン!

geneva-airport-lounge/ドリンク

一方ドリンクですが、冷蔵庫の中には瓶のジュースとコカコーラ、ペリエ等。ビールはハイネケンが置かれています。

geneva-airport-lounge/ワイン

geneva-airport-lounge/白ワインと赤ワイン

その他、アルコールはワインが数種類。残念ながら泡はありませんが、この時は赤と白が2種類ずつあって、銘柄は以下のとおり。

  • Château l’Hospitalet La Réserve La Clape 2016
  • CHÂTEAU HAUT-MAURAC, CRU BOURGEOIS
  • CHABLIS La Cuvee Depaquit Albert Bichot
  • Domaine de Nalys

これらの市場価格を調べてみたら、いずれもビジネスラウンジとは思えない程の高値でビックリ!この中で特に一番高価なのはドメーヌ・ド・ナリスで、ボトルの市場価格は4,000円もします。

少し頂いてみましたが、しっかりとした主張でとても充実した味わい!ビジネスクラスの機内でも、なかなかこれだけのワインは出てこないですから、これは是非飲んでおきたい所。

geneva-airport-lounge/混雑

と言う訳で、ジュネーブ国際空港にあるスカイチームのラウンジ(Air France KLM Lounge)。短距離路線向けのラウンジとは言え、美味しいおつまみや高価なワインが置かれている点はGood!

あとは貧弱な内装と混雑さえ緩和してくれれば…。