ジュネーブ国際空港のフランス領域/ちょっと珍しいAFチェックインカウンター

airfrance

スイス・ジュネーブでの観光を終えて、次はロンドンへ向かいます!今回もJAL特典航空券で発券したエールフランスを利用しますが、ちょっと驚いたのがジュネーブ国際空港でのチェックイン。

この空港内にはフランスとの国境があって、エールフランスは全てフランス領域でチェックインを行う様になっていました。初めての利用だったのでちょっと戸惑いましたが、国境付近にあるジュネーブ空港ならではの体験!

その導線について、詳しくレポートしたいと思います。


無料で行けるジュネーブ国際空港アクセス

ジュネーブ国際空港ターミナル駅

ところで、今回はCornavin駅から列車でジュネーブ国際空港へ向かいましたが、運賃はホテルから貰ったトランスポートカードのお陰で無料!ジュネーブ滞在中は交通費が殆ど掛からずに済むので、ほんと助かります!

スイスのジュネーブ国際空港から市内へのアクセスについて調べていたら、なんと市内までの交通費が無料になるチケットがあるとの情報をGet!その情報を頼りに実際にチケットを発行してみましたが、本当に完全無料で市内のホテルまで行く事ができました!旅

また空港から市内へ向かう場合も、手荷物受け取り場にある券売機で旅行者専用の無料チケットが手に入ります。詳しくは上記の記事をご覧下さい。

geneva-airport/バス発着場

geneva-airport/バス時刻

尚、Cornavin駅以外からのアクセスなら、バスの利用が便利!複数の路線が乗り入れていて、運行間隔は路線によって10分~30分。乗り場はターミナルを出てすぐの所にあるので、利用価値は高いと思います。

路線MAP等についてはコチラ→ジュネーブのトラムは無料で乗れる!路線MAPと乗り方について詳しく

出発ロビーとSwissのカウンター

geneva-airport/出発ロビー

鉄道駅から5分ほどで出発ロビーへ到着。滑走路一本の小さな空港なので、出発ロビーも大した広さは無く、小じんまりとしています。ターミナルへ入るとすぐにあるのが、SWISS(スイスインターナショナルエアラインズ)のチェックインカウンター。

geneva-airport/Swissカウンター

流石はスイスのフラッグシップキャリアとあって、空港内では最優先の扱いです!しかし意外にも、このジュネーブ空港を発着するSWISS便は空港全体の1割程度にしか過ぎないそうで、それよりも圧倒的に多いのがEasy-JetというLCC。

このイージージェットはイギリスの航空会社ですが、ジュネーブを拠点にする「Easy-Jet Switzerland」というのもあるそうで、この空港の発着回数は全体の3割を超えるのだとか。今やどこへ行ってもLCCの時代なんですね~。

フランス行きだけ離れている

geneva-airport/出発掲示板

さて、今回はエールフランスを利用してパリ経由でロンドンへ向かいますが、掲示板を確認すると、パリCDG行きエールフランスのチェックインカウンターはF1~F5。

しかし気になるのは、Remarks(備考欄)に書かれた“SECT. FRANCE”の文字。

geneva-airport/french-sector

実際にカウンターFの方へ進むと、この様なフランスの国旗が書かれた表示があって、そこにも“French Sector”と書かれています。どうやらフランス行きのフライトだけ、カウンターの場所が他とは異なる様です。

geneva-airport-airfrance/チケットカウンター

出発ロビーの一番端、ここにエールフランスのカウンターがありますが、ここはチケットの発券のみ。係員に伺ったら、チェックインカウンターは更に奥にあるとの事。

フランス領域にある「French Sector

geneva-airport/フランス国境

漸く行きついた所は、なにやら物々しい雰囲気のゲート…。この先に目的のFカウンターがある様です。この中には警備員が居るだけで特に検査も何もなく素通りでしたが、かつてのイミグレーションの跡もありました。

geneva-airport/フランス領の出口

ゲートを抜けるとエールフランスのチェックインカウンターがあり、その横はターミナルの出入り口。どうやらここはジュネーブ国際空港内の“フランス領域”であり、奥の出口から出ればフランス側へ出られる様です。

先ほどの物々しいゲートは、国境だった訳ですね。

geneva-airport-airfrance-checkin/カウンター

ここにはエールフランスの他、上記で触れたEasy-Jetのカウンターもあります。つまりフランス側から空港へ来た場合、スイスへ入国する事無くそのまま飛行機に乗れる様になっているのでしょう。

スイスはシェンゲン協定加盟国なのでフランスとの行き来は自由ですが、こういう所を見るとやはり“国境”というものを強く感じてしまいます。シェンゲン協定加盟国とは言えスイスはEU加盟国では無いので、その辺がちょっとややこしい…

ビジネスクラスチェックイン

geneva-airport-airfrance/Skyプライオリティ

ここまで来れば、後はいつも通りチェックインして荷物を預けるのみ!今回はビジネスクラスなので「Sky Priority」のカウンターを利用します。

エコノミークラスの場合は、側にある自動チェックイン機でチェックインをしてから「Baggage drop-off」のカウンターで荷物を預ける必要があるので、かなり面倒です…。

エールフランスチケット

乗継先のパリ~ロンドン便も合わせてチェックイン完了!エールフランスは、複数の便でも1枚のボーディングパスにまとめて発券されます。

geneva-airport/プライオリティレーン

保安検査場もPriority Laneがあって、ボーディングパスのバーコードをかざせばゲートが開きます。通常レーンは10分ほどの行列でしたが、こちらは待ち時間ゼロ!

geneva-airport/ラウンジ入口

と言う訳で、ちょっと複雑なジュネーブ国際空港のエールフランスチェックインの模様をお伝えしました!次回は、ジュネーブ国際空港で利用したビジネスラウンジについてレポートします。→ジュネーブ国際空港Air France KLMラウンジ/朝食とランチメニューをレポート!