シドニー空港【カンタス航空ビジネスラウンジ】徹底レポ!International Business Lounge

sydney-qantas-International-Business-Lounge (23)

シドニー国際空港でチェックイン後、イミグレーションを抜けて向かったのがカンタス航空シドニー・インターナショナル・ビジネスラウンジ。今回搭乗するのはマレーシア航空ですが、シドニーでのワンワールドアライアンス指定ラウンジは、このカンタスラウンジ択一となります。

成田やシンガポールで入ったカンタス航空ラウンジも充実していましたが、ここ本場シドニーのカンタスラウンジも本格的なビュッフェとオシャレな空間、とても居心地の良いラウンジでしたので、レポートしたいと思います。


2階の奥がビジネスラウンジ

シドニー国際空港のイミグレーションを通過し、これからラウンジへ向かいます。昨日もお伝えしましたが、イミグレーションは超ガラ空きで5分もかからずに通過!折角もらった“エクスプレスパス”の実力を発揮する間もありませんでした(参考マレーシア航空シドニー国際空港ビジネスチェックインの待ち時間は?

シドニー空港免税店

イミグレを抜けると、免税店がズラリと並んだエリア。出発ロビーはそれ程でもなかったですが、このショッピングエリアが意外に広く、搭乗口までも結構歩かされます。

シドニー空港ラウンジエリア

ラウンジエリアは2F。エスカレーターを上がって進みます。エレベーターはエスカレーターの背後にある様です。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジ入口

エスカレーターを降りたすぐの所にあるのはファーストクラスラウンジ。今回入るのはその先のビジネスクラスラウンジです。ファーストラウンジの前には常に係員がいてボーディングパスをチェックしていたので、迂闊に近づく事も出来ません~。

入口付近のオシャレなエリア

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジレセプション

入口を入るとレセプション。重厚な大理石で、ホテルの様な佇まいですね。「Welcome~!」と気持ちの良い対応でした。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのソファー

レセプションを抜けると、早速ソファーエリア。ラウンジはここを中心に左右に広がる構造になっている様です。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジBarカウンター

窓際にはオシャレなカウンターが設置されています。夜になるとかなりステキな空間になりそう~。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジオーダーメニュー

まだ午前中だからか、このカウンターで食事をしている人はいませんでした。メニュー表が見当たりませんでしたが、時間帯によってはオーダー式メニューもあるのかな?

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのアイスクリーム

カウンターの側にはアイスクリームまであります。こんな“サーティーワン”の様な本格的なものは初めて見ました!このエリアだけ、なんだかパーティー会場の様ですね。

左右に続くラウンジエリア

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジエリア

続いて、ラウンジ奥の方へ行ってみましょう!窓に添って回廊の様に長く続くラウンジエリア。リビングやダイニング等と明確に分かれている訳ではなく、どこでも窓際にソファー、壁際にビュッフェやドリンクサーバー等が設置されている様な構造です。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジエリア混雑状況

ターミナル内は空いていましたが、ラウンジ内は結構な混雑ぶり!でも座席数が多いので、空席が無くなる事はありませんでした。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジエリア窓際の席

窓際の席が空いていたので、ここを確保します。サンバイザーが無いので直射日光が眩しい~、だから空いていたのか…。

ビュッフェの朝食メニュー

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのビュッフェ

それではここで、ビュッフェのメニューをチェックしていきたいと思います。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジの朝食メニュー

ビュッフェコーナーにあったのは朝食メニュー。この時の時刻は午前11時前、まだランチには切り替わっていない様です。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのベーコンとソーセージ

先ずはベーコンとポークソーセージ。朝食の定番ですね。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのハッシュブラウンとベイクドビーンズ

続いてハッシュブラウンとベイクドビーンズ。“Hash brown”とはジャガイモを焼いた料理で、オーストラリアでは朝食の定番になっているのだとか。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのクロワッサンとアップルパイ

パンはクロワッサンとアップルパイ。こちらも朝食と定番と言えますね。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジ朝食のデザート

デザートは瓶詰めの創作スイーツが3種。その他にもヨーグルトやフルーツもあって、なかなか充実していました。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジビュッフェエリア

尚、11時過ぎになるとビュッフェエリアにパーティションが置かれ、All Day Diningメニューへ切替が行われました。この間ビュッフェエリアには入れなくなりますが、2箇所ある内の片方ずつ切替が行われている様なので、別の方へ行けば問題ありません。

▼ 続きを表示する

ALL DAY DININGも充実のメニュー

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジAll-Diningメニュー

続いてAll Day Diningのメニューも見てみましょう。スリランカ風チキンカレーやズッキーニのパスタ、マッシュルームスープなどもあって、こちらもなかなか充実しています。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのサラダ

サラダは5種類。彩りも豊かですね~。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのチーズと乾物

チーズや乾物も然り!ワインのお供に良いかと思います。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのケーキ

ケーキはチョコレートとブルーベリーチーズの2種類。やはり朝はあまり売れ行き良く無いですね。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのブルーベリーチーズケーキ

このブルーベリーチーズケーキを試してみましたが、ブルーベリーの部分はややしつこい甘さながら、チーズの部分はなかなか美味しいです。これで皮の部分がサクッとしていれば尚良いのですが、まぁ合格点でしょうか。

ちょっと残念なワインの銘柄

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジの白ワイン

ワインは結構種類が豊富で、また場所によって置いてある銘柄も違っていました。しかし中身は格安ワインばかり…。写真はYalumba Organic Chardonnay 2016、日本円で千円台前半です。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのロゼワイン

続いてTruvee Rose 2016、こちらも1,500円くらいで手に入るロゼワイン。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのワイン

Squealing Pig Marlborough Sauvignon Blanc 2016、日本のディスカウントストアでよく見かける銘柄ですが、こちらもほぼ同額レベル。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジの泡スパークリングワイン

“泡”はシャンドンを期待していたのですが、The Drives NV Chardonnay Pinot Noirがあるのみ。こちらも上記と同額で買える銘柄です。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのスパークリングワインは安物

試してみましたが、味わいも浅く、ジュースに炭酸を入れただけの様な味わい。やはり千円台で買えるスパークリングで美味しいものは無いですよね…。成田空港のカンタスラウンジでもシャンドンが置いてあったのに、本場シドニーに無いなんて…(もっと探せばあったかも?)

ビールサーバーは3種類

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのウイスキーとブランデー

ワインの他にも、アルコールの種類自体はまずまずの品揃え。ハードリカーはブランデーとウイスキーが多種。しかしシーバスリーガル12年やジャックダニエルなど、こちらも日本円で千円台で買える銘柄ばかりです。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのソフトドリンク

その傍らにはソフトドリンクが7種類。どれも甘いジュースばかりです。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジの瓶ビール

その他、冷蔵庫には瓶ビールが各種。栓抜きもこの中に入っています。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのビールサーバー

瓶ビールの他に、サーバーから注ぐビールもあって、種類は3種類。ハイネケンがあるのは嬉しいところ!

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジのビールグラス

初め、私がビールを注いでいたらグラスが間違っていたらしく、係りの人が飛んで来てすぐ正規のグラスに注いでくれました。羽田空港の様に泡まで自動で注いでくれるマシンではないので、係りの人にやってもらった方が美味しく飲めるのかもしれません。

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジで飲むハイネケンビール

このビュッフェの充実したラウンジで食事を堪能したい所ですが、この後ビジネスクラスの機内食が待っているので、ドリンクとケーキ1つに留めておきました。それにしても、ビュッフェはなかなかの充実ぶりです。

居心地の良いシドニーのラウンジ

シドニー空港カンタス航空ビジネスラウンジ

カンタス航空ビジネスラウンジの総評としては、広くて明るいラウンジエリアと充実したビュッフェのある、居心地の良いラウンジだと感じました。ワインの銘柄が格安な点が唯一の欠点と言えそうですが、それを補うほどのビールの種類、そしてアイスクリームの本格的なフリーザーまであるオシャレなダイニングカウンターと、これまで訪れたビジネスクラスラウンジの中でもトップクラスの満足度です。

カンタス航空のラウンジはシンガポールも充実していましたし、成田のラウンジも良し。自国・他国に関わらず、カンタス航空のラウンジへの拘りが強く感じられます。

以上、シドニー国際空港カンタス航空ビジネスラウンジのレポートでした!次回はマレーシア航空ビジネスクラスでクアラルンプールを目指します→マレーシア航空ビジネスクラスA330の「A席」を「K席」と比較

★こちらも合わせてどうぞ→世界の空港ラウンジ 一覧