Lufthansa Business Lounge/フランクフルト国際空港 Gate-A26

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge (7)

ルフトハンザ航空ビジネスクラスに続き、乗継で利用したフランクフルト国際空港にある「ルフトハンザ航空ビジネスクラスラウンジ」をレポートしたいと思います。

フランクフルトからはオーストリア・ウィーンを目指しますが、今回利用したのはシェンゲン国内線エリアにあるビジネスクラスラウンジ。“ファースト”や“セネター”の各ラウンジよりも格下扱いされるビジネスラウンジですが、ここはなかなかの快適な空間!

ビュッフェには美味しいメニューもあって、満足のいく滞在となりました!


シェンゲン国内線、ゲートA26付近

今回は、乗継で利用したフランクフルト国際空港。バルセロナから到着後、飛行機を降りて“Connecting flights”に従って進むと、手荷物検査も無く搭乗ゲートのあるエリアへと辿り着きました。

フランクフルト航空ラウンジ案内

ラウンジ大国と言わんわかりに、ルフトハンザ航空ラウンジが林立するフランクフルト国際空港。スターアライアンスHPのラウンジ案内によると、ターミナル1のシェンゲン国内線フロアにあるビジネスラウンジは2箇所あって、それぞれゲート13付近、およびゲート26付近にあるらしい。

ルフトハンザ航空ファーストクラスラウンジ

ルフトハンザ航空ビジネスクラスラウンジ

途中、ファーストクラスラウンジやセネターラウンジを見かけましたが、今回私はステータス無しのビジネスクラス利用者なので、何れも利用できません…。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/入口

今回私が利用したのは、搭乗ゲートに近いA26ゲート付近にあるビジネスラウンジ。中のレセプションへ入る前に、入口横でステータスをチェックされました。何だかブスっとして会釈もしない受付の対応にムッとしながらも、早速中へ!

開放感のあるラウンジ

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/レセプション

中へ入ると、ここにもレセプションがあります。ミュンヘンのラウンジでは“セネター”と中で分かれていましたが、ここはどうやら“ビジネス”だけのラウンジの様です。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/ラウンジエリア

入口に近い所にビュッフェカウンターのあるダイニングがあって、その横にBarエリア、ラウンジ奥の窓際にソファーが並んだリラックスエリアがあります。仕切りが少なく、なかなか開放感があって明るいラウンジです!

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/Barカウンター

Barカウンターもなかなかオシャレ!このラウンジでは基本的にアルコールが提供されるるのはここだけで、この後ご紹介するビュッフェカウンターには、一部の瓶ビールが置いてあるだけでした。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/混雑

開放感のあるラウンジですが、座席数が多い訳では無い様で、11時を境に少しずつ混雑。特に窓際のソファーエリアは、空席を探すのに苦労する程です。

朝食メニューをチェック!

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/朝食ビュッフェ

それでは、ビュッフェのメニューをチェックしてみたいと思います!ラウンジへ到着したのが10時半頃だった為、置いてあったのは朝食メニュー。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/ハムやチーズ

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/スクランブルエッグ

ラインナップは、まぁ良くも悪くも想像通り。王道の卵・ハム・チーズに加え、フルーツと野菜サラダが少し。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/パン

パンは3種類、ドイツ特有の固くて重いパンもありましたが、クロワッサンがあるのは嬉しいですね!

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/試食

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/ハム

朝食メニューを少しずつ試食してみましたが、相変わらずハムのレベルは高く、スクランブルエッグもなかなか美味しい!ここへ来る前に食べたビジネスクラスの朝食なんかよりも、遥かに満足のいく朝食です(笑)。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/ヌテラ

尚、パンに塗るバターと一緒に置かれていたのが、こちらの「ヌテラ」。ヨーロッパのスーパー等ではよく見かけるチョコレートソースですが、まさかこんな一口サイズの仕様があったとは!

ヌテラの味については「ヌテラ(Nutella)をAmazonで買う。濃厚なチョコレートの味や如何に?」の記事に記載しています。

11時からはランチメニュー

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/ランチビュッフェ

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/スープ

朝食を食べて間もなく、11時を過ぎるとビュッフェのメニューが一斉にランチメニューへと切り替えられました。スープが2種類とウィンナー、デザートが新たに加わり、代わりにハムとチーズが無くなります。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/ウィンナー

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/デザート

ドイツと言えば“ウィンナー”という事で、これが出るのを待ってました!デザートはカスタードクリームを用いたもので、「バニラプリン」と書かれています。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/スイーツとウィンナー

こちらも少し試食してみましたが、このバニラプリンはキャラメルと生クリームっぽい味。独特のしつこさがあって、日本人にはまず合わない味です。これは2~3口でご馳走サマ。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge/美味しいウィンナー

ただ、このウィンナーは美味!ポキっと音が鳴るほどしっかりした皮で、とてもジューシーな味わい!これは流石ドイツといったところですね。

デザイン良し!快適な国内線ラウンジ

と言う訳で、フランクフルト国際空港のルフトハンザ航空ビジネスクラスラウンジを訪れてみましたが、落ち着いた空間ながらも洗練されたデザインでGood!それほど広いラウンジではありませんが、開放感があって明るく、快適に過ごせるラウンジだと感じました。

frankfurt-airport-lufthansa-business-lounge

美味しいビュッフェもあって、シェンゲン国内線向けでこのレベルなら文句なし!格上のセネターラウンジが一緒になっていないので、落ち目を感じずに済む事も利点ですね(笑)。

次回は、ウィーンへ向けたフライトや機内食をレポートします。→機内食が充実!ルフトハンザ航空ビジネスクラス欧州国内線(FRA~VIE)