機内食が充実!ルフトハンザ航空ビジネスクラス欧州国内線(FRA~VIE)

lufthansa-businessclass-a320 (17)

フランクフルトからは、再びルフトハンザ航空のビジネスクラスでウィーンへを目指します!この区間は元々オーストリア航空だったのですが、お伝えした通りストライキの影響で振替となり、結局のところ3回連続でルフトハンザ航空へ乗る事になってしまいました…。

今回はお昼の便なので、機内食はランチメニュー。短距離のフライトながら、とても充実した料理の数々でビックリ!良い意味で予想を裏切られました!


フランクフルト発ウィーン行きLH1238

フランクフルト空港搭乗口

搭乗するのは、フランクフルト11:50発のルフトハンザ航空1238便のウィーン行き。すぐ隣の国なので1時間程度で着くものと思っていたのですが、所要時間は1時間20分と意外に掛かるものなんですね。

ルフトハンザ優先搭乗

今回もビジネスクラス利用という事で、優先レーンから搭乗!こういう分かり易い立派なプレートが掲げられているのは、流石ルフトハンザの本拠地なだけありますね。

ルフトハンザ座席変更

尚、ゲートでチケットをかざした所、レシートの様な物が出てきて渡されましたが、なんとまさかの座席変更!窓側の4Fから通路側の2Dに変わってしまいました。

エコノミークラスなら迷わず通路側ですが、今回はビジネスなので景色が見える窓側が良かったのに…。

A320の小型機

ルフトハンザビジネスクラスシートA320

今回の機材はA320。マドリード行きで乗った時と一緒で、真ん中の席にテーブルが備え付けられていないタイプのシートです。

ルフトハンザビジネスクラスの足元のスペース

2Dの席という事で、足元の広い先頭の席ではありませんが、それでも足元のスペースはかなり余裕があります。マドリード行きで乗った時は、同じ2列目でも足元がかなり狭かったのですが、同じA320でも微妙に仕様が異なるのかもしれません。

ルフトハンザ/ビジネスとエコノミーのカーテン

エコノミークラスとの間には仕切りのカーテンが引かれていますが、今回は前3列がビジネスクラスになっていました。私の席が4Fの席から2Dへと変更になったのは、この為だったのかと納得!

恐らくエコノミークラスが満席で、ビジネスクラスの方から座席を宛がったのだと思いますが、こういうシステムがあると欧州国内線ではインボラなんて絶対に発生しないのかもしれません。

ワゴンで配膳される機内食

定時で出発、離陸して安定飛行に入るとすぐに、機内食サービスの開始!今回はエコノミークラスの様に、ワゴンに乗せられて運ばれてきました。

ルフトハンザ男性CA

男性CAによる配膳でしたが、とても紳士的な対応で好印象!こういう男性のCAって、日本の航空会社ではなかなか見られないですよね。“人に奉仕する仕事は女性”という古い考えが、日本では今だ根強い気がします。

ルフトハンザビジネスクラス機内食のパン

機内食と共にパンが提供されますが、これがとてもアッツアツ!いつも生ぬるいJALのパンとは大違いです!こういう“焼きたて”の演出も、JALには見習ってもらいたいものですね。

ランチメニューが美味!

ルフトハンザビジネスクラス機内食/フランクフルト~ウィーン

さて、コチラが今回の機内食。11:50発の便という事でランチメニューとなっていますが、前菜兼メインの大皿とデザート、チョコレートまで付いたラインナップ!

短距離路線だと言うのに、かなりキチンとした料理が出てきました!

機内食のメイン料理/ルフトハンザ

前菜の黄色いポテトは、甘口の味付けですが美味!メインのサーモンは冷めていますが、白いわさびクリームがピリッと辛くてこちらも美味しいです!

ルフトハンザ機内食のデザート

プレートの左上にある半透明の品はデザート!トロっとしたペースト状のライチに木の実などが入ったスイーツですが、ライチをあまり好まない私でも美味しく食べられました!

ハシェのチョコレート

Hachezのチョコレート

口直しには、ドイツ・ブレーメンでお馴染みHachez(ハシェ)のチョコレート!こういうさりげない一品があるのも嬉しいですね。

短距離なのに充実の機内食!

lufthansa-businessclass/シャンパン

なかなか美味しかった機内食!短距離路線という事もあって全然期待していなかったのですが、味・ボリューム共に大満足です!このフライトの前に乗ったバルセロナ発の朝食があまりにも貧相だったので、ちょっとこれは驚き!

ドイツのミュンヘンからは、ルフトハンザドイツ航空のビジネスクラスでスペイン・マドリードを目指します!ビジネスクラスと言えども、欧州国内線とあってシートも機内食も簡易的なサービスである事が一般的ですが、今回の機内食はとても高レベル!期待してい

以前乗った事のあるミュンヘン発の便も美味しい機内食だった事を考えると、ルフトハンザ航空はドイツ発か否かで味に大差があるのかもしれませんね。JALもそうですが、本拠地発の機内食は力を入れるものです。

ウィーン国際空港到着

と言う訳で、オーストリア・ウィーンへ到着!次回から、オーストリア関連の記事をお伝えしていきます。