リニューアル工事完了!JAL成田空港4Fファーストクラスラウンジ

jal-firstclass-lounge-narita-4f (80)

改修工事の続く成田空港JALファーストクラスラウンジ。このたび本館4Fの部分の工事が完了し、2019年4月にリニューアルオープンしたので見に行ってみると、これまでの4Fラウンジとは比べ物にならない程広いエリアに生まれ変わっていました!

今回はキャセイパシフィック航空の利用ですが、ワンワールド・エメラルドステータスを利用して入室、どの様な内装に仕上がっているのか、詳しくレポートしたいと思います。



本館4階ファーストクラスラウンジ

jal-firstclass-lounge-narita-4f/エスカレーター

今回リニューアルされたのは、3つある成田空港JALファーストクラスラウンジの内、本館4Fにあるラウンジ。3Fラウンジエントランス横にあるエスカレーターで4Fへ上って行きます。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/エントランス

エスカレーターを上がると、目の前にエントランス。リニューアルされた割には以前と雰囲気は変わりませんが、よく見ると“Sakura Lounge”の表示が無くなっていますね。

どうやら以前あった4Fサクララウンジも統合して、一つのファーストクラスラウンジに改修された模様。

ラウンジの構造とフロアMAP

jal-firstclass-lounge-narita-4f/フロアMAP

ラウンジのフロアMAPはコチラ。以前あったサクララウンジも統合された事で、かなり広いラウンジになっています。MAP内グレーの部分(厨房)を取り囲む様にダイニングエリアが3つあって、右下の方へ行くとラウンジスペース。

全体の大部分をダイニングが占めるというちょっと歪な構造のラウンジですが、その理由は後ほど分かります!

jal-firstclass-lounge-narita-4f/エントランス左

jal-firstclass-lounge-narita-4f/エントランス右

エントランス付近は、グレーの落ち着いたカラーの内装。右と左、それぞれの廊下の奥には特徴的なデザインのシンボルが飾られています。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/廊下

エントランスから右の方へ行くと、ラウンジエリアとダイニングを結ぶ長い廊下があって、ここにはちょっとしたライブラリースペースもあります。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/靴磨きの入口

jal-firstclass-lounge-narita-4f/靴磨きの中

また、ここには靴磨き(Shoe Polish Service)サービスもあって、部屋の中はこんな感じ。これは3Fラウンジの改修工事が終わるまでの暫定営業との事ですが、その割にはしっかりと造り込まれた内装です。

一番奥のラウンジスペース

jal-firstclass-lounge-narita-4f/ラウンジエリア

一番奥のラウンジスペースは、大きめのソファーと間接照明の落ち着いた雰囲気。ここだけは改修前の内装がそのまま残っているという感じがしますね。奥の窓側には、カウンター席が数席。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/ソファー席

複数の種類のソファーと、壁際にはパーティションで区切られた半個室タイプの席もあります。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/ドリンクカウンター

ここにはビュッフェはありませんが、ドリンクカウンターが設置されていて、アルコールからソフトドリンクまで一通り揃っている模様。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/ビールサーバー

jal-firstclass-lounge-narita-4f/ハードリカー

ビールは、アサヒ・ドライプレミアムとサッポロ・エビスの2種類。ハードリカーも各種揃っていて、ウィスキーは「山崎12年」や「響ブレンダーズチョイス」、「ボウモア18年」など、サクララウンジでは飲めない上位酒も置かれています。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/マッサージエリア

jal-firstclass-lounge-narita-4f/マッサージチェア

また、このエリアにはマッサージチェアが2台。でもこれ、簡単なパーティションで区切られただけのものなので、中へ入ってもあまり落ち着きません…。恐らく3Fラウンジの改修が終わるまでの暫定的なものなんだと推測します。

3つのエリアから成るダイニング

jal-firstclass-lounge-narita-4f/寿司のあるダイニング

続いてダイニングエリアへ!3つあるダイニングの内、まずはMAP左側のエリアですが、ここでは「鮨 鶴亭」と題された握り寿司のサービスが提供されています。

以前3Fラウンジにあった“寿司Bar”がそのままリニューアルされたものですが、白木で覆われた“割烹”の様なデザインに仕上がっていて、これはかなり外国人ウケしそうです。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/テーブル席

「鮨 鶴亭」の横にもダイニングテーブルがあって、座席数としては文句なし。でも混雑に配慮してか、落ち着いて座れるソファー席が殆ど無く、シートピッチも狭いです。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/中間のダイニング

一方、「鮨 鶴亭」から続くエリア(MAPの上)は2つ目のダイニングですが、ここにはビュッフェもドリンクカウンターも無し。ただ、壁際がソファー席になっているので、落ち着いて座りたい時はここがベスト!

jal-firstclass-lounge-narita-4f/一番広いダイニング

そしてMAP右側は一番広いダイニング。ここにはビュッフェカウンターの他、今回新たに開設された「JAL’s Table」というオーダー式メニューの料理が提供されていますが、それについては次回の記事で詳しくお伝えします。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/コンセント

尚、これらのダイニングエリアにはコンセントおよびUSB電源がついていますが、どこに付いているか分かり難い上に(せめてマークくらい書いておいて欲しい…)、床スレスレの高さにあるので超使い難い…。これはちょっと改善してもらいたいですね。

お手拭が設置されたNewトイレ

jal-firstclass-lounge-narita-4f/男子トイレ

jal-firstclass-lounge-narita-4f/男子トイレの個室

トイレはラウンジ内に2箇所。何れも清潔(新しいので当たり前か…)で機能面では問題ありませんが、男子トイレの方は個室の数がちょっと少ないので、朝は特に混雑するかもしれません。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/男子トイレの洗面台

jal-firstclass-lounge-narita-4f/トイレのお手拭

ただ、洗面所にお手拭が置かれる様になったのは画期的!カタール航空やエミレーツ航空の様な中東エアラインのラウンジではよく見られますが、日本の航空会社ではこれが初めてかも?

ペーパータオルや乾燥機よりも、この方がずっと使い易くて便利です!

やがては3Fと繋がるらしい

さて、そんな成田空港のJALファーストクラスラウンジですが、係員に伺った所によると、やがては現在改修工事中の3Fラウンジと繋がって、4Fと3Fを合わせた一つの大きなファーストクラスラウンジになるのだとか。

3Fラウンジは今年2019年の秋頃にオープン、シャワールームも3Fに新設され、それに限っては夏ごろに先行オープンとの事。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/エレベーター

3Fラウンジへは、ソファーの置かれたラウンジスペース横のエレベーター(フロアMAP右下)で行き来する事が出来る様になるそうですが、そこは照明を落とした少し暗めのインテリアになる事が予定されているそうです。

4Fは明るい照明のダイニング中心、3Fは落ち着いた照明のソファーエリア中心のラウンジになるそうですが、なるほど、4Fラウンジの殆どがダイニングで占められているのはこの為だった訳ですね!

JALでホーチミンへ向かう際に利用した成田空港本館3Fのファーストクラスラウンジですが、今年2019年の春頃からおよそ半年間に渡る改修工事が予定されています。元々ラグジュアリーで高級感のある成田空港のFラウンジが、果たしてどの様に生まれ変わ

改修前の3Fファーストクラスラウンジは、バブルの名残が随所に見られるステキなラウンジでしたが、これがどう生まれ変わるのか?出来れば「おっ」と思わせる様な、ラグジュアリーな内装を期待したい所。

jal-firstclass-lounge-narita-4f/ダイニングカウンター

と言う訳で、リニューアル完了した成田空港4Fファーストクラスラウンジ、次回はオーダー式メニュー「JAL’s Table」の食レポをお伝えします!→JALの新しいミールサービス JAL’s Table のメニューをチェック!成田空港Fラウンジ4F

★こちらも合わせてどうぞ→世界の空港ラウンジ 一覧