香港国際空港【THE DECK】キャセイの新しいビジネスラウンジ!

the-deck-cathaypacific-lounge (25)

引き続き、香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジ巡りから、今回はTHE DECK(ザ・デッキ)ビジネスラウンジをレポートします!

このラウンジは昨年2018年に出来た比較的新しいラウンジですが、入室はビジネスクラスのステータスで可能。手狭ながら、キャセイならではの優雅なインテリアは健在です!



「ザ・デッキ」ラウンジの場所

Cathay-Pacific-lounge-map

THE DECKラウンジがあるのは、ターミナル1の6~7番搭乗口付近。保安検査を抜けてから右側、Wingラウンジとは反対側の方へ進みます。

the-deck-cathaypacific-lounge/エントランス

エスカレーターで一つ上の階へ上がると、目の前にラウンジのエントランス。このラウンジは、ビジネスクラス(サファイア)のステータスで利用する事が可能です。

小じんまりとしたフロア

the-deck-cathaypacific-lounge/ビュッフェとラウンジエリア

中へ入ると、まず初めにビュッフェカウンターのある廊下があって、そのサイドにラウンジエリア。写真奥にシャワー設備のエリアがあります。

the-deck-cathaypacific-lounge/ラウンジエリア

ラウンジエリアは手狭ながら、大きなソファーとテーブルが配置されて、格式高いデザインに仕上がっています。雰囲気的には良いですが、座席数が少ないので混雑時にはすぐ座れなくなってしまいそうです。

the-deck-cathaypacific-lounge/ソファ

ビュッフェカウンターの横にありながら、食堂の様なテーブル席が無いというちょっと珍しい配置。恐らくスペース的に無理があったので、ソファー席を優先させたのでしょう。

the-deck-cathaypacific-lounge/シャワーの受付

一方、入口からラウンジエリアとは反対側へ行くと、シャワー施設。このラウンジには8室のシャワールームがあるそうで、この受付で手続きを済ませてから利用します。

ワインの銘柄をチェック!シャンパンもある

the-deck-cathaypacific-lounge/ビュッフェ

続いて、ビュッフェのメニューをチェック!と言っても、置かれているメニューは前回までのレポートとほぼ同じ。ただ、スペース的に置けない料理もある様で、THE BRIDGE等と比べると種類は少ないかもしれません。

the-deck-cathaypacific-lounge/ワインの銘柄

そこで、今回はワインの銘柄に絞って要チェックしてみました!ワインは赤・白それぞれ3本ずつ用意があり、銘柄と市場価格は次のとおり。

  • Peter Lehmann Art ‘n’ Soul Shiraz/1,500円
  • Leap in the dark pinot noir/2,000円
  • Berry Bros. & Rudd GOOD ORDINARY CLARET/2,000円
  • hipi sauvignon blanc 2018 marlborougn/1,800円
  • Grant Burge Benchmark Chardonnay/1,400円
  • Domaine Grand Vneur blanc de viognier/1,400円

いずれも安物ではありますが、一応ヴィンテージものもある等、なかなか上質なラインナップ!日本のラウンジの様にボトル1,000円で買える様な格安ワインを置かない所は、流石キャセイと言ったところ。

the-deck-cathaypacific-lounge/シャンパン

また、冷蔵庫の中にはシャンパンも置かれていました!ビジネスラウンジでシャンパンが飲めるのは、私が知っている限りではパリのエールフランスラウンジとここだけかも。

とは言え、MUMM CORDON ROUGE(マム・コルドン・ルージュ)はボトル3千円で買える超超格安シャンパンなので、まぁ味の程は言わずもがな。それでもその辺に転がっているスパークリングワインよりは遥かに良い味なので、普段飲みには良いかもしれませんね。

ヌードルバーがある

the-deck-cathaypacific-lounge/ヌードルバー

ビュッフェの先にあるのは、なんとヌードルバー!注文カウンターには7席のカウンター席と、奥にテーブル席もあります。こんな手狭なラウンジに造るなんて、相当要望が強かったのでしょう。

the-deck-cathaypacific-lounge/ヌードルバーのメニュー

メニューは、THE PIERにあるヌードルバーと同じ…と思いきや、中華饅のメニューが若干異なっていて、ヌードルと合わせて8種類のラインナップになっています。

the-deck-cathaypacific-lounge/テーブル席

テーブル席はほんの30席ほどしかありませんが、お昼時だと言うのに半分ほど空いていました。ここへ来る前に立ち寄ったTHE PIERはあれだけ広くて満席だったのに、えらい違いですね。

メニューも多いですし、ヌードルバーを利用するならコッチへ来るのが断然お得です!

開放的な「ザ・テラス」

the-deck-cathaypacific-lounge/ザテラス

ヌードルバーのカウンターの横からは、テラスの外へ出られる様になっています。このエリアは「ザ・テラス」と呼ばれていて、このラウンジ一番のウリなんだとか。

the-deck-cathaypacific-lounge/ザテラスの反対側

このザ・テラスは、ラウンジの建物を囲む様に続いています。開放感抜群の明るいエリアですが、あまり人気が無いのかここに座っている人は殆どおらず…。

the-deck-cathaypacific-lounge/ザ・テラスの椅子

確かに、洒落たデザインの椅子は良いですが、こんな申し訳程度のテーブルじゃちょっと使い難いですよね。もう少し機能面でも考えてもらいたいところ。

ちょっと狭いが利用客も少なくて良い

the-deck-cathaypacific-lounge

と言う訳で、香港のキャセイラウンジで一番新しいラウンジ「THE DECK」、小じんまりとした手狭なラウンジですが、ヌードルバーやシャンパン、そして開放的なテラスがあるのはGood!何より、場所柄もあってか空いているのが良いですね。

香港のキャセイパシフィック航空ラウンジについては、こちらにまとめています→香港空港ラウンジ

★こちらも合わせてどうぞ→世界の空港ラウンジ 一覧