シンガポール「カンタス航空ラウンジ」のシャワーは広くて快適!リラクシングスペースも詳しく!

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

先日のシンガポールからの帰り、JALへの搭乗前に訪れたチャンギ空港のカンタス航空ラウンジThe Qantas Singapore Loungeの模様をお伝えします。今回はラウンジ内の様子とシャワールームのレポートです。

広々したラウンジは混雑も無く快適!シャワールームも広くて機能的、トイレも付いている安心設計ですが、唯一難点な部分も見受けられました。その点も含めてお伝えしたいと思います。

JAL指定ではないカンタス航空ラウンジ

シンガポール・チャンギ空港からJALに搭乗する場合、指定されるのはSATSプレミアラウンジ。ビジネスクラスに搭乗する場合などは、一般的にこのラウンジを利用する事になります。

The Qantas Singapore Lounge

しかしチャンギ空港にはワンワールド向けラウンジが4つあって、ステータスホルダーは基本的にどのラウンジでも利用する事が可能です。事前に口コミをリサーチした所、カンタス航空ラウンジのビュッフェがとても充実していておススメだ、という情報を得ていたので、SATSラウンジへ向かう前に先ずはカンタスラウンジで食事をする事にしました。

カンタス空港ラウンジもSATSプレミアラウンジも同じフロア(殆ど隣同士)にあるので、ハシゴもし易く便利です。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

尚、ラウンジは出発当日であれば特に利用回数に制限はありませんが、出入りする度にレセプションで受付をする必要があるので、一日に何度もリピートすると恥ずかしい…。なので「食事」や「シャワー」など利用テーマを決めて、順に訪れる様にします。

広々したワンフロア

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

感じの良い対応のレセプションを抜けると、初めにあるのはちょっとしたロビー。そこから右へ行けばダイニング、左にリビングスペースといった感じのレイアウトです。天井は低めながら奥行きが広く、どこまでも繋がっている様な感覚になります。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

側にはアルコールが飲めるBarカウンター。その奥にはダイニングに繋がっています。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

食事をする前に、まずはリビングエリアを覗いてみましょう。カウンター式のテーブルとソファ、なかなか洒落たデザインです。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

一番奥へ行くと、寛ぎのリビングスペース。一人向けのソファが多くあって良いですね。照明も極端に暗くないので仕事もし易いかと思います。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

ダイニング的なテーブル、側にはドリンクサーバーも置かれています。この様にリビングエリアを見ただけでも様々な酒類の椅子が置かれていて機能的、しかもとても広いので利用客が多くても開放感が損なわれずに済むのだと思います。やはりラウンジはこうあるべきですね。

シャワールームも広くてGood

続いてシャワールームも見てみましょう。シャワールームはリビングエリアとは逆、ダイニングエリアの一番奥に入口があります。入って行くとシャワー専用のレセプションがあり、部屋を指定されてタオルセットを渡されます。チケットを渡す必要はありませんでした。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

部屋は広々!大きな鏡にトイレ付き、奥にシャワーブースがある構造です。明るさもまぁまぁで、裸でも寒くならない様に少し暖かいです。

清掃も行き届いており、清潔感は問題なし。扉の外の音はそれなりに聞こえますが、周りの壁がしっかりとした造りになっているので、羽田空港サクララウンジの様に隣の部屋の音が気になる事はありません。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

洗面台はやや小ぶりですが、使いにくい事はないでしょう。蛇口も磨かれていてピカピカでした。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

側にはハンドウォッシュとハンドクリーム。これも羽田空港には無かった設備ですね。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

クシと歯ブラシもアリ。歯ブラシは、刃先が太っとい通称“ワニブラシ”です(笑)。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

腰掛も用意。クッション付きでゆっくり座れます。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

ドライヤーは備え付けのタイプです。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

貸し出しされるタオルセットは、バスタオル・ハンドタオル・足拭き用マットの基本セット。

ちょっと残念な排水溝の臭い…

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

さて、シャワーブースに入ってみると、経年劣化なのかやや古めかしさが否めません。不潔感はありませんが、ピカピカな洗面台近辺とはちょっと異なります。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

シャンプーとコンディショナー、それにボディーウォッシュが備え付けです。ASPARというブランドは、カンタス航空が独自に開発したラウンジのスパ商品。植物成分の潤いと安らぎを与えてくれるのが特徴との事ですが、使ってみるとまぁフツーな感じでした。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

シャワーの水圧はすごく弱い。しかも水圧を強めようとすると熱くなりすぎて、使えたものじゃありません。こればかりは日本のラウンジの有り難味が分かる点ですよね。

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

しかもシャワーを使い始めると、徐々に排水溝の臭いが気になり出します。5分も使っていると部屋中に充満してクサイ…。これは海外のホテル等でもよくある事ですが、排水溝の掃除まではなかなか手が行き届いていない様です。「パイプユニッシュ」を使うと良く効くのですが、この国には売っていないのかな…?

広くて快適!シンガポール「カンタス航空ラウンジ」でシャワーを浴びる

シャワールームを総括すると、「広くて綺麗なのに臭くて残念」といった感じ。でもシャワーの使用を止めると15分程で臭いは気にならなくなりますから、一時我慢すれば済む事でしょう。またシャワーブースは10部屋くらい(多分…)あったと思うので、あのラウンジ内の様子を見ているとそれ程混雑する事は無さそうです。

次回は食事のメニューと食レポをお伝えします。→カンタス航空シンガポールラウンジのオーダー式メニューを食レポ!

関連記事JAL指定ラウンジSATS PREMIER LOUNGEを詳しくレポート!


カテゴリー

その他おススメの記事