マドリードで芸術鑑賞!2つのオペラ座と1つのコンサートホール

madrid-concert1

スペイン・マドリードでは1週間程の滞在でしたが、その間に2つのオペラ座と1つのコンサートホールで公演を観る事が出来ました!

スペインと言えば、フラメンコでお馴染み「タブラオ」ばかりが注目されがちですが、首都マドリードにある本格的なオペラ座やコンサートホールはどの様なものなのか?今回は、ざっくりとダイジェストでご紹介していこうと思います。


テアトロレアル

テアトロレアル

先ずは定番「テアトロレアル」。王宮のすぐ向かい側にあって、メトロのオペラ駅出口を出てすぐの所にあるので、マドリード観光の際は誰もが一度は見る機会のあるオペラ座だと思います。

公演の無い時は内部が公開されていて見学も出来るのですが、もちろん今回はオペラをしっかり鑑賞してきました!

テアトロレアルの内部

内部はパリのガルニエ程のゴージャス感はありませんでしたが、“王立”を意味するRealの名前が入っている事もあって、金の装飾が施された美しい馬蹄型のオペラ座です。

ここで鑑賞したのは《Die Soldaten》という現代オペラなのですが、これがとんでもない演出の超問題作でした!その内容やオペラ座の詳細については、またの機会に詳しくお伝えします。

サルスエラ国立劇場

サルスエラ国立劇場の外観

続いて、「サルスエラ国立劇場(Teatro de la Zarzuela)」。こちらはマドリードにあるもう一つのオペラ座なのですが、テアトロレアルに比べると日本人にはあまり有名では無い様で、口コミ情報も少ないです。

サルスエラ国立劇場の内部

でも内部はしっかりとした馬蹄型をしていて、典型的なヨーロッパのオペラ座になっています。テアトロレアルと同様、1850年代からの歴史を持つ劇場なのですが、あまりきちんと改修されていないのか、金の装飾がかなり黒ずんでしまっている所も。

チケット料金も安めの設定なので、気軽にオペラ座の雰囲気を味わうには良いかもしれません。

マドリード国立音楽堂

マドリード国立音楽堂の外観

もう一つ、こちらは「マドリード国立音楽堂」。1988年に出来た比較的新しいコンサートホールの一つで、スペイン国立管弦楽団などの公演が主に行われている他、世界的に名を馳せる有名アーティストのソリスト出演も多くある様です。

マドリード国立音楽堂シンフォニックホール

今回は、大ホール「シンフォニックホール」でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を鑑賞しましたが、ホールはシドニーのオペラハウスやシンガポールのエスプラネードコンサートホールにも引けを取らない、斬新な照明設備とパイプオルガンがあって、見ごたえの程はなかなかのもの。

肝心のピアノの演奏はかなり残念なものでしたが、良くも悪くも演奏者の良し悪しが分かる、優れたホールなのかもしれません。

ウィーンと比べると敷居はかなり低い

madrid-concert

と言う訳で、マドリードで鑑賞した3つのコンサートですが、比較的ラフな格好で来ている観客も多く、ウィーンの様な“社交界”の体で行ったら拍子抜けしてしまいました!

それだけ市民に近いコンサートホールという事なのでしょうけど、その分演奏の質も…?各々のホール詳細については、また追ってレポートしたいと思います。