RACプロペラ機DHC8搭乗記!本皮シートが驚きの広さ!宮古~那覇

RAC-DHC8-Q400CC (13)

宮古島からの帰り、乗継の那覇へ向かう飛行機は、なんと小型のプロペラ機でした!宮古~那覇の路線は通常JTA運行のB737が宛がわれているのですが、最終便に限ってはRAC(琉球エアコミューター)が運行するDHC8-Q400CCという機材になっていて、これは僅か50名乗りのプロペラ機。

小型機ならではの狭小空間を想像していたのですが、実際に乗ってみると機内はとても明るくてシートも広々!普通席なのに、クラスJ並みに広いシートピッチで驚きました

RACDHC8-Q400CC

今回搭乗するのは、宮古19:45発の那覇行き。那覇でJAL羽田行きの最終便に乗り継いで、帰路に着く行程です。

宮古空港展望デッキ

宮古空港には1時間程前に到着したのですが、特に見所のある空港ターミナルでもなく、また空港ラウンジも無いので、少しの間展望デッキで時間を潰す事に。

琉球エアコミューターRAC/DHC8-Q400CC

デッキに出ると、ちょうどこれから搭乗する飛行機が到着したところでした!プロペラ機ならではの物凄い轟音を轟かせています。JALグループのプロペラ機と言えば、但馬~伊丹でSAAB340Bという機材に以前搭乗した事がありますが、それに比べるとかなり大きな飛行機です(参考→JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!JAL最小プロペラ機のシートと乗り心地

琉球エアコミューターRAC/DHC8-Q400CCのシートマップ

シートマップを見ると、僅か13列ながらSAAB340Bの1.6倍にも及ぶ50名乗り。しかも客席後方は広大な貨物室になっています。JALグループのプロペラ機の中では、最大の大きさを誇る機材なんですね。

搭乗口付近は広いロビー

宮古空港の搭乗口付近ロビー

宮古空港では、保安検査場を抜けると広いロビーがあります。よく地方空港なんかへ行くと、保安検査を抜けたらトイレも無い様な狭小ロビーに隔離されてしまう所もありますが、この宮古空港はトイレの他、売店もある広い空間です。

宮古空港のイートインコーナー

売店の奥は軽食がとれるコーナーになっていました。でも椅子は無く、立ち食い専門の様です。

宮古空港の優先搭乗

出発は定刻。この先の那覇での乗継時間が20分しか無いので、定刻で出発してくれて良かった…。優先搭乗は、私以外に1名のみ。

タラップから搭乗

宮古空港の搭乗口

飛行機までの導線は結構長く、係りのお姉さんに連れられてひたすら歩きます。途中エレベーターやエスカレーターの無い階段のみの部分もある等、バリヤフリーの導線にはなっていない模様。

宮古空港の搭乗口から機内へ

やがて、ターミナルの外へと出て行きます。雨天に備えて、大量の傘が横に準備されていました。

宮古空港の琉球エアコミューターRAC/DHC8-Q400CC

かれこれ2分くらい歩いてやっと到着!遠くから見るよりも、こうして近くで見る方がより機体が小さく見えますね。

琉球エアコミューターRAC/DHC8-Q400CCのタラップ

さぁそれでは、いざ搭乗!タラップの高さはSAAB340Bよりも低く、また階段もなだらかです。広々快適な機内の様子と搭乗記は、次のページへ!


カテゴリー

その他おススメの記事