JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!JAL最小プロペラ機のシートと乗り心地をレポート

JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!

前回までコンパクトな空港「コウノトリ但馬空港」をレポートしてきました。今回は、この但馬空港からプロペラ機に乗って大阪伊丹空港を目指します。

但馬~伊丹の区間はJAC日本エアコミューターがSAAB340Bという定員36名の小型プロペラ機を飛ばしていて、JALグループが運行する定期便の中では最小の機材になっています。この区間でしか味わえないフライトはどの様なものなのか、レポートしたいと思います。

機内持ち込み荷物に制限あり

コウノトリ但馬空港の施設

JAC日本エアコミューターは、JTA日本トランスオーシャン航空等と同じJALグループの為、JALの他の路線と同じようにJALのHPからの予約となり、搭乗に関する予約や手続きも全く一緒です。

コウノトリ但馬空港の施設

しかし機内がとても狭いSAAB340Bでは機内持ち込み手荷物も厳しく制限されていて、通常機内持ち込み可能とされている小型のスーツケースもここでは受託手荷物として預けなければなりません。

一応3辺の和が100cmを越えない荷物であれば機内持ち込み可能とされていますが、私は以前3辺の和が95cmのスーツケースでも持ち込みを断られた事があります。つまりスーツケースは基本的に全て機内持ち込み不可と考えて良いのかもしれません。

保安検査通過は最後まで待つべし!

荷物を預けた後は、その横にある保安検査場を通過しますが、入場開始のアナウンスがなされるまで中へ入る事はできないので、それまでロビーにて待機する必要があります。

JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!

勿論ここにはJGC向けの優先レーン等あるはずも無く、全員共通のレーンが一つのみです。まぁ大阪伊丹行きしか無い但馬空港で、たとえ満席便でも乗客は36名しかいませんから、レーンを増やす必要が無いのは明らかでしょう。

JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!

しかし保安検査には一人一人に一定の時間がかかるので、特に入場開始のアナウンス直後は保安検査場前に長蛇の列!更に保安検査を通過した後にあるのは、搭乗人数ギリギリの数のベンチがあるだけの搭乗待合室。ここにはお土産売り場も無く、トイレにも行けない様なところで搭乗開始を待たなくてはなりません。

JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!

それならば、保安検査場が空くまでロビーで待っている方がよほど利口というもの。たとえ搭乗開始時刻になってから保安検査場を通過しても、目の前が搭乗口なので十分間に合います。私は検査場の人が空くまでの間、展望デッキで到着する飛行機を見物していましたが、時間つぶしには最高でした!

タラップから搭乗

JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!

それでは搭乗開始!JALグループなので一応“優先搭乗”があります。勿論ボーディングブリッジは無く、50mほど離れた飛行機まで徒歩で向かいます。

JAC但馬~伊丹SAAB340B搭乗記!

確かに小さいですね!こうして正面から見ると、マイクロバス並みの大きさに感じます。

次のページでは、意外と広いSAAB340Bの機内をご紹介!


カテゴリー

その他おススメの記事