Webなのに手数料!? JAL提携会社特典航空券の上手な予約方法とは?

jal-businessclass

今年は秋にもヨーロッパ行きを計画しているのですが、この度JALのマイルを使って、エールフランス航空ビジネスクラス特典航空券の発券に成功しました!JALの予約システムが変わって初めての発券でしたが、思いのほか手こずって苦労の連発…。

Webから申し込める航空会社が大幅に増え、便利になったJAL提携会社特典航空券のはずですが、実際には不都合な事ばかり!そんな予約システムの“穴”と、少しでもスムーズな発券方法について、今回は見ていこうと思います。


改善された?提携会社特典航空券のルール

JALのマイルを使った特典航空券には、次の3つの種類がありますが、ここで簡単におさらい。

  • JAL国際線(国内線)特典航空券…JALのみ
  • 提携会社特典航空券…提携会社1社のみ
  • ワンワールド特典航空券…ワンワールド加盟会社複数の組み合わせ

この内、今回はエールフランス航空を利用するので、②の「提携会社特典航空券」を利用しますが、その主な発券ルールについては次の通り。

  • 単一の航空会社のみの旅程に限る
  • 最大6区間
  • ストップオーバーは3回まで
  • 地上移動は全体で1回まで
  • 地上移動区間は総旅程距離(必要マイル数)に含まない

JAL国際線の特典航空券だと、1回の発券で現地までの往復分(2区間)しか取れませんが、これだと現地での乗継を含めて最大6区間まで取れるのが便利ですよね。

地上移動が全体で1回までしか認められていませんが、この地上移動区間は必要マイル数に“含まれない”ので、ヨーロッパ国内で間に鉄道を入れる等すると、マイル数を節約する事が可能です(この点は以前のルールから改善?)。

jal (3)

発券に必要なマイル数は上記の通り。JAL国際線特典航空券およびワンワールド特典航空券の場合、ビジネスクラスでヨーロッパを往復すると110,000マイルも必要ですが、提携会社特典航空券だと85,000で済むのが嬉しいところ!

じわりじわりと改悪が進むJALマイレージ制度ですが、この辺りにメスが入れられない事を祈るばかりです…。

発売は330日前とは限らない

そんなお得な提携会社特典航空券ですが、いざ発券するとなると一筋縄ではいかない点が多いです。

jal (4)

先ず、発売日(特典枠の開放)が330日前とは限らない事。今回予約したエールフランスでは、実際に希望していた日程が予約可能になったのは、330日前から数えておよそ4ヵ月後。

また別の案件では、来年1月に希望しているカンタス航空が4月の時点で未だ開放されず、予約に至っていないのが現状です。

jal (5)

希望日の特典枠がいつ開放されるか分からないので、毎日こまめにチェックするしか方法はありません。

毎日数回かかさずチェックしていると、ある日突然空きが表示されますが、毎回数時間の内に埋まってしまいますので、ほんと“小まめ”にチェックしていつでも予約できる体勢にしておく事が重要かと思います。

使い勝手の悪いWeb予約システム

また、Webから予約可能になった提携会社特典航空券ですが、その予約システムは使い勝手の悪いところだらけ!例えば、空き状況を確認する際、一覧で表示されないので、いちいち日時を入れなおして一つ一つ確認していく事が必要になります。

jal (2)

しかも空きが無い場合は、この様なエラー表示。この時、表示に従って“JAL TOP”を押してしまうと、JALのトップページからやり直しになってしまうので、ブラウザの戻るボタンで一つ前の画面からやり直すのが得策です。

手数料¥2,160を回避できないケースも

更に、Webからの予約では自由な行程が組めず、予約センターへ電話して手数料を支払わざるを得ないケースもあります。

jal (6)

それは「自由旅程」を使って予約する場合。提携会社特典航空券は、全部で6区間まで組めるはずですが、「自由旅程」の画面にはなぜか3区間までしか入力できない様になっています。つまり4区間以上の旅程を作るには、1区間のマスに乗り継ぎも含めて2区間分の旅程を入力する必要があるのです。

jal (1)

でもその場合、フライト選択画面は、入力した区間ごとの表示になってしまう為、システムが判断した乗り継ぎ便しか表示されず、自由なフライトを選択する事ができません。

今回私は、ジュネーブからパリを経由してロンドンへ至る行程の際に、ジュネーブ12:05発→パリ16:15発の便を希望していましたが、何度試してもこの2便が合わさった行程が出てきません。各々の便に空きはあるのに、予約できないなんてオカシイですよね。

jal (8)

すかさず予約センターへ電話をして変更をお願いしたところ、希望の便への変更は可能だが、その場合は手数料(2,160円)がかかるとの事。JALのシステムの都合で予約できないと言うのに、有無を言わさず電話だとしっかり手数料を取るなんて、ほんとヤクザみたいな話。

私は止む無く、希望便への変更を諦めました…。

それでも提携会社特典航空券はお得!

と言う訳で、Webから予約可能になったJAL提携会社特典航空券ですが、まだまだシステムには不満な要素が沢山!それでも、85,000マイルでヨーロッパまで往復出来て、更に現地での乗り継ぎも含める事ができる特典航空券は他に無いですから、これは上手く使いこなせば本当にお得です!

発券予定のある方は、是非諦めずにチャレンジし続けて頂ければと思います。