開業1周年!羽田空港POWER LOUNGEの無料コーヒーが美味しい!

power-lounge-haneda (13)

2017年4月にリニューアルオープンした羽田空港のカードラウンジ「POWER LOUNGE」。DPラウンジのついでに、こちらも覗いてみる事にしました!

パワーラウンジは“カードラウンジ”なので、対象のゴールドカードを持っていれば飛行機のマイレージに関係なく入れるラウンジですが、その分一般的に航空会社運営のラウンジよりも内容は劣るとされていますよね。

このパワーラウンジの異心地は如何なものか?また無料で飲めるドリンクの味等レポートしたいと思います。


SouthNorth二つのラウンジ

power-lounge-hanedaエントランス

羽田空港第1ターミナルには、北ウィング・南ウィングにそれぞれパワーラウンジがありますが、先ず訪れたのは南ウィングのパワーラウンジ。保安検査場を抜けて左の方へ歩いて行くと、その途中の通路沿いに入口があります。

power-lounge-hanedaの内部

Jazzの音楽が流れるラウンジは、窓に沿って横に長い構造になっていて、中央にロングテーブル。奥の方はソファー席になっていますが、人気なのかそこだけ凄い混雑ぶり!

コンセント付きのテーブル/power-lounge-haneda

ロングテーブルは個別に区切られていて、全席にUSB電源とコンセントが付いています。シートピッチは十分なのですが、できればテーブル中央に目隠しのパーティションが欲しいところ。

power-lounge-haneda北

ちなみに、この後Northの方へも行ってみましたが、置かれているテーブルや椅子の種類に遜色は無く、ドリンクの種類も一緒。ウリ二つと言ったところですね。

紅茶が充実!代わり種ドリンクも

power-lounge-haneda/ドリンク

続いてドリンクを見てみると、オレンジジュースにトマトジュース、青汁や牛乳、黒酢ジュースまであります。航空会社のラウンジと違ってビールはありませんが、なかなか充実した内容です。

power-lounge-haneda/ティーパック

その他、ティーパックはアールグレイティー、煎茶の他、「メイプルナッツティー」なんて洒落た名前の紅茶もありました。カップやグラスも、なかなか上品に置かれていますよね。

power-lounge-haneda/ジュアアルディペコ

もう一つ、初めて聞く名前の紅茶を発見!「ジュアアルディペコ」とは、ケニアで取れた紅茶茶葉とルイボスティーをブレンドした紅茶だそうで、羽田空港オリジナルドリンクなんだとか。

飲んでみると、見た目どおりにルイボスティーに似た味わいですが、それよりも更に癖が無くなっています。その変わりちょっと味気ない感じもしますが、カフェインが少なめでポリフェノールが豊富だという事なので、健康には良いのかもしれません。

コーヒーが意外と美味!

power-lounge-hanedaのコーヒーサーバー

そして、意外と美味しかったのはコーヒー。サーバーから自分で入れて飲む無料のコーヒーなのですが、サーバーの型番を見てみると“WMF5000S”というドイツ製の業務用エスプレッソマシンです。

power-lounge-hanedaのカプチーノ

いつものとおりカプチーノを入れてみましたが、しっかりとした深い苦味がきいて美味しい!ウィーンで飲むコーヒー等には到底及びませんが、少なくともJALのラウンジで飲むコーヒーよりは遥かにレベルが高いです。

power-lounge-hanedaの有料コーヒーとエッグタルト

因みに、このパワーラウンジには有料のコーヒーもある様で、エッグタルトとセットで500円で販売されていました。ブラジル産とコロンビア産の豆を使った、羽田オリジナルブレンドなんだとか。

power-lounge-hanedaのエッグタルト500円

エッグタルトにも拘りがある様ですが、コーヒーとセットとは言えちょっと500円は高いかなぁ~。250円くらいなら需要ありそうですけどね。

ちょっと立ち寄るには良いラウンジ

power-lounge-hanedaのラウンジ

と言う訳で、羽田空港第1ターミナルにあるパワーラウンジを見て参りましたが、ピッチの広いコンセント付きのデスクと充実したドリンクがあって、機能面では申し分ない内容だと思います。

ラウンジ内には係員が沢山いて、常にテーブルを拭く等対応も細やかですし、同じカードラウンジでも、制限エリアの外にあるエアポートラウンジ(中央)とは雲泥の差!(参考→羽田空港T1エアポートラウンジ(中央)のメリット・デメリット

power-lounge-hanedaの開放感

ただ、余りにも開放的過ぎてちょっと落ち着かない所が難点かと。明るさと広さを演出したいのは分かりますが、人の目線を気にせずにPCを打てる場所がもう少し欲しいという感じはあります。

そういう意味では、あまり長居したくなるラウンジではありませんが、ちょっと立ち寄ってコーヒーを飲むという使い方がベストかもしれませんね。

以上、羽田空港のパワーラウンジのレポートでした!同じ第1ターミナルにあるJALラウンジの記事も、併せてご覧下さい。

その他の空港ラウンジについては「世界の空港ラウンジ 一覧」をご覧下さい。