ファーストクラスラウンジのレストランは全て無料!クアラルンプール GOLDEN LOUNGE

golden-lounge-satellite-firstclass (34)

引き続き、クアラルンプール国際空港のマレーシア航空ラウンジ「Golden Lounge」より、ファーストクラスラウンジの模様をお伝えしています。

今回は、ラウンジ内にあるダイニングで食べられる料理やメニューをレポート!シャンパンをはじめ、ドリンクも含めて全て無料で頂けます!


ファーストクラスラウンジのダイニング

ゴールデンラウンジファーストのダイニングの入口

ゴールデンラウンジ・ファーストのダイニングは、ラウンジ内へ入る手前の右側に入口があります。2つ入る所がありますが、左側は従業員用で、右側が客席。

ゴールデンラウンジファーストのダイニング

中へ入ると、ラウンジ内と同様に自然光の差し込む明るい室内。2人掛け様のテーブル席が10個程度配置されています。

ゴールデンラウンジファーストのダイニングのテーブル

壁際は4人掛けになっていますが、テーブルのサイズが一緒なので何だかちょっと窮屈な感じ。皿や食器は予めセットされています。

ゴールデンラウンジファーストのダイニングに受付は無い

このダイニングルームに個別のレセプション等は無く、勝手に席に着いて待っていると奥から店員さんが現われて、ニコヤカに挨拶!メニューと水を持ってきてくれました。

フルコースが揃う豊富なメニュー

メニュー/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

このダイニングのメニューはコチラ(文字が読める様に画像の解像度を上げています)。アペタイザーにスープ、メインにデザートまで、フルコースが勢ぞろい!選べるメニューは全13種類と、ラウンジ飯の中ではかなり豊富ですよね。

テーブルセッティング/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

オーダーをすると、早速料理に応じたセッティングに変えてくれます。この辺りの所作はなかなかのもので、香港のファーストクラスラウンジには無い高級感があります。

フルコース料理/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

今回は、サラダにスープ、メイン料理にデザートと、本格的にフルコースを揃えみました!本格的なテーブルセッティング、ここがラウンジの中だなんて信じられないくらいです!

シャンパンは「ドゥ・ヴノージュ」

ドリンク/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

ドリンクは、シャンパンをオーダー。何も言わなくてもチェイサーを付けてくれる所は、良いサービスの証拠。少なくなったらすぐに注いでくれますし、どの店員もきちんとしたレストラン並のサービスを提供してくれます。

シャンパン/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

折角なので、このシャンパンの銘柄を見せてもらいました。「ドゥ・ヴノージュ(de VENOGE Cordon Bleu Brut)」、飲んでみると、ブランデーの様なブドウの風味が広がります。沸々とした主張は弱いですが、味に深みがあってなかなかGood!

このドゥ・ヴノージュですが、ボトルの市場価格は5千円程。しかし各ネットショップを当たってみると、どこも品切ればかり。中には、希少なヴィンテージものが数万円の値が付けられていたりと、なかなか人気がある銘柄なのかもしれません。

前菜とパン、スープ

シーザーサラダ/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

オーダーから10分程、最初の料理が到着!こちらは前菜として注文した「CAESAR SALAD」。なんて事ないシーザーサラダですが、大皿に盛りつけられた姿は、それだけで絵になりますね!

シーザーサラダのアーモンド/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

上に乗ったチーズトーストをよけると、その下にアーモンド。シャキシャキのレタスは、鮮度もなかなかのものです。

本日のスープ/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

スープは「SOUP」と書かれた1種類のみで、内容は“本日のスープ”となっています。何のスープなのか尋ねるのを忘れてしまいましたが、野菜をベースにしたポタージュの様な味わい。クリーミーでとても上品、整った味です。

バゲット/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

そして、バゲットのサービス。オーダーしていないのにこれが出てくるなんて、まさに本格的!3種類のブレッドとクラッカーがオシャレに盛りつけられています。

カレーパン/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

白いパン/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

パンの味に関しては期待していなかったのですが、これがなかなかGood!黄色いパンはカレー味で、後からしっかり辛味が来ます。白いパンは味がついていませんが、パサついた感じも無く質は上々。

メインとデザート

鯛のグリル/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

メインは「GRILLED FILLET OF RED SNAPPER」。鯛の魚に蒸したポテトと季節の野菜、ブールブランソースの掛かった一品です。

ブールブランソースの料理/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

フランス料理によく使われる事の多いブールブランソース。コクのあるクリーミーなソース、鯛の身の柔らかさもまずまずで、万人向けの統制された味わいですが、普通に美味しい料理です。

味覚の中で突出する点が無く、全て均等に舌に伝わって来る所が、シェフの腕前の良さなんじゃないかと。ほんと、こんな上品な味を味わったのは久々です。

chocolate-tart

デザートは「CHOCOLATE TART」。白いマスカルポーネチーズにベリーのソースが掛かったチョコレートタルト。後から甘さがふわりと来る上等なケーキ、こちらも美味しく頂きました!

唯一の“格安”は赤ワイン

ドリンクメニュー/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

メイン料理に合わせてドリンクを変えてもらおうと、ドリンクメニューはあるかと尋ねたところ、赤白ワインにオレンジジュース等があるくらいで、あまり種類は多くない模様。

赤ワインはメルローとシラーズがあるとの事で、シラーズをオーダーしたのですが、これがちょっと失敗でした!

赤ワイン/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

COTES DU RHONE(コート・デュ・ローヌ)というこの銘柄。はじめにガツンと来る味の強いワインですが、味に深みは無くすごく浅はか。やや渋みが強めで、沢山飲むと頭痛くなるタイプのワインです。

それもそのハズ、後で調べてみたらネット通販各社でも1,000円~1,500円程度で買えてしまうほどの超格安ワインでした!ファーストクラスラウンジとは思えない、かなりハズレの赤ワイン。

品格のある味、上質なサービス!

赤ワインは残念でしたが、シャンパンを初め上質な料理の数々。こんなもの、欧州のレストランで食べたら7~8千円はくだらないでしょう。メニューの数も豊富でサービスも良し!とても満足の行くランチとなりました!

レストラン/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

高級そうなテイストのレストランですが、他の客を見ているとPCを操作しながら食べている人がいたりして、それほど肩肘張る必要は無い模様。まぁそこは空港ラウンジですから、利用者も様々ですね。

絵画/ゴールデンラウンジファーストのダイニング

あぁお腹いっぱい!ここへ入ってからデザートを食べ終えるまで、実に1時間以上も要してしまいました!まぁフルコースを堪能するにはこれくらいの時間は必要ですが、利用する場合はくれぐれも飛行機に乗り遅れる様な事の無い様に!

以上、ゴールデンラウンジ・ファーストの上質なダイニングレストランのレポートでした!ラウンジエリアの様子も併せてご覧下さい→KL国際空港ゴールデンラウンジ/ファーストクラスの世界とは?

その他の空港ラウンジについては「世界の空港ラウンジ 一覧」をご覧下さい。