シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?アクセスと展示を比較

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

「ナイトサファリ」「シー・アクアリウム」「ジュロン・バードパーク」等、シンガポールには生き物のテーマパークが数多くありますよね。他にもノーマルな動物園「Singapore Zoo」も存在するのですが、当初これはナイトサファリと同一の施設だと思っていました。

実際には入場するエリアも展示方法も全く異なる別の施設なのですが、特に始めて訪れる人にとっては混乱しますよね。今回はこの2つの施設を写真で比較していきたいと思います。

アクセスは一緒!

シンガポール動物園、ならびにナイトサファリの場所はシンガポール北部、Upper Seletar Reservoirという池の畔にあります。

市街地から離れている上、鉄道の駅が近くに無い為、アクセスはバスかタクシーとなります。少し前このエリアに「リバー・サファリ」という新たな施設がオープンした様ですね。

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

バスでのアクセスは、MRTのAng Mo Kio(アン・モ・キオ)駅から出ている138番のバスで向かうのですが、何故かこの日は17時で終了したとの貼り紙があって乗れず…。仕方なくタクシーで向かう事にしました(約25ドル)。

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

しかしナイトサファリからの帰りは問題なく138番のバスが出ていたので、勘違いか…?Ang Mo Kio駅のバス乗り場は結構分かり難いので、注意が必要です。

冒険心をくすぐるナイトサファリ

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

それでは先ずナイトサファリから見て行きましょう!ここは40ヘクタールもの敷地に、およそ2500頭もの動物が展示されていて、夜の生態を観察できる様になっています。開園時間は19:15~24:00(最終入場は23:15)。

徒歩ルートの他、所用45分のトラムに乗って観察できるコースも用意されているのが特徴。日本語で解説されるトラムもある点は凄いです!

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

館内の案内板にも日本語が併記されているので、何も心配はありませんね。シンガポールが海外旅行初心者におススメな所以はここにあります。

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

展示の解説文にも日本語併記。展示されている動物は、ハイエナの様に夜行性のものが主となっています。

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

おぉ、居ました!ナイトサファリは展示方法も凝っていて、まるでジャングルに迷い込んだかの様な気分にさせてくれます。

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

また肉食動物でも金網などが少なく、臨場感溢れる観察が可能です。この時はトラと目が合ってしまった…!

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

シマウマも居ます。尚、フラッシュ撮影が厳禁なのは言うまでもありませんが、光量がかなり少なく写真撮影には結構苦労しました!三脚を立てるのもNGですから、高感度撮影は必須です。

シンガポール動物園とナイトサファリの違いは?

総じて感想を言うと、夜のディズニーランドに来ている様な感覚です。冒険心がくすぐられてテンションが上がります!ナイトサファリはシンガポールの中で一番のおススメスポットかもしれません。

次のページでは、シンガポール動物園をご紹介します!


カテゴリー

その他おススメの記事