ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシート観賞記!スタンダードシートとの違いを詳しくレポート

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシート観賞記!

シンガポールのセントーサ島で行われるWings Of Time観賞記、昨日のチケット編に続き、今回は観賞レポートをお送りします。

今回観賞するのは、格上の席「Premium Seat」。その眺望やシート、またスタンダードとの違いを詳しく見ていきたいと思います。尚、チケットの購入、およびプレミアムシート特典については昨日の記事をご覧下さい→プレミアムシートのGiftは何が貰える?Wings Of Timeチケットの買い方

入場は3番「プレミアムゲート」から

ギフトの交換も済み、いよいよゲートからWings Of Timeの会場へと入場します。入口はStandard SeatとPremium Seatとで異なり、それぞれ専用の入口が設けられています。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートのゲート

Premium Seatのゲートは、セントーサエクスプレスのBeach Stationからロータリーの階段を下りるとすぐに見えてきます。駅からの導線も短くて済み、この点は空港の上級会員専用プライオリティゲートと似ていますね。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートの3番ゲート入口

3番PREMIUM GATE。ここでチケットチェックが行われています。既に開場していた為か、ゲート前には誰も並んでいませんでした。ここに居るチケットもぎりの人はノリが良く、親切丁寧で良い対応です。

プレミアムシートの座席

中へ入ると係員がいて、プレミアムシートの席に案内されます。意外な事に、プレミアムシートの観客はまだ殆ど来ていないとの事。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートの座席

会場は横に広がる形、ややカーブを描いた扇形をしています。繁忙期には、端の方まで人で埋まる事が予想されます。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートの範囲

プレミアムに割り当てられた範囲は、会場中央付近の客席後方にあるオレンジのシート。まだ殆ど誰も来ておらず席は選びたい放題でしたが、入口付近の後ろ3列に座る様に言われました。それ以外の通路には“RESERVED”の立札があって、立ち入れません。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートは後ろの方が見え易い

この会場では、後ろへ行けば行くほど舞台が見えやすくなるのだとか。その助言に従って一番後ろの列に座りましたが、確かに舞台に設置されたパネルがちょうど真正面に来る高さで、舞台全体を見通せます。前のほうに座ると、パネルを見上げる形になって首が疲れてくると思います。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートのプラスチックの椅子

シートは東京ドームと同じ様なプラスチックの安っぽい素材ですが、背もたれ付きです。足を広げて座れない様にする為か、座面が足型に少し窪んでいます。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートの座り心地

座り心地はイマイチ…。しかも私が座ったシートは、座面の一部がひび割れていましたが、そのお陰で背もたれが倒れて“プチリクライニング”です(笑)。

スタンダードシートとの大きな差

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートの客席

ところで、私が座る席の周りには殆ど誰もいませんでしたが、前方の客席は既に大量の人で埋まっていました。彼らが座っている所がスタンダードシートなのですが、皆少しでも良い席に座ろうと、かなり早くから並んで来ている様です。

まだ殆ど誰も来ていないプレミアムシートとは大違い!この余裕こそ、最大の特典なのかもしれませんね。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートに遅れて来た人

また、少し遅れて来た人が間違えて少しでも後ろの方の席に座ろうとすると、すぐさま係員が駆け寄って来て注意されていました。閑散期のためか、この日は会場の両端の方の席が開放されておらず、その為スタンダードシートは人数の割りにエリアが狭くなっているので、かなりギュウギュウ詰め。

ウィングス・オブ・タイム‐プレミアムシートに後から座る

比べてプレミアムシートの方は、開演5分前になっても人がまばらです。この後ショーが始まってから遅れて来る人が相次ぎましたが、結局最終的に半分も埋まらない感じでした。スタンダードとの料金の差はたったの数ドルですから、これはかなりお得かも。

続きは、次のページへ!迫力のあるショーの全貌と、プレミアシート・スタンダードシートの違い等を詳しく見ていきます。


カテゴリー

その他おススメの記事