“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

再来月になりますが、シンガポールへの渡航を予定しています。この国に行くのは自身2度目、目的はシンガポールのオーケストラを聴きに行く事ですが、その他にも以前には無かった「リバーサファリ」や、時間が無くて乗れなかった「ナイトサファリ」のトラムなど、様々なレジャー施設にも訪れるつもりです。

そんなシンガポールにあるマーライオン像。とりわけマーライオンパークにある同像はシンガポール観光の目玉の一つとして名高いですが、その一方で行って見たらつまらなかった“世界三大ガッカリ”スポットの一つともされていますよね。そんなマーライオンパークが本当にガッカリスポットなのか、以前訪れた時の写真を元に振り返ってみたいと思います。

シンガポール行き航空券は安い!

シンガポールへの飛行機は、JALやANAをはじめ多くの航空会社が飛ばしていて競合が激しい為、運賃は他の東南アジア諸国行きに比べて割安な場合が多いです。JALを比較しても、シンガポールよりも距離の短いクアラルンプールやバンコクよりも安いですし、外資系航空会社のキャンペーン価格で3万円台で飛べてしまう場合もあります。

タイプF購入45000円

私が今度渡航するJALのチケットは、以前【JALシンガポール行きが大幅値上げ!燃油サーチャージ無料の恩恵が無くなる】の記事でお伝えした様に昨年サーチャージが無料になるタイミングで値上げされる直前に手に入れたもので、ダイナミックセイバーのタイプFでコミコミ45,000円です。現在では6千円値上げされていますし、来月からは燃油サーチャージ復活で更に3千円値上げされますから、なかなかお得に取れたと思います。

マレーシア航空

でも“安さ”が際立つのはマレーシア航空ですよね!今ならキャンペーン価格で29,000円(諸税込みで35,000円ほど)で行く事が出来ます。JALへのマイル積算は対象外ですが、JGC会員なら空港ラウンジも利用できるので問題なし。

予約期間は2/3までとなっていますが、これまで毎年4月になると大幅なキャンペーン価格が出ていましたので、今年もそれまで待つのも手?

観光の中心地「マリーナ・ベイ」へ

さて、本題のマーライオンパークは、シンガポールの「マリーナ・ベイ」エリア。言わずと知れたシンガポール観光の中心地ですよね。このベイエリアは近年目まぐるしく開発が行われて来たので、現在では私が訪れた時と比べて若干景色が変わってしまっているかもしれません。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

このエリアの象徴は、何と言ってもマリーナ・ベイサンズ。今では大分見慣れてしまいましたが、これが出来た時は衝撃的でした!ここに登って夜景を見ましたが、その模様はまたの機会に。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

尚、マーライオンパークとマリーナ・ベイサンズは水上タクシーでも結ばれており、所用10分で行く事が出来ます。徒歩でも15分程なのであまり変わりませんが、観光がてらいつもと違う景色が見られる点はおススメです。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

因みにマリーナ・ベイサンズの隣にあるこの斬新な建物は「サートサイエンス・ミュージアム」です。HPを見ると色々な企画展もやっている様なので、大人でも楽しめそう?今度行く時は訪れてみようと思います。

桟橋から見るマーライオン

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

マーライオンパークへやって着ました。ここは桟橋になっていて、マーライオン像を前方から見られる様になっています(この光景は4年前のもの。現在ではエスプラネード方面へ繋がる歩道橋が出来ています→観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる)。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

像の高さは約8m、寄って見てみると結構デカイです。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

建造は1972年だそうで、それにしては綺麗に保たれていますよね。白い肌なだけに手入れが大変そうです。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

桟橋の先端へ行って、高層ビル群を背景に写真を撮ってみました。まぁこれが一番ベタな構図なのかな?夜景になるとビルに灯りが灯って更に栄えるかもしれません。

余談ですが、私はこういう所へ行くと必ずと言って良いほど「写真を撮って下さい」とお願いされます。この時はたった5分程度の滞在にも関わらず日本人を含む2グループに声をかけられました…。もちろん快諾しましたが、私は良い意味でも悪い意味でも声を掛け易く、扱い易い人間に見えるのかもしれません・・・。

本当に“ガッカリ”なエリアか?

こうして見て見ると、確かにマーライオンだけでは魅力不足ですが、高層ビル群やマリーナベイサンズ全体のエリアの中の一つとして捉えると、それほどガッカリという事は感じませんでした。整備された風景美に加え、広々と開放感があってテンションの上がるエリアだと思います。

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

でもシンガポールには他にもマーライオン像があって、セントーサ島には37mもの巨大な物もありますから、そう考えるとわざわざこのParkを目当てに足を運ぶ意義は、あまり無いのかもしれませんね。特にリピーターは立ち寄らなくなるのではないでしょうか?

“世界三大ガッカリ”の真相は?シンガポールのマーライオンを見に行く

治安が良く飛行機も安い(ホテルは高め…)、空港には日本語表記も見られるくらいですから、シンガポールは海外初心者にもおススメの国だと思います。私も再来月訪れる事を楽しみにしています!

【シンガポール】関連記事:


カテゴリー

その他おススメの記事