観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

シンガポール観光の象徴ともなっているマーライオン像。先日シンガポールへ渡航した際にも立ち寄ってみましたが、とにかく人の凄い事!私が前回訪れた時よりも格段に人が増えていると感じた他、エスプラネードから続く「歩道橋」が増設されていました。

今回は、そんな観光客でカオスとなっていたマーライオンパークの様子と、歩道橋が増設される前の4年前に撮った写真と見比べてみたいと思います。

マーライオン像を定番のショットでパチリ

今回のシンガポール滞在中、天候は晴天と曇天が半々でした。しかし晴天の日でも昼頃になると徐々に雲が増え始め、午後3時頃には決まって1時間ほどスコールがやって来るので、街歩きは午前中が基本!

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

この日、マーライオンパークへ向かったのは午前10時半ごろ。日曜日だった事もあって街は閑散、高層ビル街を歩いても、観光客以外だれも居ない様な感じです。

一応、今更ではありますがマーライオンパークの位置はココ。高層ビル群のあるRaffles PlaceとCity Hallの中間くらいにある所で、湾の向こう側にはマリーナ・ベイ・サンズを臨みます。

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

マーライオン像とそのバックに広がる高層ビル群の構図は、確かに見ごたえありますよね。像の周りは階段になっているので腰掛けるのも便利、しかし夜は海に落ちてしまわないよう注意が必要です。

とにかくすっごい人人人… 

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

マーライオンパークには桟橋が設けられていて、マーライオンを斜め前から見られる様になっているのですが、そこに居るのは勿論観光客のみ。しかも異様に日本人率が高く、中国語以上に日本語がそこかしこから聞こえてきます。

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

前回来た時も確かに人は多かったのですが、この日は特に混雑を極めていました。とにかくすっごい人の数!写真一枚撮るにも一苦労です~

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

もはやカオス…。この桟橋もそろそろ拡張工事が必要になるかもしれませんね。

2015年に新設されたJubilee Bridge

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

ところで、このマーライオンパークからエスプラネードのある所まで延びる、やや湾曲した歩道橋ですが、私が以前訪れた時はありませんでした。調べてみると、2015年にシンガポール独立50周年を記念して設けられたものだそう。

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

橋の名前はJubilee Bridge。以前はすぐ横の幹線道路の歩道まで階段を使って上がらなければなりませんでしたが、これによって車椅子やベビーカーでも手軽に移動できる様になった訳ですね。両端の移動距離も、この方がずっと短いので楽で良いです。

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

橋の途中には、幹線道路と行き来できる通路も設けられていました。自転車も通って良いのかな…?

4年前の写真と見比べる

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

私が4年前に訪れた際に、このマーライオンパークからエスプラネードまで繋がる幹線道路に立って、マーライオンパークとRaffles Placeの超高層ビル群を臨む構図の写真を撮っていました。写真の左端を見ると、現在はあるJubilee Bridgeがまだ無い事が分かりますね。

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

良い機会だったので、今回同じ構図の写真を撮ってみました!4年前と同じ3月なので、ツツジ(?)の花が綺麗に咲いているのは同じですが、Jubilee Bridgeが建設された他、奥の超高層ビルも一つ増えているのが分かります。

でも変化はそれくらいかな?4年も経つ割に高層ビルの増設が一つ(しかも現在建設中?)というのはちょっと寂しいですね…。

観光客でカオスのマーライオンパークへ!4年前の写真と見比べる

という訳で、4年ぶりに訪れたマーライオンパーク。観光客が順調に増えている様子がよく分かりました。これが観光立国“日本”の明日の姿かと思うと…、ちょっと考えさせられますね。

関連記事

カテゴリー

【その他おススメの記事】