ヘルシンキ「自然史博物館」は福井の恐竜博物館と比べてどうか?

a68d45d1-s

引き続き、トランジットで訪れたフィンランド・ヘルシンキから、「自然史博物館」の話題です。

ここはヘルシンキ大学が所有する博物館の一つだそうで、動物や恐竜の剥製、標本を揃えているのだとか。世界の自然史博物館について各口コミなどを見ていると、パリやニューヨークのそれはとても充実していて良かった、との書き込みも見受けられますが、ヘルシンキはどうなんでしょうか?

福井恐竜博物館

私は以前、福井県にある恐竜博物館へ訪れた事があるのですが、恐竜の数自体は充実しているものの、イマイチ迫力に欠けると言うか、質感も安っぽくて失望した記憶があります。だからこそ、ヘルシンキこそは!と、期待を胸に訪れた次第です。

中央駅近くの自然史博物館

ヘルシンキにあるミュージアムは、大方ヘルシンキ中央駅付近に集結していて、ハシゴするにも徒歩で十分行けてしまいますね。自然史博物館では、無料のロッカーに荷物を預けてから見学します。

ヘルシンキ自然史博物館 (2)

入ってすぐ、像がお出迎え!

ヘルシンキ自然史博物館 (3)

こんな間近で剥製を見る事ができる所は、なかなか無いのではないでしょうか。一応“接触禁止”のステッカーが貼られていますが、地元の子供たちが像の鼻をなでていました…

ヘルシンキ自然史博物館 (4)

総じて福井の恐竜博物館に比べると、展示品の数としては少ないものの、展示の質としてはレベルが高いと感じました。展示方法が良いのか、臨場感があります。

ヘルシンキ自然史博物館 (12)

館内で最も広い所は、翼竜や海獣も集まっています。家族連れで賑わっていました。

ヘルシンキ自然史博物館 (7)

恐竜の骨なんか、今にも動き出しそうです。

ヘルシンキ自然史博物館 (10)ヘルシンキ自然史博物館 (11)

展示品は恐竜だけではなく、一応“自然史”として哺乳類反映までの歴史が綴られていました。

ヘルシンキ自然史博物館 (8)ヘルシンキ自然史博物館 (9)

入場料は€10。このボリュームで¥1,400とは少し高い気もしますが、北欧の物価を考えると妥当かもしれません。

ヘルシンキ自然史博物館 (1)

ところで、博物館の出口でベビーカーの母子にドアを押さえてあげたら「キートス」と言われました。フィンランド語の「ありがとう」らしいですが、「トス」の部分を上げて発音するんですね、初めて知りました。

それにしても、この親子だけではなく館内スタッフや道行く人も、ヘルシンキには笑顔の人ばかりです。どこへ行っても皆ニコニコしています。こんな所にも、生活水準の高さというものが表れてくるんですね。

ヘルシンキ

ヘルシンキの自然史博物館は、流石にもう一度行きたいとは思いませんでしたが、それなりに満足のいく内容であったと思います。今回ヘルシンキには1泊のみの滞在でしたが、次の機会にも、色々な魅力を探してみたいと思います。

【フィンランド】関連記事

カテゴリー

【その他おススメの記事】