ロンドンで「ライオンキング」を鑑賞!子供連れでも安心のLYCEUM THEATRE

46dcd4bd-s

今回ご紹介するのは、ロンドンで鑑賞したミュージカル「ライオンキング」です。

日本では劇団四季の公演でお馴染みですが、ミュージカルの本場とも言われるイギリス・ロンドンで見るライオンキング、その演劇の内容やシアターの内装などチェックしていきたいと思います。

LYCEUM THEATREでのロングラン公演

ロンドンでライオンキングが観られるのは、ウエスト・エンド地区にある「ライシアム・シアター」。この辺りは文化施設や演劇場などが集う地域で、ニューヨークのブロードウェイとも比較されるのだとか。

以前ご紹介したRoyalOpera Houseもすぐ近くです。この辺りは人が多い割りに道が狭く、人と車でごった返していました。再開発でもして道を広げれば良いのに、と思うのですが、歴史的な建物が多いから難しいのかもしれません。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (3)

ライシアム・シアターには1765年から始まる長い歴史があるそうですが、現在の建物は1996年に増改築されたもので、新めの外観です。ライオンキングの上演は1999年からという事ですから、実に17年のロングラン公演ですね。

チケットをBox Officeで引き換え

今回の公演チケットは、LONDON THEATRE DIRECT.のライオンキングのページから購入しました。

ライオンキングオーダー

操作は簡単で、座席も細かく指定できます。発券はeチケットではなく、ボックスオフィスでの引き換えとなりました。決済時に控えたorder numberを持って、開演時刻の30分前までにボックスオフィスへ行きます。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (4)

ボックスオフィスの場所は、正面入口を見て右側。このシステムを知らずに、間違ってorder numberの書かれた紙を入口のチケットチェックに見せて、向こうへ回る様に促されている人を何人も見かけました。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (6)

そして驚いたのが、このボックスオフィスへ入る事が出来るのは、チケット引き換え証を持っている本人のみ。その連れの人間ですら立ち入る事を許されていない様で、入口に立つガードマンが厳しくチェックをしていました。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (5)

チケット引き換えだけに、なにもそんな厳しいチェックなんか必要無いのでは、と思うのですが…。当日券を買いたい人はどうするのだろう、と疑問に思います。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (8)

無事にチケットをゲット!これを持って、いよいよライシアムシアターへ潜入します。

少し手狭なロビー

これまでにご紹介したRoyal Festival HallBarbican Hallでは、チケットチェックは座席のある講堂へ入る直前までありませんでしたが、ライシアムシアターでは早くも建物入口でチケットチェックが行われていました。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (7)

そう言えばRoyal Opera Houseでは入口付近でチェックが行われていたので、“演劇系”の公演とオーケストラのコンサートでは一線を画しているのかもしれません。確かに、今回のチケットは下から2番目のカテゴリーにも関わらず£72.5もしましたから、手軽に行けるオーケストラとは違うのでしょうね。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (11)

中へ入ると、赤絨毯が敷き詰められたロビーがあって、その先はすぐ客席への扉がありました。オペラハウスの様な広大な社交場は無く、通路を少し広げた程度のもので、物販とBarカウンターがあるのみ。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (10)

ここでも軽食と飲み物が販売されていました。その隣には使い捨てのコップと水が置いてあったので、ここでも水に限っては無料で飲めるのだと思います。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (12)

物販コーナーにはライオンキングのグッズに加えて、プログラムが販売されていました。

ロンドンでライオンキング鑑賞 (1)

このプログラムは£5。もうひとつ写真付きの大きな冊子が£10で売られていましたが、持ち帰りに不便なので買いません…。キャストからオーケストラメンバーに至るまで、挟み込みではなくきちんと印刷されています。キャストのプロフィールはモノクロながら写真付き、メインだけではなくエキストラキャストにも入っています。

続きは、次のページへ!客席と観賞のレポート!


カテゴリー

その他おススメの記事