ロンドンのRoyal Festival Hallでコンサート!ロイヤル・フィルハーモニーwithシャルル・デュトワの演奏を聴く

6a9bf55a-s

先日のロンドン旅行の主な目的は“コンサート巡り”です。この日はサウスバンクセンターにある「ロイヤルフェスティバルホール」で、ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴いてきました。

ロンドンには、他にも似た名前の「ロイヤルアルバートホール」というのがあるのですが、全く違うので間違えない様にしないといけませんね。因みに“アルバートホール”は、毎年夏にあの有名な「BBCプロムス」が開催される会場で、8,000人ものキャパを誇るマンモスホールです。いつかは聴きに行ってみたいと思うのですが、近年はクラシック音楽に特化したものでは無くなっている様です…。

Waterloo 駅から向かうアクセス

サウスバンクセンターは“ビッグベン”のある「ウエストミンスター」から程近い所にありますが、テムズ川を越えた先にあります。今回は“最寄”と思われるWaterloo駅から向かう事にしました。

ロイヤルフェスティバルホール (1)

地下鉄Bakerloo線で向かいます。古くて狭い車両ですが、Waterloo駅にはホームドアーが付いていたのでビックリ!しかしBakerloo線は、このロンドン滞在中、空港発着のターミナルとなるPaddington駅を通過してしまうので、非常に不便でした。

ロイヤルフェスティバルホール (2)

駅に降りると凄い混雑!平日夕方のラッシュなので仕方ありません。Waterloo駅は、ロンドン南部へ向かう列車のターミナルにもなっているので、この辺りは池袋と変わらない光景ですね。

ロイヤルフェスティバルホール (3)

“エキナカ”もロンドンにしては充実していました。

ロイヤルフェスティバルホール (4)

駅前はロンドンっぽくないですね。赤いバスが唯一の証?

Embankment駅からの方が近かった…

ロイヤルフェスティバルホール (5)

尚、このWaterloo駅からのアクセスはある意味失敗でした。というのも、ホールまでの距離はそれ程でもないのですが、その道中は幹線道路を渡る横断歩道ばかり。信号待ちで時間がかかる上、人の混雑もあってスムーズに歩けません。テムズ川を渡ったEmbankment駅からのアクセスの方がスムーズだと、後から知りました。

ロイヤルフェスティバルホール (6)

やっと到着!ホール外観は特別着飾った装飾などは無く、シックな印象です。

ロイヤルフェスティバルホール (7)

このサウスバンクセンターは、建物全体が大きな施設になっていて、小さなショップが沢山入っていました。コンサート鑑賞目的以外にも多くの人が来ている様です。

コンサートホールとは思えない内装

ロイヤルフェスティバルホール (9)

中へ入ると、そこはBarカウンターを備えたカフェ?の様な感じ。我々が知る一般的なコンサートホールのエントランスとはかなり違っています…。

ロイヤルフェスティバルホール (12)

それでも奥へ行くに従ってホール感が増して来ます。どうやら公共の場とコンサートホールとの明確な線引きをしていない模様。

ロイヤルフェスティバルホール (8)

その一角にあるカウンターでは、公演プログラムの他ペットボトル水やチョコレートを販売していました。

ロイヤルフェスティバルホール (11)

プログラムは£3.5。本日の演目や出演者のリストが別紙で挟み込まれたものではなく、全てきちんと冊子に収録されていました。

ロイヤルフェスティバルホール (14)

本日のメイン・プログラムはメンデルスゾーンのVn.協奏曲ホ短調。“世界三大Vn.協奏曲”の一つとしても名高い名曲で、私も3楽章をピアノソロに編曲するほど思い入れのある作品です。これをフランスの名指揮者Charles Dutoit氏が振るという事で、私は何ヶ月も前から目星を付けていました。

次のページでは、客席・社交場・ロイヤルフィルの演奏をレポートします!


カテゴリー

その他おススメの記事