報道ステーションOPテーマStarting Fiveのピアノソロ楽譜配信を開始しました!

0c20b30e-s

2016年4月より放送開始となった、テレビ朝日「報道ステーション」の新オープニングテーマ曲≪Starting Five≫をピアノソロへ編曲、楽譜のDL配信を開始致しました。

前作の≪I am≫をはじめ、ニュースステーション時代から毎回Jazzのカッコイイ作品が続いていて、今回も楽しみにしていました。

5名編成のバンドによる演奏をピアノソロへ編曲するにあたっては、原曲のリズムを崩さずにベースラインとピアノのバッキングをどの様に入れ込むかが大きな課題でした。指は10本しかありませんから、全てのパートの音をそのまま音符にするのは不可能ですが、重要な音をピックアップの上ドラムスのリズムに載せる事で、自然なビートの流れを崩す事なくベース・和声・旋律を弾く事が出来るよう工夫しています。

Starting Five piano

今回の楽譜は、TV ASAHI公式YouTubeチャンネルにおける当曲プロモーション映像の中の演奏と同じ、およそ1分30秒の長さになっていますので、世間の「ちょっと何か弾いてよ」需要に適していると思います。是非ともチャレンジして頂ければと思います。

楽譜のダウンロードはコチラ

※編曲楽譜のDL配信に先立ち、テレビ朝日ミュージック様より承諾を頂いております。

  • 作曲:黒田卓也/中村恭士/小川慶太/大林武司/馬場智章
  • 編曲:ShinYah
  • (C) 2016 by TV ASAHI MUSIC CO., LTD.

演奏のポイント

この作品はクラシック音楽ではないので、細かなニュアンスに神経を尖らせ過ぎず、Jazzらしく即興性のある演奏を心がける事がポイントです。

記事3

それを見越して、特に16小節目から32小節目に当たるピアノのインプロヴィゼーションの部分の旋律には、アーティキュレーションの指示を極力書かない様にしました。

この部分はあまりレガートに弾かず“ドライ”な音で演奏するのがコツです。公式動画の大林氏の演奏をよく聴いて頂くと良いと思います。

記事2

また楽譜上では、オクターブを越える和音が度々出てきます。一度に押さえる事が難しい場合は、一番下の音を取って頂くと弾き易くなると思います。流れが崩れてしまうので、アルペッジョで弾く事は避けた方が良いかもしれません。

記事1

全体を通してよい演奏の為には、左手の安定が重要なポイントだと考えています。その上で、右手の旋律が比較的自由なニュアンスで弾く事が出来れば、より原曲の演奏に近づけるのではないかと思います。

是非とも挑戦して頂ければ幸いです。

カテゴリー

【その他おススメの記事】