ロンドン・ロイヤルオペラハウスの美しい社交場に潜入!Barのメニューもチェック!

b2d57a75-s

前回の記事より、ロンドンにあるロイヤルオペラハウスでバレエ≪The Winter’s Tale≫を鑑賞しています。幕間の休憩時間に入ったので、ホワイエを巡ってみたいと思います。

日本でクラシックコンサートへ行くと、大半の人が休憩時間を客席で過ごしていますが、西洋では殆どの人が社交場に出向いて、客席はガラガラになってしまうのが凄いです。 演奏会で演目を楽しむというより、それを“立前”にして知人と交流をするというのが本来の目的なんでしょうね。

紳士淑女の社交場「PAUL HAMLYN HALL」

ロイヤルオペラハウス (56)

休憩時間開始後、大衆の流れに従って辿り着いたのが「PAUL HAMLYN HALL」という所。

ロイヤルオペラハウス (49)

吹き抜けの天井に大きな空間が広がっていました。どうやらここはオペラハウスの内部ではなく、隣に併設された建物の様です。

ロイヤルオペラハウス (34)

それにしても凄い人の数!時刻は既に20:30でしたが、夏至前の為まだ明るいです。

本格的な食事をする人達

ロイヤルオペラハウス (39)

会場の中心にBarカウンター、その周りに人がいて交流しているのですが、よく見ると皆テーブルに着席しています。

ロイヤルオペラハウス (32)

テーブルにはボトルワインにグラス、そして料理…!? ちょっと調べてみると、事前に予約をすればここで食事をする事が出来る様です。公演を見ない人でも入れるのかな?

ロイヤルオペラハウス (35)

それにしても皆マジで食事しています。もはや幕間の休憩とかのレベルではなく、ボトルワインを何本も開けて、何品もの料理がテーブルに並んでいました。もしかしたら、バレエを見ずに食事をしている人も多数いるのかもしれませんね。確かに今回の公演チケットの価格を見ると最低£6から入場出来ますから、なにも悪い席にへばり付いている必要は無いでしょう。

客層は白人しか見かけませんね。ロンドンの街中では多くの黒人やアジア系の人を見かけましたが、やはりこういう所は階級社会。それを如実に表しています。

Barのメニューを見てみる

ロイヤルオペラハウス (50)

会場中央のBarカウンターを見てみると、やはりミールは“おつまみ”程度しかありませんね。周囲のテーブルで出されている料理は別途注文する必要がある様です。

ロイヤルオペラハウス (42)

ドリンクのメニュー表を見てみましょう。グラスワインは日本円で1,000円前後から、シャンパンはその2倍以上します。ボトルシャンパンはドンペリニョン2004が£200、ANAファーストクラスでも出されているクリュッグ・グランド・キュヴェは£350と相場の倍近い価格です。サンドイッチやチーズのプレートは£10前後でした。

ロイヤルオペラハウス (44)

私が頂いたのはRoyal Opera Houseという名の白ワイン。味はまぁまぁ…日本で3,000円ほどで買える白ワインくらいのレベルでしょうか。尚、空いたグラスの置き場ですが、開演近くになって人々が一斉に客席に戻る頃には各カウンターに沢山置かれていたので、基本的にはカウンターの人に渡せば良いのだと思います。

CRUSH ROOM

ロイヤルオペラハウス (52)

時間になったので客席に戻ります。講堂(AUDITORIUM)のエリアに入ると途端に世界が変わりますね。

ロイヤルオペラハウス (53)

その道中にこんな所を見つけました。“CRUSH ROOM”と書いてあって、ここでも中で人が食事しています。

ロイヤルオペラハウス (54)

こんな所にもレストランがあるんですね。「The Winter’s Tale」の記載があるので、いつも同じメニューでは無さそう。3コースで£50くらいでしょうか。ここにいる人達もバレエを見る気は無いのかもしれません。

次のページでは、夜のステキな社交場をご紹介します!


カテゴリー

その他おススメの記事