カタルーニャ音楽堂の小ホール「Petit Palau」でコンサート!

petit-palau (3)

前回まで2回に渡ってお伝えした、スペイン・バルセロナにあるカタルーニャ音楽堂ですが、この施設の中には近年になって新たに造られたホールが幾つかある事をご存知ですか?

今回は、この中にある「Petit Palau」という小ホールでコンサートを観賞!どの様なホールなのか、レポートしたいと思います。


カタルーニャ音楽堂の小ホール

カタルーニャ音楽堂の施設の中には、モデルニスモ建築の美しいコンサートホールの他にも幾つかホールがあって、そのうちの一つがPetit Palau(プチ・パラオ)。

petit-palau

こちらは室内楽などの為の小ホールで、2004年に出来た新しいホールです。HPによると、座席アレンジによってフラットな多目的ホールにする事も可能だそうで、オケのリハーサル等でも使えそうですね。

petit-palau2

今回こちらのホールで行われた公演は、世界的に有名な指揮者サイモン・ラトル氏率いるアンサンブルと、合唱団とのコラボ公演。前回の記事でお伝えしたコンサートホール(大ホール)での公演に先立って行われたプチコンサートです。

チケット購入時にはMain Hall(Concert Hall)と記載されていたのに、当日になっていきなり今回のPetit Palauへと変更になってしまいました!本公演前に美しい大ホールへ入れると思って期待していたのに…、ちょっと残念!

Petit Palauのエントランス

Palau-de-La-Musica/カフェ入口

Petit Palauはカタルーニャ音楽堂の地下にありますが、会場へ行くには建物の西側にある広場の方から入って行きます。音楽堂の正面エントランスは、コンサートホールの開場時刻近くにならないと入れません。

petit-palau/への行き方

Palau-de-La-Musica/小ホール入口

建物に入って右の奥の方へ進むと地下へ降りる階段があって、その手前でチケットチェック。表から直接入って来られないので、私以外にも迷っている人が沢山見受けられました。

多目的ホール仕様の客席

Palau-de-La-Musica/小ホール客席

Petit Palauの客席ですが、2004年に造られたとあってモダンなデザインです。側面は片方が石の壁でもう片方が反響板になっている等、音響を考えた配置が見て取れますが、見た感じクラシック専門のホールではなさそうですね。

Palau-de-La-Musica/小ホール客席

客席の中央から後方にかけては、この様に急な階段になっているので、どの席でも眺望は比較的良さそうです。

Palau-de-La-Musica/小ホールの座席

座席は、多目的ホールにありがちな簡易式のもので、取り外しも可能な仕様になっています。でもシートピッチは十分ですし、簡易式にしてはちゃんとした椅子です。

25分のショートプログラム

Palau-de-La-Musica/小ホールプログラム

今回の公演プログラムはコチラ。合計5曲、演奏時間25分の超ショートコンサートでした!サイモン・ラトル指揮という事で期待していましたが、演奏はかなり残念なものでガッカリ…。

Palau-de-La-Musica/小ホールの公園

編成は、金管アンサンブル(Tp3、Tb3、Tuba1)とオルガン、ティンパニ、それに合唱団が80名くらい居て、音量自体はとても大きくて迫力があります。ただ、演奏は完全な学生オケレベル…。

€28という安いチケットなので仕方ないかもしれませんが、もうちょっと人を選んで欲しいなぁと…。

Palau-de-La-Musica/小ホール前ロビー

演奏は残念でしたが、カタルーニャ音楽堂にはこんなコンサートホールもあったのかという事が知れて良かったです。世界遺産にもなっているカタルーニャ音楽堂の歴史的建築の中に、こんな現代的なホールがあるなんてビックリ!

以上、カタルーニャ音楽堂の小ホールPetit Palauでの観賞レポートでした!本家、美しいコンサートホールでの観賞記録はコチラ→「カタルーニャ音楽堂」鑑賞レポ!美しい講堂と客席の眺望を詳しく!