シドニーオペラハウス鑑賞記!座席や服装なども詳しくレポート!

シドニーオペラハウス鑑賞記!座席や服装なども詳しくレポート!

オーストラリア・シドニー旅行のメインイベント!先日、5月19日、20日にシドニーオペラハウスで行われたオーケストラコンサートの鑑賞レポートをお伝えします。今回の目玉は、なんと言っても辻井伸行さんのピアノ協奏曲!2009年にヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井さんソリストによるショパン・ピアノ協奏曲第2番が演奏されました。

彼の実力は言わずもがな、その優れたパフォーマンスとそれに湧く聴衆の様子などに加え、客席やホワイエの様子について等、詳しくレポートしていきたいと思います。

場所とアクセス

言わずもがな、シドニー・オペラハウスは世界文化遺産にも登録されているシドニーの象徴的な建物です。この辺りはいつ行っても観光客でごった返していました。

地図で見ると、ポコっと張り出した半島の様な場所に建っています。この辺りは電車や路線バスが通っていませんが、観光客向けのオープントップバスならこの近くに停留所がある様です。電車で行く場合は、Circular Quay(サーキュラーキー)駅で降りて港を見ながら歩けば、10分足らずで着くでしょう。

シドニーオペラハウス大階段

コンサートホールへの入口は1階にあります。オペラハウスの前にある大階段を上がらずに真っ直ぐ進んで行けば辿り着きます。

シドニーオペラハウスの高級レストランに行ける階段

ここから入るとBennelong Restaurantという高級レストランにも行ける様になっています。帰る時に間違って迷い込んでしまいました…。

荷物をクロークへ預ける

シドニーオペラハウスのロビー

コンサートホール入口への階段を上がるとロビーがあり、ここにはチケットを扱うBox Officeがあります。シドニー・オペラハウスのコンサートチケット購入と受取方法 の記事でご紹介したシドニーシンフォニーの事務所でチケットの発券を済ませていない場合は、ここで実券への引換えを行います。

シドニーオペラハウスのクローク

同じフロアにはクロークがあり、大きな荷物はここに預けます。ウィーンの様にチップを支払う必要も無いので安心です。

このシドニー・オペラハウスのコンサートホールは、ホール内への荷物の持ち込みについてかなり厳しい様で、私は初めリュックを背負ったまま入ろうとした所、このクロークに預ける様に注意されてしまいました。別に邪魔になる様な大型のリュックではなく、パリのオペラ座などでは普通に背負って客席まで行けたものですが…。

シドニーオペラハウスの入口から入場

荷物を預けたら、Concert Hallと書かれた階段から入場、ここでチケットチェックが行われます。

ホワイエの社交場とBarのメニュー

シドニーオペラハウスのホワイエ

階段を上がるとそこはホワイエ。この時まだ開演時刻の30分前でしたが、すでに多くの人でごったがえしていました。

シドニーオペラハウスの客層は西洋人と東洋人

客層は8割が西洋人、2割が東洋人(日本人含む)と言った所でしょうか。今回の公演は辻井伸行さんが出演する事から、日本人の姿もよく見かけます。

服装については、正装率は比較的高めですが、ウィーンほどではない模様。しかしシンガポールで見られた様なラフな格好の人はおらず、キレイ目な格好が無難かと思われます。

シドニーオペラハウスのBarカウンター

社交場に欠かせないBarカウンター。この後、曲間の休憩時間には大行列が出来ていましたが、この開演前の時間帯は比較的空いているようです。

シドニーオペラハウスBarのメニュー

メニューを見てみると、ここにあるのはドリンクのみで、赤白のグラスワインが$9.5~$14でボトルは$50前後、スパークリングはシャンドンが$11~12、シャンパンはモエ・エ・シャンドンが$22となっていました。どれも大した銘柄じゃないのに、かなり強気の価格設定ですね…。

シドニーオペラハウスで飲み終わったグラス

飲み終わったグラスは、カウンターに置いておけばOK。尚、ホワイエ内にあるカウンターテーブルの数は少なく、また椅子も少ないので、よほど早く来ない限りは立ち飲み必須でしょう。

夜景が臨める展望デッキ

シドニーオペラハウスで夜景が臨めるところ

このホワイエはサーキュラーキーの港に面しているので、窓からはその夜景が臨めるのですが、ホワイエの一角にはそのまま展望デッキに出られる場所がありました。

シドニーオペラハウスから見る夜景とハーバーブリッジ

デッキからは、港の奥に林立する高層ビル群やハーバーブリッジが一望できます!でもオペラ座に入らなくともこの景色は見えるので、別に特別な感動は無いかな…。周りが紳士淑女ばかりなので、ここにフルートグラスのスパークリングワインを持って来れば、雰囲気は楽しめると思います。

次のページでは、巨大なパイプオルガンの大ホールや座席、辻井伸行さんの演奏をレポート!


カテゴリー

その他おススメの記事