大げさな新型コロナウィルス報道は悪!過剰な自粛が人を殺す!

少し威圧的なタイトルで恐縮ですが、昨今の新型コロナウィルスの影響、ほんと深刻ですよね…。音楽・旅行ライターの私にとってもその影響は甚大で、当ブログのアクセス数も閑古鳥…。私の周りの音楽仲間も悲鳴を上げています。

そもそも何故ここまで世界的な問題になっているのでしょうか?コロナウィルスによる被害よりも、過剰な自粛による副次的な影響の方がよっぽど深刻だと私は感じています。


廃業、鬱、自殺者の増加

ご存知の通り、新型コロナウィルスの感染拡大によって世界中で旅行やイベントが自粛されるケースが増えていますが、それによって観光やエンタメ業界を中心に業務縮小、倒産する企業も増えてきているそうです。

これによって懸念されるのは、失業者の増加、また家庭環境の悪化による鬱病の発症、そしてやがては自殺者の増加も懸念されます。行動制限によって自宅待機を強いられる若い世代や子供達へのストレスも深刻ですし、心の病を患う人はますます増加。

新型コロナウィルスによる死者よりも、こういう副次的な影響で疾患を患ったりや命を落とす人の方が余程多いのではないでしょうか?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けたコンサートや舞台の相次ぐ中止で、フリーの音楽家や舞台関係者の生活が脅かされている。クラシック音楽などの公演を手掛けるNPO法人、日本伝統文化交流協会(東京・中野)

また、文化や芸術を職業とする人達は、一度廃業したらもう元には戻れません。私は音楽の専門家なので分かりますが、音楽家や芸術家は発表の場を踏む事によって成長していくものであり、イベントの自粛によってその発表の場が失われれば自ずと自らの技量も低下していきます。

元々、日本において芸術的な分野は多くの人が殆ど食えない様な小さな業界ですし、個人でやっている人間も多いので政府の助成を受ける事も叶わず。特殊な才能を持った人がこういう形で市場撤退を余儀なくされるなんて、ほんと残念でなりません…。

“致死率”と“感染者数”のマジック

米国の研究で“新型コロナウイルスの致死率はインフルエンザの10倍だ”なんて言われている様ですが、果たして本当にそうでしょうか?

これはあくまで公表されている数字から判断したものであり、実際には感染していても症状が殆ど出ない人が多くいる訳で、そういう人達を“感染者数”に加えてその数を分母とすれば、致死率は今よりも大幅に下がるでしょう。

ヨーロッパで新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻なイタリアでは15日、亡くなった人が1日としてはこれまでで最も多い36…

また“感染者数の増加”だけが大々的に報じられていますが、新規に感染した人の数を増やして積み上げるだけで、既に回復した人の数は殆ど報じられない。ここに数字のマジックがあると私は感じています。

WHOがパンデミック宣言をし、ヨーロッパでは新規感染者数がうなぎ上りで増加していますが、インフルエンザやその他の疾患(新型以外のコロナウィルス等)が疑われる人は既にその何倍もいますし、定義上は“感染者”であっても症状が殆ど出ずに日常生活を送れる人は大勢いるでしょう。

そう考えると、新型コロナウィルスに関しては数字だけが一人歩きしていると言わざるを得ません。

インフルエンザも同じ事?

あまり大きくは取り上げられませんが、インフルエンザによる死亡者は世界中で年間25万人~50万人と言われており、日本だけでも毎年3千人以上が亡くなっています。「タミフル」等の治療薬や予防接種が確立しているにも関わらず、です。

【3月12日 AFP】国連(UN)の世界保健機関(WHO)は11日、今後10年間にわたりインフルエンザの脅威から世界中の人々を守るための新戦略を発表した。

現状、インフルエンザに掛かれば学校や職場や休まなければなりませんし、お年寄りなど免疫力の弱い人ほど危険度が増すのも同じ事。新型コロナウィルスが季節性では無いにしても、夏場に風邪をひく人はいますし、それを発端に亡くなるお年寄りもゼロではありません。

何故ここまで世界経済をメチャクチャにしてまで新型コロナウィルスで大騒ぎするのか?そんな人々にとっては、インフルエンザはそこまで深刻な問題ではないのだろうか?

マスクに予防効果は殆ど無い

街を歩くと今でも7~8割の人がマスクをしていますが、何の為に付けているのか私には理解できない…。しかも殆どの人の口元に隙間があり、きちんと装着出来ているかどうかも疑問です。

 【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は二月二十九日までに、新型コロナウイルスの感染予防に向けたマスクなどの適切な使い方の指針を公表した。

もちろん風邪を患っている人が“他人にうつさない”という目的でつけるなら分かりますが、マスクが新型コロナウィルスの予防には効果が殆ど無いという事はWHOも発表していますし、人に密着して仕事をする人以外、健康的な人がマスクを付ける意味は殆ど無いでしょう。

マスクの高額転売が社会問題化していますが、あんなもの誰も買わなければ良いだけの事。この私も今回の騒動があってから一切マスクはしていませんし、今後も付けるつもりはありません。

報道に惑わされない強い体作りを!

TVには放送作家がいて、スポンサー企業がいます。番組は視聴者をTVに釘付けにする為のものであり、それを狙って1の事実を10に誇張する様な過剰な報道が為される事もよくある話。

新型コロナウィルスの新規感染者数ばかりが気になって、日常生活に支障をきたす様では、彼らの様な支配層に心も体も奪われ兼ねません。

今回の事態は戦争や地震災害ではなく“健康”の問題なのですから、自ら健康維持に努めれば良いだけの事。皆さんも是非健康維持に努め、報道に惑わされない冷静な対応を心がけて頂きたいと思います。

兎にも角にも、こんな暗黒の時代が早く過ぎ去る事を願って止みません…。