ワクチン打たずに済んだ1割の勝ち組が2022年に心がけるべき事

あけましておめでとうございます!昨年秋からすっかりブログ更新が滞ってしまいました…。この先も暫くは不定期更新となる事をご了承下さい。

さて、昨年末までに日本国民のおよそ9割(接種対象年齢における割合)が打ってしまったという新型コロナワクチン。この数字には眉唾な部分もありますが、真実に目覚めて未接種を貫いている方の中には、周囲の偏見の目に晒されて落ち込んでいるという方も少なくないのではないでしょうか?

しかしそんな圧力に打ち勝って、打たずに済んだ人もまだ1千万人以上残っている訳ですから、どうか勇気を持ってこれからも貫いて頂きたい。今回は、そんな私たち”勝ち組”が今年2022年を少しでも快適に生き抜く術を考えていきたいと思います。


免疫力を上げる、薬を絶つ

先ずは何と言っても免疫力の向上。特に最近はコロナワクチンの普及に伴ってそのシェディング(暴露)の被害も相次いで報告されているので、これまで以上に自然免疫を上げて変な病気に掛からない様にしたいところ!

  • ビタミンやミネラル豊富な食事
  • 添加物の少ないバランスのとれた食事
  • 粗食を心がけて十分な睡眠、適度な運動
  • 病院にはなるべく行かない
  • なるべく薬を飲まない

食生活改善と合わせて、日ごろから心がけておきたいのが「なるべく薬を飲まない」「病院には行かない」事。

今回のワクチン騒動を切欠に、日ごろから蔓延る西洋医学の詐欺に気づいた人も少なくない様ですが、予防と謳って薬物を投与し、それで体を壊したら今度は治療と謳ってまた薬物を与える、そうやって二重にも三重にも薬を売りつけて金儲けするのが西洋医学の目的であるという事。

私も一時期は耳の症状改善の為に多くの薬を飲んでいましたが、思えばこの時やけに風邪をひきやすかったなぁと…。おまけに薬と診療でトータルで20万円以上の出費を余儀なくされましたが、症状の改善には至らず…。

結局のところ薬を止めたら途端に風邪をひかなくなったので、やはり薬が体を壊すというのは明白です。ロックフェラーの石油利権が生んだ“薬”は人を殺す為のものであるという事を、私も改めて再認識しました。

コロナ脳の人間とは距離を置く

コロナ騒動の茶番がこれだけバレているのに、未だ感染者数だのオミクロンだのと言ってTVを観て騒いでいる人達、もう流石に彼らを説得するのには疲れ果てましたね…。

TVが洗脳装置だという事も知らずに本気で命の危機を感じている訳ですから、そんな人に対して「それは茶番だよ」といくら言っても怖がられるだけです。

DIG:掘り起こす、探求する、発見する。TBS系JNN28局のニュースサイト、「TBS NEWS DIG」は、国内外の取材網を生かし、いち速く正確な情報・動画と、より深い調査報道・より分かりやすい解説で、社会の関心に応えます。

ワクチンに関しても、打ちたい人は打てば良い。3回でも4回でも打って、自分や親兄弟、子供がいずれ重篤な症状に見舞われてしまえば良いのです。そこで初めて「何かおかしい」と気づく人は気づくし、気づかない人は死んでも気づかない。

元々こういう人達は住む世界が違うのだから、放っておけば良いのです。下手に関わろうとするとストレスになるので、こういう価値観で生きている人とは距離を置くのがベスト!

マスク義務の店には入らない

日本国内でコロナ騒動がいつまでも終息しない理由、それは未だ殆どの人がマスクを外さないから。マスクは奴隷の象徴で「どんな理不尽な要求でも受け入れます」という意思表示に他ならず、だからこそワクチンパス緊急事態条項などの独裁法案が簡単に通ってしまう様になるのです。

騒動の茶番に気づいていても周りの目が気になったり、またコロナ脳の人間に配慮して着けているんだという人も少なくない様ですが、そういう甘い考えがコロナ騒動の長期化に繋がり、強いては大衆を不健康にさせて多くの命を奪っているという事を自覚して頂きたい。

唾液や鼻水の染み込んだ不衛生極まり無いマスク、そんな事は分かっているが上からの指示だから仕方ないだろう?と開き直って着用を煽ってくる様な店や施設には極力入らない。

皆が皆そういう活動をすれば、店は客が減ってマスク煽りを辞めるか潰れるかの選択しかなくなるのです。そうやって民衆レベルで意識や行動を変えていかないと、本当に一生何も改善されないですよ!

増殖中の「マスクフリー」の店へ行く

コロナ騒動の茶番に気づく人が徐々に増えていくと共に、真実に気づいて行動している勇気ある店も徐々に増えている様で、これは本当に嬉しい限り!

マスクなしでも入れるショップ応援サイト。昨今はどこにいってもマスク、消毒を強要される窮屈な社会です。その風潮に迎合しない。人間らしさ。本当に人間に必要なコミュニケーションを楽しめるお店を応援するサイトです。

真実に目覚めた店はコロナ煽りの行政から身を隠す様に営業する傾向にある為、見つけるのがなかなか難しいですが、この「ノーマスクショップ.com」のサイトなら比較的簡単に見つかるのでおススメです!

昨年の中頃から始まったサイトの様ですが、最近では登録店舗がかなり増えてきています。

ただし、ここに登録されている店は単に“ノーマスクでも入店出来た”というだけの投稿に過ぎず、たまたま入れただけだという事例もあるので、全てが全て目覚めている店では無いという事は留意しておきたい所。

サイト内のMAPから口コミが参照できるので、それをよく読めば間違いないでしょう。

寝ても覚めてもマスクマスク…。“マスク会食”などと言う理解不能な言葉がはびこる昨今ですが、そんな中、客をウィルス扱い...

その他、真実を貫く店として有名なのが東京・仙川にある「キックバックカフェ」。私も昨年4月に初めて訪れましたが、科学的根拠に基づいたノーマスクとオーガニックに拘った食材によるメニューで、心も身体も元気になれるお勧めのカフェです!

また、ナンカレーが食べられるインド・ネパール・スリランカ系のアジア料理店は、リテラシーの低い日本人店員が居ない場合が多く、マスク着用を煽られる事もないのでおススメ!

私も昨年は連日の様に地元のこういった飲食店を巡って、年間100食以上はナンカレーを食べましたよ(笑)!今は海外に行けない為、こういう所で異国を感じるというのも良いものです。

未接種である事を誇りに思う

と言う訳で、すっかり少数派となってしまった我々コロナワクチン未接種者。しかし、やがて世界がひっくり返った暁には、血栓症を引き起こす恐れのあるワクチン接種者は逆に飛行機に乗れなくなったりする訳ですから、今は我慢の時!

私も騒動発生当初は、自分と同意する意見を見つける事も出来ずに心が折れそうになった時期もありましたが、今では目覚めた同志が世界中に沢山居る訳ですし、“正しい事”を貫いて生きている事を誇りに思う位です。

マスクを外す人が少しでも増えて、コロナ騒動が終息に向かう。2022年はそんな年になると良いですけどね。

それでは今年もよろしくお願いします!