新型コロナの影響で、空前の「国内旅行」ブームがやって来る!

連日ニュースになっている通り、世界中に猛威を降るっている新型コロナウィルスですが、徐々に収まりつつあるのが日本国内。今、海外旅行へ行くのは無理だけど、どこか良い旅行先は無いか迷っている方、今こそ「国内旅行」がおススメです!

これまで中国人をはじめ外国人で混雑していた日本国内の観光地も、コロナの影響で彼らが去った今がチャンス!海外旅行と比べてリーズナブルで手軽に楽しめるのも利点です。


日本旅行で一番人気の観光地「京都」

kyoto

日本国内屈指の観光地と言えば「京都」。市内に17箇所もの文化財を抱える日本屈指の“世界遺産の街”ですが、近年は路線バスが外国人観光客で混雑し過ぎて乗車するのに行列が出来るなど、社会問題化していましたね。

京都名物のひとつともいわれる「冬の底冷え」。キーンと足元から凍りつくような独特な寒さに冬の京都を実感したことがある人も多いだろう。しかし、今年の京都の冬は一味違った。記録的な暖冬だったのである。もちろ…

しかしコロナウィルスが問題化してからと言うもの、各所から人が減ったという報告が多数!あの金閣寺や嵐山の渡月橋ですら、時間帯によっては人がまばらになる事もあるそうです。

恐らくこのニュースを見た日本人が“今がチャンス”とばかりに殺到しそうですが、それでも外国人で混雑していた一時期と比べると、ゆっくり過ごせそうです!

新型コロナの影響が少ない「沖縄」

okinawa

続いては、こちらも日本国内旅行の定番「沖縄」。夏は海水浴で、冬は避寒地として人気の観光地ですが、こちらも近年は外国人が殺到!

私も沖縄本島にはほぼ毎年行っていますが、国際通りを歩いていると“免税”等の看板ばかりが目立ちますし、人気のビーチには中国人ばかり…。

沖縄の海

しかし、この沖縄も暫くは静かに過ごせそうですね!海水浴の時期は6月~10月頃(宮古や八重山は11月頃まで)ですが、泳がなくても綺麗な海を見ながら静かなビーチを散歩するのも良いですし、オシャレなカフェ巡りも良し!

沖縄本島だけでなく、宮古島や八重山地方(石垣・西表など)まで足を延ばしてみるのも良いかもしれません。沖縄県は新型コロナウィルスの発生も限定的なので、それが心配な方にもおススメです!

関東の寺めぐり

関東の寺院

“旅行”と言うと遠くにばかり目を向けがちですが、都内やその近郊にお住まいなら東京あるいは関東近辺の近場にある観光地へ足を運ぶのも手!特に普段は外国人で混雑している「浅草・浅草寺」や「成田山新勝寺」、また世界遺産の「日光東照宮」等へ足を延ばすのも良いかもしれません。

昨日、友人と共に栃木県日光市にある「日光東照宮」へ行ってきました。今回の目玉は、平成の大修理を終えた「陽明門」。2013年7月から始まったおよそ4年にも及ぶ保存修理工事が2017年3月で終わり、ピッカピカに生まれ変わった姿がお披露目されてい

特に日光東照宮は2017年に平成の大改修工事が終わったばかりなので、今行けばピカピカの寺院が見られます!私も工事終了直後に訪れましたが、あの“三猿”も色鮮やかになっていていビックリ!

外国人(特に西洋人)は日本の“寺院”が特に好きなので、今はこういう所が狙い目です!

外国人が居ない今がチャンス!

日本の寺院

近年のインバウンド需要で、混雑ばかりが目立つ様になった日本国内の観光地。これほど日本から外国人が居なくなるのは、恐らくこれが最後になるかもしれませんね。

新型コロナウィルス対策はまだまだ道半ばですが、体長管理をしっかりして、思いっきり国内旅行を楽しみたいものです!