日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

昨日、友人と共に栃木県日光市にある「日光東照宮」へ行ってきました。今回の目玉は、平成の大修理を終えた「陽明門」。2013年7月から始まったおよそ4年にも及ぶ保存修理工事がこの3月で終わり、ピッカピカに生まれ変わった姿がお披露目されています。

日光東照宮なんて小学生の頃に林間学校(修学旅行?)で行ったっきり、記憶も定かではなく、新鮮な気持ちで観賞する事が出来ました。今回はそんな陽明門をじっくりとご紹介しようと思います。

渋滞回避ルートで日光東照宮へ

今回、日光へは車で向かいました。連休の中日という事もあって、東照宮周辺での渋滞や駐車場の確保を懸念していたので電車で向かおうかと思ったのですが、現地での移動やトータルでの交通費が高くなる事を考えると、やはり車が一番です。

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

日光東照宮は、日光宇都宮道路の「日光IC」と「清滝IC」の間くらいにあって、普通は日光ICで降りて日光街道を進むのが王道ですが、Googleの渋滞情報を見てみると、見事に真っ赤!実際にダメ元で向かってみたのですが、10分かかって100mも動かない様な状況に断念!

そこで渋滞回避ルートを模索します。少し遠回りになりますが、日光宇都宮道路の終点「清滝IC」で降りて戻るルートで見てみると、渋滞はかなり限定的でした。実際に行ってみると、特に渋滞は全く無くスムーズに東照宮近くまで進む事が出来ました。

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

しかし言わずもがな、午後1時ごろ駐車場はどこも満車!でも収容台数の多い駐車場は既に観光を終えて出てゆく車も多く、「西参道第2駐車場」の列に並んだところ15分程で入る事が出来ました。中では係員による誘導も行われているので駐車もスムーズですし、繁忙期ながら意外とアッサリ到着!

やはりこんな時は王道のルートは回避すべきなんですね。Google Mapで見られる「交通状況」はかなり正確なので、私は積極的に使う様にしています。

拝観料は1,300円、オーディオガイドは2言語のみ

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

私自身、日光東照宮なんて実に20数年振り!境内の様子に記憶は無く、全く初めての様な面持ちです。

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

拝観料は1,300円。結構しますが、これだけで本地堂から御本社まで全ての拝観が含まれています。実際この日全ての拝観を終えるのに1時間半を要したので、コスパ的には悪くないのではないでしょうか。

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

それにしても、連休の中日な事もあってすっごい人!世界遺産という事で海外からも多くの人が見えています。

チケット売り場では「オーディオガイド」が500円で借りられますが、東照宮HPを見ると対応言語は日本語のほか英語と中国語のみ。世界の観光地では、日本語を含めて様々な言語でのオーディオガイドが用意されているのに、ここではたったの2言語のみとはお粗末ですよね…。“観光立国”なんて主張しているのだから、せめて世界遺産くらいは多言語を用意すべきだと強く思います。

三猿がキレイになってる!

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

表門から入ってすぐの所にある神厩舎。言わずと知れた「三猿」が描かれた建物ですが、東照宮HPに記載されている「平成の大修理」の概要によると、ここの修繕工事はまだ先との事。

日光東照宮「陽明門」がピッカピカ!平成の大修理が遂に竣工!

しかし「成長」を意味する“見ざる言わざる聞かざる”の三猿だけが、色鮮やかになっていました!これから長い時間をかけて8面全ての彫刻を修繕するのだと思いますが、それにしても他7面の色褪せ方はハンパ無いですよね。私が小学生の頃はもう少し色が付いていたと思うのですが、僅か四半世紀でこんなにも色褪せてしまうとは…

次のページでは、ピッカピカに生まれ変わった陽明門の姿をご紹介します!


カテゴリー

その他おススメの記事