天后宮Chùa Bà Thiên Hậu(ティエンハウ廟)ベトナム最古の中華寺院へ!

chua-ba- thien-hau (17)

前回に引き続き、ホーチミンのチャイナタウンCho Lon(チョロン)地区の話題から、今回は「天后宮(ティエンハウ廟)」という中華寺院についてレポート!広くガイドブックにも載っているこの寺院は、渦巻き状のちょっと珍しい線香がある事で有名です。



チョロンBTから徒歩20

「天后宮」への行き方ですが、バスで行く場合はベンタインのバスターミナルから出ている1番バス(チョロン行き)に乗って、Triệu Quang Phụcで降りると近いです(バスターミナルについては昨日の記事へ→ホーチミンChợ Lớnチョロンはこんな所!行き方と見所/市場、寺院など)。

でもベトナムの路線バスは何かとハードルが高い部分もあるので、心配な方はタクシーの利用が確実!私はチョロンのバスターミナルから歩きましたが、20分くらいかかりました。

ベトナム最古の中華寺院

chua-ba- thien-hau/ベトナム最古

1760年頃に建設されたという天后宮。ベトナムにある中華寺院の中では、最も古い部類に当たるそうです。確かに屋根瓦なんかを見ると、かなり古びた感じがしますね。

入場無料、基本的に年中無休で朝6時~夕方17時まで開いているとの事。

chua-ba- thien-hau/屋根

屋根の上にあるのは、関羽(かんう)という人物の闘いを描いた彫刻。この人物は古来中国の王朝で活躍した将軍で、小説“三国志演義”にも出てくる人物なんだとか。

色合いがヒンドゥー教の寺院に似ていますが、人物の表情はこっちの方が穏やかです(笑)。

chua-ba- thien-hau/境内

寺院の中は、長方形の細長い中庭を囲む回廊があって、一番奥には祭壇。間口は大きくないですが、奥の方へ40~50mほど続いています。

chua-ba- thien-hau/天井

壁や床はシンプルですが、寺院の天井はなかなか独特のデザイン!日本の寺院とはまた違う、特徴的な梁が見られます。

chua-ba- thien-hau/祭壇

祭壇には、金色をした天后聖母(ティエンハウ)が祀られています。左右の女神も合わせて3体…と思いきや、中央の枠の中には天后聖母の他、2体の侍従と合わせて3体が縦に並んだちょっと珍しい祭壇です。

ちょっと珍しい“渦巻き”線香

chua-ba- thien-hau/渦巻き線香

この寺院で一番の見所になっているのが、この渦巻き状の線香。赤い短冊がついていて、ここに名前等を書いて奉納するというスタイルなんだそう。ずっと見ていると目が回りそう~!

chua-ba- thien-hau/売店

この渦巻き線香は境内の売店で売られていて、価格は30,000VND。口コミによると、これを高額な値段で売りつける輩が寺院の表などに出没するそうなので要注意!

chua-ba- thien-hau/渦巻き線香をつるす

短冊に名前等を書いたら、係の人に吊るしてもらいます。この線香に点けられた火は数日間燃え続けるそうで、中には2週間~1ヶ月も持つとの口コミも!

線香でお祈りをしてみた!

chua-ba- thien-hau/売店

尚、通常の真っ直ぐな線香は、寺院の入口付近に居るパラソルを開いた露店で売っています。ちょっと怪しげな感じもしますが、違法なダフ屋などでは無い模様。

chua-ba- thien-hau/線香

折角なので一つ買ってみましたが、価格表示が無かったので取り合えず10,000VND渡したら、笑顔で線香を渡してくれました!もしかしたら、売っているのではなく“寄付”という位置づけなのかもしれません。

線香は一束で30本ほど、他にもっと太い線香もありました。

chua-ba- thien-hau/お祈り

境内のローソクから火を取って、任意の祭壇の前でお祈りをします。お祈りの仕方は、以前ツアーで香港へ行った時にガイドさんから習いましたが、まず線香を頭の前に掲げてから3回礼をし、自分の氏名を心の中で名乗ってから願い事を念じます。

chua-ba- thien-hau/香炉

祈りが終わったら線香を香炉に差しますが、これがなかなか難しい!特に、手に持った線香の先端から灰が落ちてくるので、メチャクチャ熱いです!周りの人がみんな涼しい顔でやっているのが不思議なくらい…。

渦巻状の線香は見物!

chua-ba- thien-hau/渦巻き状の線香

と言う訳で、チョロンにある中華寺院「天后宮」をレポートしましたが、地味ながら本格的な中華寺院だと感じました。日本ではなかなか見られない渦巻き状の線香を体験できるのは良い所!

チョロンを訪れた際は是非立ち寄ってみては如何でしょうか?その他、ベトナム・ホーチミンに関する情報や観光スポットについては、コチラをご覧下さい→ベトナム・ホーチミン 一覧