ベトナムの超高級チョコレート【MAROU】味も凄いが値段も凄い!

marou-chocolate (19)

ベトナム・ホーチミンで、特に日本人観光客に人気となっているのがMAROU(マルゥと読みます)のチョコレート。ベトナム土産としても人気を博している様で、店舗へ行ってみたところ、物価の安いベトナムとは思えない程高額なプライスにビックリ!

でも食べてみると、その奥深い味わいに高額な値段にも納得!ベトナムのイメージが変わる、そんなMAROUの高級チョコレートの味をレポートしたいと思います。


ホーチミンにあるMAROUの店舗&カフェ

今回訪れたのは、ホーチミンにあるMAROUの店舗。場所は、ホーチミン美術館のちょうどすぐ裏手辺り、ベンタイン市場にも程近い所にあります。

marou-chocolate/アクセス

HPによるとハノイにも店舗がある他、世界中の国でも取り扱い店舗があって、日本では渋谷区の代々木八幡にある「CACAO STORE」でも買える様です。

marou-chocolate/店内

店内はかなり広々!天井が高く、自然光が入って明るい店内は、中央に物販スペース、窓際および店内奥がカフェスペースになっています。

marou-chocolate/レジ

日本人の姿も多く、と言うか客の半分は日本人です。また、午前中に訪れた時は空いていましたが、午後に再び来てみたら凄い混雑でカフェは満席!カフェの利用は、午前中がベターかもしれません。

marou-chocolate/ケーキ

レジ横にはカフェで食べられるケーキが並んでいますが、マグカップの形をしたチョコレートケーキ等、どれも独創的なものばかり!価格は大体120,000~150,000VND(600円~750円)となかなか良いお値段しますが、まぁこの内容ならナットクです!

びっくりするほど高級な板チョコ

marou-chocolate/板チョコ

物販スペースに陳列されたチョコレートを見てみると、ラインナップは板チョコが中心。フレーバーは10種類くらいありますが、驚くのはその値段!

marou-chocolate/チョコレートの価格

80gの板チョコが、最低でも120,000VND(600円)、高いものだと150,000VND(750円)もします。昨年ヨーロッパで購入したスイスの老舗メーカーLindtの板チョコ(100g)ですら250円程度で買えたのに、これはマジでヤバイ価格!

marou-chocolate/セット価格

5つのフレーバーがセットになったものもありますが、割引は一切効かずに600,000VND(3,000円)。板チョコ5枚に3千円って、ちょっとオカシイんじゃないかと…?

でも、ギフト用に予め包装されたものも置いてあるので、需要の高さが伺えます。

marou-chocolate/チョコのショーケース

marou-chocolate/箱入りのチョコ

その他、ヨーロッパにあるショコラトリーと同じ様に、好きなチョコを箱詰めできるものもあって、6個入りが150,000VND(750円)、15個入りが325,000VND(1,625円)。

marou-chocolate/モエシャンギフトボックス

また、モエシャン付きのこんなギフトボックスも。価格は1,800,000VND(9,000円)、高級な割に外装がチープなのは否めませんが…。

高級感のある“金”の包装

marou-chocolate/アラビカコーヒーとココナッツミルク

そんな中、今回はコチラの2点をお買い上げ!「Arabica Coffee」と「Coconut Milk」、いずれも“Origin Plus”というシリーズの板チョコです。価格はどちらも130,000VND(650円)。

marou-chocolate/金の包装紙

開封してみましたが、頑丈な包装紙の中に金紙の内装を施すという徹底振り!まぁこれだけ高級なんだから、このくらいは当然と言ったところでしょう。

marou-chocolate/アラビカコーヒー

marou-chocolate/ココナッツミルク

中身のチョコレートは、アラビカコーヒーがダークブラウン、ココナッツミルクはライトブラウンで、どちらもMAROUの“M”のロゴ入り。ココナッツミルクの方はカカオ55%で、牛乳は一切使用していないのだとか。

味は一級品!奥の深いチョコレート

marou-chocolate/チョコの味

食べてみると、先ず驚いたのはその余韻の長さ!どちらのフレーバーも最初は穏やかな風味ですが、数秒経ってからジワ~っと奥深い甘みと苦味がやって来ます。

これまでパリ等で美味しいチョコレートを幾つも食べてきましたが、こんなに深い味わいのチョコレートは初めて!

marou-chocolate/ココナッツミルクの味

アラビカコーヒーは独特の苦味、ココナッツミルクは少しネットリとした口当たりで、ミルキーながらもカカオの苦味を仄かに感じます。一口食べて「あっ、美味しい!」というよりは、じっくり味わって「あ~成るほど」と納得させられる、そんなテイストのチョコレートです。

marou-chocolate

HPによると、MAROUのチョコレートはベトナムの良質なカカオに魅せられた2人のフランス人によって生み出されたもので、カカオはベトナムの契約農家、砂糖もベトナム産のサトウキビに限定して使用されているとの事。

舌の肥えたフランス人の職人が厳選したカカオから生み出した味だとすれば、本家フランス・パリのショコラトリーをも上回る味になる事は想像に難くないと言えますね。

高額プライスにも納得?ベトナムの高級チョコ

marou-chocolate/チョコのフレーバー

なるほど、これが真の高級チョコレートの味なのかとナットク!予算が許すなら、是非色んな種類のフレーバーを試してみたいものですが、ベトナムの物価を基準に考えているとえらい目に合いますよ。

フランス人によるベトナム産の超高級チョコレート、予算に余裕のある方は是非お為し下さい!

MAISON MAROU SAIGON

  • 住所:169 Calmette, Phường Nguyễn Thái Bìn, Quận 1, Hồ Chí Minh
  • 営業時間:9:00~22:00(週末は23時迄)
  • ホームページはコチラ

その他、ベトナム・ホーチミンに関する情報や観光スポットについては、コチラをご覧下さい→ベトナム・ホーチミン 一覧