黄金の塔は見る価値あり?香港の寺院「志蓮浄苑」と南蓮園池

Nan-Lian-Garden (4)

今回訪れたのは、香港のやや郊外にある「志蓮浄苑」という寺院。質素な木造建築の寺院ですが、その隣に広がる園庭「南蓮園池」には水辺に佇む黄金の塔があって、この寺院の目玉スポットになっています。

歴史の浅い寺院という事もあって、「歩き方」のガイドブックには“期待大で行くとガッカリする”とありますが、果たしてどの様なスポットなのか?レポートしていきたいと思います。



志蓮浄苑へのアクセス

志蓮浄苑(Chi-Lin-Nunnery)があるのは、香港市街の北東部。MTRの鑽石山駅(Diamond Hill)が最寄です。やや郊外にありますが、油麻地から20分、中環からでも30分程で着きます。

Chi-Lin-Nunnery/駅の案内板

Chi-Lin-Nunnery/アクセス

鑽石山駅からは徒歩5分程。“志蓮浄苑”“南蓮園池”と書かれた案内板に従って進むと、やがて道路に架かる陸橋の上に寺院らしき建物が見えてきます。駅とは反対側の歩道上にありますが、上で繋がっているので道路を渡る必要はありません。

唐朝様式の寺院

Chi-Lin-Nunnery/エントランス

陸橋へ上ると、志蓮浄苑のエントランスがあります。背景には高層マンションと山々があって、いかにも香港の寺院という感じがしますね。

Chi-Lin-Nunnery/正門

門の所には「門山」の文字。これは様々な信仰を持つ“山の入口”という意味でもあるのだとか。日常生活の苦難から逃れてきた人々が、この山の中で仏教の教えを請うという意味合いもあるのでしょう。

入場は無料、開館は7:00~19:00。

Chi-Lin-Nunnery/中庭

正門を抜けると中庭があり、その奥に本堂があるという構造。中庭には盆栽の様な植木が並び、蓮の葉が浮かぶ池もあります。

Chi-Lin-Nunnery/本堂

本堂はコチラの建物。見た目はわりと小じんまりとしたシンプルな構造ですが、この建物の先にも更に別の中庭があって、四方に複数の祭壇が並べられています。観光客も中へ入る事は出来ますが、残念ながら中は撮影禁止なので写真は無し。

中ではなにやら行事が行われているのか、お経の様な声が絶えず鳴り響いていました。

歴史的な重みは感じられない

Chi-Lin-Nunnery/回廊

ところで、資料によるとこの志蓮浄苑は1934年に建立、唐の時代(618年~907年)のデザインを元に木造建築で造られたものなんだとか。建築から85年経っているとは言え、数ある寺院と比べると歴史はかなり浅いもの。

Chi-Lin-Nunnery/梁

その為か、梁や柱の木は真新しく、塗装も塗り替えたばかりという感じ。もうちょっと歴史的な建築物を想像していましたが、そういった“重み”というのは全く感じられません。

Chi-Lin-Nunnery/塗りなおし

1990年に大規模な修繕工事が行われたそうですが、その影響もあるのかもしれませんね。境内では、今も塗装の塗り直しに励む人の姿が。

キレイなのは良い事ですが、ちょっと観光には不向きかも…?

すぐ隣にある南蓮園池 

Nan-Lian-Garden/入口

一方、志蓮浄苑の正門から反対側の方へ行くと、「南蓮園池」という広い庭園が広がっています。こちらも無料で入る事が出来るので、ちょっと散策してみましょう!

Nan-Lian-Garden/2006年開園

南蓮園池(Nan-Lian-Garden)は、志蓮浄苑と道路を挟んだ向かい側にある園庭で、2006年に開園。園内には志蓮浄苑と同じ唐の時代の建築様式で建てられた建物が点在し、広さは35,000㎡もあるのだとか。

Nan-Lian-Garden/圓満閣

この園庭で一番の目玉は、池の中央に建てられた「圓満閣」という八角形をした黄金の塔。朱色の橋と相成って、なかなか立派な風格ですが、やはりどうしても間新しさというのが滲み出てしまいますね…。

尚、エントランス側(志蓮浄苑がある側)は写真を撮る人でいっぱいですが、池の反対側へ来れば殆ど人がおらずにゆっくり撮影できます!

Nan-Lian-Garden/展望デッキ

Nan-Lian-Garden/池

園内にはもう一つ池があって、こちらは展望所が設置されていて池全体を見渡す事ができます。日本庭園の様な感じもしますが、背後に聳える高層マンションがなんともミスマッチ!

ショップ、カフェ、レストランなど

Nan-Lian-Garden/レストラン

Nan-Lian-Garden/レストランのメニュー

その他、この南蓮園池の中にはレストランやカフェ、ショップ等の施設もあります。

こちらのレストラン「志蓮素齋」は、ベジタリアンメニューを主に取り揃えた店。オープンは12時ですが、開店20分前には既に長い行列が出来ていました!

Nan-Lian-Garden/カフェ

Nan-Lian-Garden/カフェのメニュー

レストランの近くには「小倉屋」というカフェもあって、こちらではサンドイッチやコーヒー、カキ氷などが食べられます。価格はどれも$30前後と、観光地にしては割安。

Nan-Lian-Garden/ショップ

また、「石塾品」というショップでは、食器や小物など雑貨の他、お茶を買うことも出来る様です。

石のギャラリー「石館」

Nan-Lian-Garden/石館

また、園の入口横には「石館」と書かれた建物があります。盆栽の並んだ専用の庭を持つ平屋の建物ですが、どうやらこの中は無料で観られるギャラリーになっている模様。

Nan-Lian-Garden/石のギャラリー

中へ入ると、立派な石がズラリ!これは中国で造られている観賞用の石「観賞石」なんだとか。

中国は、その恵まれた広大な土地から様々な色や形の石が採れるとあって、観賞石の質も高く、世界から高く評価されているそうです。

Nan-Lian-Garden/石館の展示品

Nan-Lian-Garden/鑑賞石

確かに、艶々に磨かれた石はインテリアとしても映えますね。宝石の入った観賞石とは違い、これは凄くパワーを感じます。

意外と見所が多いスポット

Chi-Lin-Nunnery/営業時間

と言う訳で、香港郊外にある志蓮浄苑と南蓮園池へ訪れてみましたが、意外と見所は沢山。建物に歴史的な重みは無いものの、ゆっくり過ごすには良いところだなと感じました。

これで高い入場料を取るなら話は別ですが、無料なら文句なし!市街中心部からのアクセスも良いので、のんびり散歩がしたい場合にはおススメです。