香港の下町「旺角」のマーケットが熱い!深圳街 Shamchun St.を歩く

mongkok-market-hongkong1

今回は、香港の下町「旺角」に滞在という事で、まずはホテル周辺を歩いてみたところ、近くに活気のあるマーケットを発見!肉や野菜、果物や、日本ではあまり見ない珍しいものまで数多く揃っていて、なかなか面白い所です。

どんな物が売られているのか?チェックしてみたいと思います。



深圳街(Shamchun St.)のマーケット

今回やって来たのは、香港の下町エリア「旺角」にあるこちらの場所。MTRの旺角駅C2出口から徒歩3~4分の所にあります。

mongkok-market-hongkong/入口

大通りから一つ中へ入った裏通りを覗いてみると、活気のあるマーケットが開かれていました!ビルに挟まれた薄暗い路地に、物凄い人の数!

mongkok-market-hongkong/深圳街(Shamchun St.)

ここは深圳街(Shamchun St.)という名前の通りで、MAPを見た所、塘尾道(Tong Mi Road)から亜皆老街(Argyle St.)へ抜けるたった90m程の短い路地です。

mongkok-market-hongkong/店

道の両側には八百屋や鮮魚店がズラリ!各店とも店の軒先には雨避けのテントが張られていますが、アーケードの様な通りでは無い為、雨が降ったら濡れる事は覚悟した方が良さそうです。

売り物をチェック!

mongkok-market-hongkong/野菜

売り物をチェックしてみると、最も多く見られるのが野菜。ベトナムのマーケットなんかと比べると色艶も良く、瑞々しくて鮮度も良さそうです。

mongkok-market-hongkong/ズッキーニ

野菜はズッキーニ等のウリ科の野菜が多く、種類も豊富!「脆肉瓜」など日本のスーパーではまず見かけない名前も。

mongkok-market-hongkong/肉

野菜に次いで多いのが肉。ヨーロッパのマーケットほどではないですが、展示の仕方もかなり豪快です!でもこんな青空市場に置いといて、鮮度は大丈夫なんだろうか…?

mongkok-market-hongkong/魚

鮮魚店も幾つかあって、魚の種類も豊富!こちらは氷漬けにされているので、肉よりは安全かと…。

ニワトリが売られている

mongkok-market-hongkong/ニワトリ屋

そんな中、最も注目したいのがこちらの店。なんとニワトリ屋さんです!なんかこの辺りだけ妙に騒がしいなと思っていたのですが、まさかこんなマーケットの中で売られているなんて…。

mongkok-market-hongkong/ニワトリの飼育

日本では殆ど見かけませんが、ニワトリは素人でも簡単に飼える事もあって、この地域ではわりと一般的なんだとか。飼うと毎日新鮮な卵を産んでくれるそうで、まぁ確かに卵のパックを買うよりもその方が効率的なのかもしれません。

mongkok-market-hongkong/ニワトリの販売

価格は固体の大きさ等によって異なりますが、だいたい1羽$160(≠2,240円)。卵のパックが200円とすると、相当沢山産んでもらわないと割りに合いませんね…。

mongkok-market-hongkong/ニワトリの食べ方

商品の説明を見ると、何やら“肉質”だの“骨”だの記載があるので、産卵の役目が終わったらチキンにして食べるという事か…。まぁこうして見ると人間って残酷ですよね…。

隣の廣東道(Canton St.)も凄い賑わい!

mongkok-market-hongkong/廣東道(Canton St.)

深圳街のひとつ東側にも細い路地があって、ここでもマーケットが開かれていました!ここは廣東道(Canton St.)という通り、先ほどよりも更に人の数が凄いです!

mongkok-market-hongkong/果物

mongkok-market-hongkong/ランブータン

この廣東道で売られているのは、主に果物。マンゴーやランブータンなど、暖かい地域の果物が多いです。

mongkok-market-hongkong/ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツは、大体一つ$15~20。他国のマーケットに比べると、実が大きくて立派な感じがします。

mongkok-market-hongkong/ラフランスとココナッツ

mongkok-market-hongkong/ヤングココナッツ

ラフランスの横に並んでいる白いタマネギの様なもの、「椰皇」と書かれていますが、これはなんとココナッツ!

よく見る茶色の皮のついたものとは違って随分と小ぶりですが、これは“ヤングココナッツ”という種類だそうで、中のジュースを味わった後は、実を切って刺身の様にして食べるのだとか。

ドリアンはその場で切ってくれる

mongkok-market-hongkong/ドリアンの販売

また、南国フルーツ定番のドリアンも多くの店で売っています。緑っぽいのとオレンジっぽいものがありますが、オレンジの方が熟成が進んで食べごろなんだそう。

mongkok-market-hongkong/ドリアンを切って売る

価格や店や大きさによってまちまちですが、大体一つ$80~120前後。注文するとナイフで割って食べ易くして提供してくれます。

他の客が買っているのを見ていると、中実を出してパックに入れてもらう場合と、ナイフで切れ込みだけ入れて皮ごと渡される場合もあって、用途に合わせた買い方ができる様です。

mongkok-market-hongkong/ドリアンの食べ方

ホテル等ではドリアンの持ち込みが禁止されている所も多いので、旅行者が買うにはちょっとハードルが高いですが、買ってその場で食べるなら、オレンジ色で自然な割れ目が発生している物を選ぶと熟している可能性が高いそうです。

まぁ腹の弱い私には縁の無い話…。

活気溢れる旺角エリアはおススメ!

mongkok-market-hongkong

と言う訳で、香港の旺角にあるマーケットをチェックしてみました!今回は宿泊先のホテルが近い事もあって毎日このマーケットの前を通っていましたが、午前中へ行けば大体いつも開催されている様です。

旺角にはここだけでなく様々なローカル店が軒を連ねているので、香港らしい風景を探すにはピッタリです!