スリ・マリアマン寺院(シンガポール)を詳しくレポート!

Sri Mariamman Temple

今日ご紹介するのは、シンガポールにあるヒンドゥー教の寺院「スリ・マリアマン寺院」です。都市の中に佇むちょっと奇妙な屋根飾りの建物には、どの様な世界が待っているのでしょうか?詳しくレポートしたいと思います。

チャイナタウンにあるヒンドゥー寺院

スリ・マリアマン寺院があるのは、シンガポールのチャイナタウン。ヒンドゥー教の寺院が何故チャイナタウンにあるのかと言えば、19世紀辺りまでこの界隈には多くのインド人が住んでいたからだそうですが、それだけ華僑の人達は新興勢力という事なのでしょう。

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の外観

ヒンドゥー教の寺院と言えばこの外観!初めて見た時は気持ち悪いと思いましたが、慣れてくれば芸術的に見えてくるものです。

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の人物像

これだけで何体くらい居るのでしょうか?人物像は表情こそ皆一様ですが、キャラクターのバリエーションがハンパ無いですね。遠くから見るとグシャっとしていてちょっと気持ち悪いですが、近くで見ると個々の鮮明さに驚きます。

靴を脱いで入る

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の入口付近

それでは早速中へ入って行きたいと思いますが、ヒンドゥー寺院は“土足厳禁”なので、入口横で靴を脱ぎます。

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の靴箱

靴を置いておくロッカーが用意されていますが、履き間違いや盗難など何かと心配は付き物ですよね。治安の良いシンガポールだからこそ出来る設備なのでしょうけど、やはり海外では不安な方も多いと思います。私の靴は全然大したものじゃないのでここに置いておきましたが、心配な場合は袋を用意して持って行く事をおススメします。

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)入口の扉

入口の扉はかなり重厚です。半分から上部にはベルが沢山付いています。

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の車椅子様スロープ

入口の足元には、段差を補うスロープが。一応バリアフリーには対応している様です。

写真撮影は$3、ドレスコード有り

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の貸し服

中へ入ると早速注意書き。土足厳禁に加え、タンクトップや半ズボン、女性は露出度の高い服装やスカートはNGで、その場合は横に置いてあるローブを着用との事。

入場は無料ですが、撮影を希望の場合は撮影料が必要で、写真は$3、ビデオカメラは$6。「チケットをお求め下さい」と書かれているのは、なんと日本語!

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)のチケットカウンター

カメラ/ビデオのチケットは、入って左側のカウンターで購入します。最初、窓口を覗いても誰もおらず、途方に暮れていると暫くしてオジサンが出てきました。

スリ・マリアマン寺院(シンガポール)の写真撮影チケット

“チケット”と言えども、渡されるのはレシートのみ。他の諸外国では、精算済みを示すシールを衣服に貼り付けてアピールするものですが、ここは狭いのでその必要が無いのかもしれません。

続きは、次のページへ!色鮮やかな壁面の寺院内の様子をレポートします。


カテゴリー

その他おススメの記事