すむばり食堂の「肉そば」がボリューム満点でGood!‐沖縄・宮古島

sumubari

宮古島の北部に店を構える大衆食堂「すむばり食堂」。池間島からの帰り道にここへ立ち寄って、ランチをする事にしました。このすむばり食堂は各誌ガイドブックにも載っている有名店で、ピーク時には店前に行列が出来るほどなんだとか。今回はピーク時間帯を外しての訪問だった為、ゆっくりと食事する事が出来ました。

そんなすむばり食堂で食べた「肉そば」が、なかなかのボリュームで美味!安くて美味い、そんなコスパの高い沖縄そばを食レポしたいと思います。

すむばり食堂の場所と駐車場

池間島からの帰り道、ランチをしようと立ち寄った「すむばり食堂」。池間大橋から続く県道230号線沿いにあるので、アクセスはし易いです。ひょっとしたら、宮古島で一番北にある蕎麦屋なのかもしれません。

すむばり食堂の駐車場案内表示

人気店とあって、店の横(入口の裏手)きちんとした駐車場が完備されています。

すむばり食堂の駐車場

台数は10台ほど、少々狭くて停め難いのが難点…。特に駐車場入口が狭くなっている上に段差があるので、駐車の車にぶつけない様に注意が必要です。

店内には芸能人の色紙も

すむばり食堂の店内

店内は結構広々。4~5人がけのテーブルが7つ程、いずれも座敷ですが、椅子席も数席あります。この時既に15時前でしたが、店内には6グループほど客がいました。

すむばり食堂の座敷席

店内の奥へ行くと、更に座敷のテーブル席が幾つかあって、合計するとおよそ40~50名くらいは入れそうな感じです。ピーク時はこれでも満席になるというからスゴイ!

すむばり食堂に来た芸能人の色紙

壁には様々な芸能人の色紙が貼ってありました。芸人だとナイナイの矢部さんや宮川大輔さん等、音楽家では千住朗さんも来ている様ですね。

すむばり食堂のメニュー

すむばり食堂のメニュー

メニューを見てみると、定番の宮古そばやソーキそば等のほか、「味噌そば」や「墨入りタコそば」等ちょっと変り種もある模様。また丼物にも力を入れている様で、カツ丼や豚丼、いそ丼にタコ丼の他、定食もやっている様です。

この時、メニューを受け取る前に注文してしまったので、きちんとメニュー表を見られなかったのですが、すむばり食堂のHPに詳細が載っています(価格が若干異なります)。

すむばり食堂のドリンク、ビール

HPにドリンクの記載はありませんが、店内の冷蔵庫を見るとビールとソフトドリンクがあって、ビールは定番のオリオンビールとそのノンアルコール「Orion Clear FREE」、加えてアサヒスーパードライ、ソフトドリンクはシークアーサーっぽいジュースのボトルが見えます。

こうして店内の冷蔵庫にドリンクが入っている様子は、いかにも地元の定食屋という感じで良い雰囲気ですよね。

肉そば630

すむばり食堂の肉そば

今回注文したのは「肉そば」。オーダーからおよそ20分後、底の深い丼にタップリ入って出てきました。

すむばり食堂の肉そばのボリューム

肉そばと言えば、沖縄本島にある波布食堂の山盛りの肉そばが有名ですが、この肉そばも常識的な範囲ではボリューム感あります。ニンジンやキャベツなど細かく刻んだ野菜が沢山、麺が隠れて見えない程です。

すむばり食堂の麺

食べてみると、味は長崎ちゃんぽん麺に似た感じ。アッサリで野菜の食感と肉の旨味が引き立っています。太麺のコシも凄く、他の店の宮古そば等と比べても弾力あります。

すむばり食堂の肉

肝心の肉も柔らかく、味も染みています。食べ易い大きさでゴロゴロ入っているので、食べ応えもあってGood!

コスパ良しの大衆食堂

すむばり食堂の肉そばの価格

お会計は630円!この味とボリュームでこの値段ならば大満足です!都内のランチでも、これくらいのコスパで食べられる所があれば良いんですけどね~。

すむばり食堂の入口

観光客に人気のすむばり食堂ですが、味も量も文句ナシの大衆食堂でした。いつか他のそばも試してみたいと思いますが、店頭には「込み合っている場合、外でお待ち下さい」との貼り紙があるので、やはりピーク時は相当混雑するのだと思います。

営業時間は10時~19時。訪れる際は、なるべくピーク時間帯を外した訪問をおススメします。

その他宮古島のそば屋


カテゴリー

その他おススメの記事