アロー通り「鑫記XIN JI」屋台料理が意外と美味かった!‐クアラルンプール

xin-ji

前回の記事に引き続き、マレーシア・クアラルンプールのアロー通り屋台街の模様です。今回は、ぷらっと入った1軒の屋台で食レポをしたいと思います。

観光客向けの露店なんて、ただ雰囲気を味わう為だけのものですので味には全く期待していませんでしたが、そこで食べた料理が意外と美味!屋台の賑わいと共に、屋台街を満喫する事が出来ました。

入口近くの「鑫記XIN JI」という店

マレーシアで最大と言われるアロー通り屋台街。夕食のピーク時間帯を迎えてか、各店とも多くの食事をする人で賑わっていました。

アロー通り屋台街の夜

昨日の記事でもお伝えしましたが、客の入りは屋台街の入口付近ほど少なく、奥へ行くほど混雑は増していきます。一般的には客が多く入っている方が“人気店”という判断に至るものですが、これは単に屋台街をぶらついた後に食事をする、という観光客の心理が表れているだけで、店の味には影響しないものと考えています。

私も食事をするつもりで訪れましたが、別にお目当ての店があるという訳ではなく、一通り商店街をぶらついた後、熱心なオバサンの呼び込みに負けて入ったのが「鑫記XIN JI」という店。アロー通りの入口から50mほど進んだ所にある店ですが、通り中央部分にある店ほど混雑しておらず、ゆっくり出来ると思ってここに決めた次第です。

鑫記XIN JIのメニュー

鑫記XIN-JIのメニュー表

鑫記XIN JIのメニューを見てみましょう。アロー通り屋台街の店で出されるメニューはだいたいどこも同じで、中華か揚げ物が中心。

鑫記XIN-JIの揚げ物メニュー

この鑫記XIN JIでも例外なく“Fried”の頭文字がついたメニューが多く見られます。生物が見当たらないので、その方が腹には安心…!。

鑫記XIN-JIの大皿料理

一品料理の価格がRM30.9~となっていますが、これは大人数で食べる為の大皿料理の価格。

鑫記XIN-JIの一品料理

一人前の料理は、だいたい一品RM10です。種類の多さもまずまずで、ライス・ヌードルと大概なんでも揃っている様です。

鑫記XIN-JIのビールメニュー

ビールはアジアの銘柄が7種も!日本のアサヒスーパードライもありますね。スーパードライはシンガポールでもよく見かけましたが、この地域への営業に相当力を入れているのでしょうか?価格はどれも小瓶がRM10~RM16程と結構割高です。

食器・テーブルの清潔感はどうか?

マレーシア屋台の食器の清潔感

マレーシアの屋台というと、衛生面での心配をされる方もいると思います。私も腹が弱いので、東南アジアへ行く時は必ず除菌ティッシュを用意して行くのですが、結局いつも使わず仕舞い。しかしそれでもこれまで食器の不衛生さが原因で腹を壊した事は一度もありませんので、過度な心配をする必要は無いと思います。

鑫記XIN-JIのテーブル

テーブルや椅子も、見た限りではキチンと拭かれている様ですし、清潔感は問題ありません。でも不特定多数の人が行き交う通りなので、一応テーブルに落ちた食べ物は食べない方が良いかもしれませんね。

マレーシアの屋台で物売り

尚、席に座っていると“物売り”が頻繁にやってきて話しかけてきます。プロペラの付いた光るオモチャを一生懸命売り込もうと彼らも必至…。多少可哀想な気もしますが、少しでも甘い顔を見せると付け込んで来るので、NO!と一喝するのが良作ですね。

「炒飯」が意外な美味さ!

鑫記XIN-JIのビール

さて、先ずはビールで喉を潤します。ブラジルのスコールビールは、330ml瓶でRM10.9。

自分のペースでゆっくり飲みたかったのですが、グラスの2~3割減っただけですぐさま店員が寄って来て、まけまけに注がれてしまいます。「マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記」でもお伝えしましたが、東南アジアの人ってホントこういう注ぎ方する人多いですよね。持て成しの気持ちからなのか、はたまた早く飲ませて追加注文させたいだけなのか…?

鑫記XIN-JIの炒飯

そして運ばれてきたメイン料理!今回は「炒飯Fried Rice(RM10.9)」を試してみる事にしました。万国共通のフライドライスは、当たり外れも少なくて無難かと…。

鑫記XIN-JIの炒飯の具

しかしこれが意外な美味しさ!ニンニクが効いていて香り立ちも良く、自宅では難しいパラパラの食感。付け合せの黒いタレは凄く辛いですが、これを少量かけると味のアクセントになります。

鑫記XIN-JIの焼き餃子

もう一品、「炸水餃Fried Dumpling(RM10)」を注文しました。何てこと無いタダの焼き餃子ですが、こちらも悪くありません。

鑫記XIN-JIの餃子のタレ

そのままでも美味しいですが、オレンジの甘辛いタレを少しつけてもGood!ケチをつけるなら、具のボリュームが貧弱な事くらいかな…。餃子5ピースでRM10(≠260円)というと宇都宮餃子の「みんみん」も顔負けの高値ですが、それに匹敵するだけの味にはなっていると思います。

観光客プライスも満足度は高い

鑫記XIN-JIの会計

会計は、普通のレストランと同じくテーブルで行います。今回はビールも入れて日本円でおよそ1,000円。マレーシアの物価を考えるとかなりの観光客プライスですが、満足度は高いです。

鑫記XIN-JIの席

この鑫記XIN JIは人の入りも程よく、屋台街の賑わいを感じながらゆったりと寛げる点も良いですね。次回訪れる時は他の店も開発してみようと思いますが、あまり混雑しない入口から近い店で探すのがおススメです。

以上、アロー通り屋台街の食レポでした!昨日の記事「クアラルンプール「アロー通り屋台街」アクセスと混雑状況を見る」も合わせてご覧下さい。

関連記事オールドチャイナカフェOLD CHINA CAFEでマレー料理に舌鼓!

カテゴリー

【その他おススメの記事】