ドイツ最大!ミュンヘンの楽譜店Bauer Hieberへ行ってみた

bauer-hieber (2)

ヨーロッパの国へ行くと、必ず立ち寄るのが楽譜店。電子書籍が主流になりつつある昨今ですが、ピアノやオーケストラの楽譜に関しては、未だ印刷譜が根強い人気となっていますよね。

これまでパリやウィーンの楽譜店へ足を運んできましたが、品揃えはイマイチ…。今回訪れたミュンヘンの楽譜店Bauer Hieberは、ドイツ各都市にチェーン店を持つドイツ最大の楽譜店という事で、どの程度の品揃えなのか?調査してみたいと思います。


ドイツ最大の楽譜店Bauer Hieber

今回訪れたドイツ・ミュンヘンの楽譜店ですが、場所はミュンヘン市庁舎の裏側。市庁舎の正門を見て右から建物の裏へ周った所にあります。

bauer-hieber/場所

ト音記号のマークが目印。Bauer Hieberと言えばドイツ最大の楽譜店で、他にもベルリンやデュッセルドルフなど各地に支店がありますが、このミュンヘン店はその中でも最大の売場面積を誇る本店なんだとか。

営業時間は9:30~19:00、日曜日は休みです。

bauer-hieber/レジ

bauer-hieber/階段

店舗は1階と地下の2階層に分かれていて、1階はPopsやJazz等の軽音楽の楽譜やギフトなどの売場。オーケストラのスコアやピアノ譜などクラシック音楽は地下の売場にある様です。

地下に豊富な楽譜とスコア

bauer-hieber/地下のフロア

階段を降りて地下のフロアへ。かなり殺風景な感じの売場ですよね。日本のYAMAHA銀座店なんかとは大違い!

bauer-hieber/スコア

奥の方へ行くと、スコアがギッシリ。流石ドイツ最大の楽譜店という事もあって、オケのスコアはなかなかの充実振りです。特に、ドイツに本拠地を持つオイレンブルク(Eulenburg)の黄色いポケットスコアが大量に置かれていました。

bauer-hieber/ピアノ楽譜

一方、ピアノ譜のラインナップはいまひとつ。これまで見て来たロンドンやパリの楽譜店と変わらないくらいで、大阪のササヤ書店と比べても少ない印象です。

見つからない楽譜を調べてくれる

bauer-hieber/楽譜の検索

店頭に無い楽譜は、在庫を調べてもらえます。地下のフロアには店員が常駐していて、私が作曲者名と曲名を言うとPCをカタカタと検索してくれました。

私はどの国の楽譜店でも、毎回F.プーランクのPf.協奏曲のオーケストラスコアを探すのですが、これがなかなか見つからない…。日本では普通に売っていないので、海外なら手に入るかと思ったのですが…。

bauer-hieber/ピアノ楽譜のラインナップ

残念ながら今回も見つからず。その他にも、日本の楽譜店で手に入らない楽譜2~3点を検索してもらいましたが、いずれも在庫は無し。一部取り寄せ可能なものもありましたが、それなら日本でも可能ですから意味無いですよね。

品揃えは日本に敵わない

と言う訳で、ドイツ最大と言われる楽譜店Bauer Hieberを訪れてみましたが、メリットはオイレンブルクのポケットスコアが豊富に置いてあるくらいかと。ウィーンの楽譜店の記事でもお伝えしましたが、やはり日本の楽譜市場に適う国はなかなかありませんね!

bauer-hieber

尚、Bauer HieberはWebショップもあるので、検索するだけならこっちの方が便利かもしれません。ざっと見たところ、価格は日本とあまり変わらないか若干安い程度なので、ヘンレ版だからと言ってわざわざここで買う必要は無いかと思います。

以上、ミュンヘンの楽譜店Bauer Hieberのレポートでした!その他の国の楽譜店については、以下の記事をご覧下さい。