うなぎ又兵衛・船形店/限定大うな重2,900円!直火焼きで味わう

unagi-matabee (10)

千葉県成田市へやって来ました!別に飛行機へ乗る訳ではないのですが、今回は成田の名物「うなぎ」を味わう事が目的です。

成田のうなぎと言えば「駿河屋」のうな重が定番ですが、いかんせん有名過ぎて混雑必至でしょうし、面白くない!と言う訳で、今回はレンタカーを借りて成田駅から離れた所にある鰻重の店「うなぎ又兵衛」へ行ってみる事にしました。


成田市の外れにあるうなぎ屋

今回訪れた「うなぎ又兵衛」があるのは、成田市の西の外れ。成田駅からメインストリートを真っ直ぐ進み、印旛沼の手前で右折。暫く進むと、左側に見えてきます。

成田駅からは5km程、車で正味15分くらいでしょうか。バスも走っていない様な所なので、車が無いとちょっと来られないと思います。

うなぎ又兵衛の船形店

古めかしい平屋建ての店舗。営業時間は11時~15時(火曜日定休)ととても短いので、狙って行かないとなかなか入るのは難しいでしょう。

うなぎ又兵衛の駐車場

駐車場は店の前にあって、10台くらいは停まれそうです。

店内はテーブル席と座敷

うなぎ又兵衛の店内

店内は4人掛けのテーブルが4つ、他にこれと同じぐらいのキャパの座敷があるので、正味30席くらいはあるかと。

今回は14時半前くらいの訪問でしたが、閉店間際だった為か先客は1グループのみ。間もなくして店頭のノボリが降ろされたので、おそらく14:30がラストオーダーなのだと思います。

ほうじ茶のセルフサービス

席に着くとお茶が貰えますが、セルフサービスで温かいほうじ茶も用意されているのは嬉しいところ!

うな重は2つのランク

うなぎ又兵衛船形店のメニュー

メニューを見てみると、うな重は2つのランクがあって、通常のうな重(2,400円)と限定大うな重(2,900円)。この内、通常のうな重は蒸しと直火焼きのどちらかを選べる様になっていますが、この時は蒸ししか用意できないとの事。

限定大うな重のメニュー

一方、限定大うな重なら直火焼きで頂けるそうですが、蒸しと焼きの違いは食べた時の食感。蒸してからタレを付けて焼くと柔らかいが、直火焼き(素焼き)だと歯応えが出るのだそう。

今回は歯応えを楽しみたいと思ったので、奮発して上ランクの方の限定大うな重にします!それでも都内で食べるのと比べると、幾分安いですよね。

ドリンクメニュー/うなぎ又兵衛

日本酒メニュー/うなぎ又兵衛

因みに、ドリンクのメニューはこんな感じ。昼間しか営業していない店ですが、ビールに焼酎、日本酒などの用意もある様です。

お通し/うなぎ又兵衛

尚、お茶と共にお通しの様なものを頂きました!これはうなぎの首の部分を揚げたものだそうで、食べて見るとカリッとした食感だけでなく弾力もあって、なかなか美味しいです。

限定大うな重2,900円!

限定大うな重/うなぎ又兵衛

注文から7~8分ほど、限定大うな重が運ばれてきました!重箱に大きなうなぎが2切れ、漬物とえび・ドジョウの佃煮、味噌汁のセットです。

うな重のタレ

タレは甘さ控えめ、うなぎは凄い肉厚!食べてみると、口の中がうなぎで埋め尽くされます!直火焼きという事もあって、確かに身の柔らかさよりもしっかりした歯応えの方が先行します。

うな重の焦げ目

焦げ目もしっかりついていて、皮がパリッと良い感じ!でもその割には香ばしさは限定的で、あまり風味立ってきません。どちらかと言うと、魚の風味を生かした大人しい味付けと言えるでしょうか。

肉厚のうな重/うなぎ又兵衛

肉厚でボリューミーなうなぎは美味しくて食べ応えありますが、味付けの方はちょっと賛否両論あるかも。私としても、もう少しハッキリとした主張の強いタレの方が好みです。

肉厚のうなぎは食べる価値あり!

タレの味付けに好みはあるものの、うなぎの質・ボリュームは本物!これだけ豪快で肉厚のうなぎが乗ったうな重が3,000円を切る値段で食べられるというのは、ほんとに凄い!

これだけのうなぎを都内で食べようものなら、5,000円は下らないですよね。ちなみに、東京・神田にある老舗鰻店「神田きくかわ」は、3,150円でこんな感じ→東京・神田【うなぎ】の老舗「神田きくかわ」で食レポ!

うなぎ又兵衛の営業時間

そう考えると、わざわざ成田駅から離れた所へ来た甲斐はあったかもしれません。この店の近くには、他にもうな重が食べられる店が何軒か存在するので、また次の機会に別の店でもレポートしたいと思います。

「うなぎ又兵衛 船形店」の店情報

  • 住所:千葉県成田市船形1562-2
  • 営業時間:11:00~15:00(LO 14:30)
  • 定休日:火曜日