ベンツA180が凄い!ニッポンレンタカーでお得に借りてみた

mercedes-benz-a180 (13)

先日、ニッポンレンタカーで初の外車「メルセデス・ベンツA180」を借りてみたのですが、国産車には無いその優れた走行性能にビックリ!

アウディやベンツ等の外車も借りられる事で知られるニッポンレンタカー。一般的に、外車のレンタカーは国産車よりも高いイメージがありますが、ニッポンレンタカーの割引プランを利用すると、驚くほど安く借りる事が出来ます。


SRM会員限定「昼から特割プラン」が安い!

nipponrentacar (1)

私が利用したのは、ニッポンレンタカーの「昼から特割プラン」。これは午後からの利用に限って、料金が通常価格の45%~50%引きになるというお得なプランです。

nipponrentacar (2)

今回私はベンツA180を12時間レンタルしましたが、お値段なんと税込5,724円!しかもこれ、保険料込み(標準コース)の値段だから驚き!

nipponrentacar (3)

通常、このベンツA180を12時間レンタルすると、一般料金では1万円を超えますから、およそ半額で借りられる事になりますね。(今回は、更に期間限定のポイント2,000円分が付与されて、3,724円で借りる事が出来ました!)

nipponrentacar (4)

但し、この格安プラン利用には条件があって、先ずはSRM(スーパーレッドメンバー)の会員になる事。これはニッポンレンタカーが発行するポイントカードの様なもので、ネットから申し込めば後日カードが自宅に届きます。

特に年会費もかからなければ、特別なクレジットカードへの入会も必要無いので、申し込んで損をする事は何もありません。

nipponrentacar (2)

次に、利用可能時間および予約可能な時間が限られている事。この「昼から得割プラン」は正午から午前0時までの12時間の利用に限った特別プランなので、午前中或いは24時を超えての利用には適用されません。

また、予約ができるのは利用当日の午前10時半以降となっている為、前持って予約する事は不可能です。なので、事前の予約で満車になってしまう繁忙期の観光地(例えば夏の沖縄など)での利用は、ちょっと難しいかもしれません。

それでも、正規料金の半額で利用できるというのは凄い事!地元でちょっと借りたい時などに、とても重宝するプランです。

ガッチリした体格のベンツA180

mercedes-benz-a180

そんな格安料金で借りたベンツA180がコチラ!ガッチリとした風格漂うボディで堂々とした姿。これほど厚みのあるボンネットは、国産車ではなかなか無いですよね。

mercedes-benz-a180の扉

ドアを開けると、その重厚さがますます伝わって来ます。頑丈なボディは、万が一の事故の時にも安心です。

mercedes-benz-a180のドアの足元にあるマーク

ドアの足元には、Mercedes-Benzのエンブレムが!こんな洒落た演出も、メルセデスならではですよね。

mercedes-benz-a180のインテリア

足元の広さ/mercedes-benz-a180

インテリアは本皮仕様のスポーティーなデザインに仕上がっています。肌触りも良いですが、居室空間としてはちょっと狭い感じがします。特に後部座席の足元はとても狭く、また天井も低いので、これに大人5名が乗車するのはちょっとキツイかもしれません。

メチャクチャ快適な走り!

このA180ですが、エンジン自体は1600cc+ターボという平凡な仕様です。その為、特に走り出しはややモッサリとしていて、あまり気持ちの良い加速は期待できません。

mercedes-benz-a180の走行性能

ただ、ひとたび走り出してからの走行性能が凄い!40kmを超えた辺りからの加速が凄くスムーズで、高速道路での追い抜きも楽ですし、上り坂での減速が殆ど感じられません。

また、路面に凹凸があっても振動が殆ど無く、更には強い横風でもビクともしませんし、ダウンフォースが優れているのか、地面にピタッと張り付いて走行している感じがします。

これが直進安定性にも繋がっているのか、直進では殆どハンドルを動かさずに済むので、長時間の運転もすごく楽ちん!これほど優れた走行性能は、2500ccもあるTOYOTAのマークXでも無かった事です。

国産車との違いにちょっと戸惑いも…

その一方で、外車ならではの国産車との違いに、最初はちょっと戸惑いもありました。

ウィンカー/mercedes-benz-a180

先ずはウィンカーのレバーが左側に付いている事。これは借りる時に係員から説明を受けるので問題無いですが、右側の操作に慣れているとつい間違って焦ってしまいます…(因みにハンドル右側のレバーはシフトレバーです)。

mercedes-benz-a180のナビ

mercedes-benz-a180のナビ操作

また、タッチパネルが主流の国産車と違って、ナビは手前のコントローラーで操作するタイプなのですが、これがなかなかやり難い…。すぐ現在地へ戻したい時にもワンタッチではいかず、右へ左へレバーを何度も操作しないと辿りつけない事もあって、なかなか不便です。

リミッター/mercedes-benz-a180

そしてビックリしたのはコレ!この車には速度を自動に制御するリミッターが付いるらしく、初め速度が40kmまでしか上がらないので非常に焦りました!キックダウンをする事で一時的に解除はできるものの、40kmを下回るとまた自動に制御されてしまうという厄介もの…。

リミッターの操作レバー/mercedes-benz-a180

これを解除するには、ウィンカーの下についているレバーを操作する必要があるのですが、こんな事前に説明も何も無かったので、ダッシュボードから説明書を引っ張り出して何とか解決しました。

幹線道路で40kmまでしか上がらないなんて、危険ですよね。なにも説明してくれないなんて、ちょっと不親切!

気になる燃費は?

ハイオク/mercedes-benz-a180

ところで気になる燃費ですが、流石はベンツ!ガソリンは高級なハイオクを使用するので、レギュラーガソリンの国産車に比べると割高になってしまうのは致し方ないところ。

ハイオクガソリンの料金

今回は130km走って給油は8.5ℓ。1リッターあたりの燃費はおよそ15.3kmという計算になります。一般的なハイブリッドカーの2倍もの燃料が掛かった計算になりますが、それでもこの走りなら文句なし!

ガソリンタンク/mercedes-benz-a180

ちなみに、ガソリンタンクの蓋は、押すだけで開く仕様。運転席の足元のレバーを操作しなくても良いのは便利ですよね。

もうTOYOTAには戻れない…

と言う訳で、ニッポンレンタカーの格安プランを使ってメルセデス・ベンツA180を借りてみましたが、国産車では味わえないプレミアムな走行性能には脱帽!保険料が1日1,080円とすると、車両あたりのレンタル料金は4千円台という事になりますから、いかにお得だったかが分かりますね。

mercedes-benz-a180のエンブレム

ニッポンレンタカーでは、他にもベンツの車両が幾つかあるので、色々と試し乗りしてみると面白いですね。ただし、当日空きがあるかは運次第!希望の車両に空きが無い場合は、日をずらすか営業所を変えてみると良いかもしれません。

ベンツを安くレンタルしてみたい方は、是非ニッポンレンタカーの「昼から特割プラン」を利用してみて頂ければと思います。