シドニーの街歩き。タウンホールにある3つの歴史的建造物が美しい~

sydney-townhall (23)

昨日ご紹介したSt.Mary’s大聖堂を観た後、シドニーの中心街「タウンホール」方面へ向かいました。シドニーは近代的なビルが幾つも建ち並ぶ大都市ですが、このタウンホール界隈だけは歴史を感じる建物が集結しており、観光にはピッタリのエリアです。

今回は、このタウンホールにある3つの歴史的建造物「Town Hall」「QUEEN VICTORIA BUILDING」「St.アンドリュース教会」を見ていきたいと思います。

タウンホールにある3つの建物

シドニー・タウンホールの中心部

St.Mary’s大聖堂からハイドパークを横切って歩いて来る事15分、タウンホール駅付近へと到着しました。シドニーの中心地でありながら、自然公園のあるエリアから僅か3区画。シドニーは都市と自然が融合したコンパクトな都市なんですね。

地図で見ても分かる通り、この辺りはシドニー市街のど真ん中。ビジネスでも観光でも、恐らく必ず一度は通る場所だと思います。

シドニー・タウンホールのMAP

今回は、このエリアの中心にあるシドニー・タウンホールと、それを挟んで南北にあるクイーン・ヴィクトリア・ビルディング、St.アンドリュース教会を見ていきたいと思います。

Sydney Town Hall

シドニー・タウンホールの建物

先ずは、シドニー市街のランドマークともなっているTown Hall。ビクトリア様式の建物は1889年に建てられたそうで、既におよそ130年の歴史があるという事になります。

シドニー・タウンホールの時計台

時計台の高さは55mとの事ですが、周囲の高層ビル群が視界に入るとどうしてもそんなに高くは見えないですね~。恐らく建設当初ははるか遠くからも見る事が出来たのだと思います。

シドニー・タウンホールのパイプオルガン

“Hall”の名の如く、この建物の中には2000人規模のキャパを誇るホールがあって、そこには8000線本ものパイプを持つ巨大なパイプオルガンがあるとの事。音楽家の一人として是非見てみたいものですが、残念ながら今回の旅行では中へ入る機会には恵まれず…。

シドニー・タウンホールのイベント

しかしこの時、なにやらイベントが行われていました。“SYDNEY COMEDY FESTIVAL”と買いてありますね。HPを拝見すると、様々なお笑い芸人がパフォーマンスを行う年に一度のガラ・イベントだそうで、毎年チケット完売する程の人気なんだとか。

シドニー・タウンホールのチケットボックスオフィス

仮設のボックスオフィスも出ていました。ここでチケットを買って入っても良かったのですが、この後の予定が詰っていたので今回は見送り~。

シドニー・タウンホールのライトアップ

ちなみに、夜のライトアップはこんな感じ!オレンジ色の間接照明が綺麗ですね。

残る2つの歴史的建造物は、次のページへ!


カテゴリー

その他おススメの記事