日曜日はシドニー・フェリーが$2.6で乗り放題!Circular Quay~Taronga Zoo乗船レポート!

sydney-ferry-taronga-zoo (9)

今回は、シドニーのCircular Quayからフェリーに乗ってTaronga Zooを目指します。よく晴れた行楽日和、大変気持ちの良いクルーズになりました。

東京や大阪に住んでいるとフェリーに乗るなんてそう滅多にある事ではありませんが、シドニーでは電車やバスに乗るのと同じ感覚で利用されているらしく、共通のICカード(Opalカード)がそのまま使用する事が出来て便利!またOpalカードの運賃割引制度も同様に対応しているので、日曜日なら僅か$2.6で乗り放題!そんなお得なフェリー・クルーズをレポートします。

Circular QuayからTaronga Zoo

今回は、シドニーの北東部にある「タロンガ動物園」を目指します。シドニー市街地とは川を挟んで反対側にある動物園、陸路でも繋がっていますが、フェリーで向かうのが最短ルート。

シドニー・フェリー乗り場

フェリー乗り場は、シティーサークル線(T1~T3)の改札から出口を出てすぐ、海沿いの遊歩道が乗り場へ繋がるアプローチになっています。この日は日曜日、快晴で行楽日和という事もあって、朝から多くの人で賑わっていました。

シドニーフェリー路線図

路線図を見ると、フェリーにはF1からF7まで7つの路線が存在する事が分かります。今回乗船するのは、Taronga Zoo行きのF2。※フェリー路線図はコチラからDLできます。

シドニー・フェリー時刻表

フェリーの出発時刻を確認します。電光掲示板は、全ての番線からのフェリーが一度に見られるので分かり易いです。※フェリー時刻表はコチラ

フェリー乗り場は1~5まであって、F2だから2番乗り場から発車するのかなと思っていましたが、どうやら路線名と発着番線は共通ではない模様。この時のTaronga Zoo行きは4番乗り場からの出発でした。

フェリーの乗り方は電車と同じ

シドニー・フェリー改札口

フェリーの各乗り場には改札機があって、電車と同じ様にOpalカードをタッチしてゲートを通過します(OpalカードについてはOpalカードの買い方‐シドニー空港の窓口はクレジットカード対応!の記事をご覧下さい)。

シドニー・フェリーの待合所

改札を通過すると、桟橋の上の待合所で船を待ちます。椅子の数が少なく、またトイレも無い所なので、船が着いてから入っても遅くないと思います。

シドニー・フェリーに乗る

今回乗船するフェリーがやって来ました!“フェリー”とは名ばかりに、ちょっと大きめのクルーザーの様な出で立ち。

シドニー・フェリー・サーキュラーキー

到着すると、先ずは降りる人が出口へと通されます。整列乗船が徹底されている訳ではなく、扉が開くと入口に近い人からバラバラと入っていく感じ。なるべく景色の見えやすい良い席に座ろうと扉の近くにいたのですが、事もあろうに私のいる所とは別の所にある扉が開いてしまいました…。ちょっと分かり難い乗船口。

2階建てフェリーの客席

シドニー・フェリーの客室

船内の客室はこんな感じ。外見からは想像もつかないほど座席が多く、また立ち客用につり革までついています。平日の通勤時などには満席になるのかもしれませんね。

シドニー・フェリーのデッキ

この日は晴れていたので、後方のデッキへと向かいました。ここにも座席が設置されていて、トイレもここにあります

シドニー・フェリーの座席

デッキの座席は、メッシュ素材の屋外仕様。ここには40席程度しかなく、人気の為か乗り込んで早々に満席状態になってしまいました!

シドニー・フェリーの2階席への階段

一方、このフェリーは二階建てで、屋内の階段を上がると2階席へ行く事が出来ます。

シドニー・フェリーの2階席

これは帰りに撮影したものなので席の仕様が異なっていますが、2階席と言えども居住スペースはまずまず。

シドニー・フェリーの2階デッキ

2階にもデッキがあって、ここは開放感抜群!晴れた日は、ここは一番のおススメです。そしていよいよ出航!

次のページでは、オペラハウスやシドニーのビル群を一望するフェリーからの眺めをご紹介します!


カテゴリー

その他おススメの記事