ステーキハウス【I’m Angus】で食べたオージービーフの味をレポート!シドニーのレストラン

シドニーで必ず食べようと思っていたのがオージービーフ!口コミを見ていた所、シドニーにある有名店「I’m Angus」のステーキが美味いという口コミを発見したので、行ってみる事にしました。

♪こちらも合わせてご覧下さい→「シドニー」記事一覧と観光ガイド


I’m Angusへの行き方

ステーキハウスI’m Angusがあるのは、シドニーのダーリングハーバー地区。シドニー水族館のすぐ近くで、タウンホール界隈からも程近い距離にあるのですが、鉄道の駅から離れている上、幹線道路を渡った先にあるので、ちょっとアクセスし難い所ではあります。

タウンホール方面からの行き方としては、ダーリングハーバーに架かるビルモント橋を目指して行き、湾を渡る手前で海沿いの遊歩道へ降りるのが早いと思います。

ダーリングハーバーのSC

ここはちょっとしたSCの様になっていて、他にも沢山のレストランが入っている所です。I’m Angusがあるのは、一番下のフロア“The Promenade”。

ダーリングハーバーのプロムナード

行ってみると、その名の通り海沿いの遊歩道に沿ってレストランが軒を連ねています。夜景が綺麗な所なのだと思いますが、この日はあいにくの雨で綺麗な夜景は望めず…。

ステーキハウスIm-Angusの入口

赤い看板が目印のI’m Angus。営業時間はランチタイムが11:30~15:00、ディナータイムが17:00~22:00(金・土は23時まで、日曜はディナータイムのみ)。いかにも“ステーキ”って感じの色合いですよね。早速入ってみましょう!

18時半には満席に

ステーキハウスIm-Angusテラス席

店内へ入ると、建物の中というよりは半分屋外のテラス席の様になっています。吹きさらしですが、屋根があるので雨には濡れず。

この時は18時頃に入りましたが客はまばら、しかし徐々に人が入り始めて18時半ごろにはほぼ満席になりました。この日は金曜日という事もあって、混雑するのも早いのでしょうか。

ステーキハウスIm-Angus海側の席

案内されたのは海側の席。それは良いのですが、出入り口の真横の席だったので人通りが多いばかりか、ここは店員さんの立ち位置にもなっているらしく、食べている所を終始見られている様な感じで落ち着きませんでした。夜景はちょっと奥の席でも見えるので、入口付近の席は避けた方が良さそうです。

I’m Angusのメニュー

ステーキハウスIm-Angusのメニュー

メニュー表を見てみると、I’m Angusメインのステーキメニューは7種類。サーロインにテンダーロイン、リブロースのステーキもありますね。各々細かくサイズを指定できる訳ではなく、メニューによって200g~350gと決まっている様で、女性にはちょっと多いかもしれません。

こうして見るとラムステーキが一番お得に見えますが、飛行機の中で食べたラム肉があまり好みでなかったので、ここは素直にビーフの選択が吉かと…。

ステーキハウスIm-Angusのサラダメニュー

サラダ類もまずまずの品揃え。価格は$8~$15とちょっとお高めな印象です。

ステーキハウスIm-Angusのアルコールメニュー

アルコールの種類はかなり充実!ビールだけでもこれだけ種類が用意されているのはスゴイですね。アルコール度数も書いてあるので、好みによっても選び易いです。尚、アルコールメニューは他にもワインやカクテルが充実していました。

▼ 続きを表示する

ウェルダンのオージービーフを実食!

ステーキハウスIm-AngusのビールPure-Blonde

先ずはビールで喉を潤します。ハイネケンやヒューガルデンホワイトなどが無かったので、Pure Blonde($8.5)を頂きます。生ビールという事ですが、泡はすぐ消えてなくなってしまいました。このオージーのピュア・ブロンドの味は、日本で言うアサヒ・スーパードライに似ていて、どちらかと言うと辛口かな。

ステーキハウスIm-AngusのGarden-Salad

次に運ばれてきたのは、前菜として注文したGarden Salad($9)。大き目の器にどっさりと山盛りの野菜!ニンジンにキュウリ、オニオンにルッコラなどが入って、上のほうまでドレッシングがよくかかっています。

ステーキハウスIm-Angusのサラダの具

みずみずしくて、なかなか美味しいサラダです。量がとてつもなく多いので、2人でシェアして丁度良い量かもしれません。もちろん私は一人で完食!

ステーキハウスIm-AngusのIm-Angus-Grainge-Sirloin-Steak

そして、注文から待つ事およそ15分、メインのステーキが到着しました!注文したのは、一番スタンダードなメニューI’m Angus Grainge Sirloin Steak 220g($34)。鉄板に乗ってジュージュー音を立てながら運ばれてくるものを想像していましたが、ちょっとアテが外れました。

ステーキハウスIm-Angusのステーキの焼き方

ナイフを入れると、ストレス無くスッと切れます。ウェルダンで注文しましたが、赤身が残っていて丁度良い感じ!食べてみると、柔らかくもしっかりした歯応え、香ばしい風味が口中に広がって美味しいです!

ステーキハウスIm-Angusのステーキ

このAngusで使われている肉は、霜降の様に柔らかすぎるものではなく、脂肪の少ない赤身を厳選しているのだとか。確かに、とろける様な柔らかさではないですが、口当たりが良くて嫌な繊維質も一切無し。220gのステーキは、意外と軽くてペロリ!私にとってはちょうど良いサイズでした。

店員に勧められたデザート

ステーキハウスIm-Angusのデザートメニュー

ステーキだけ食べて帰る予定でしたが、店員さんの甘い誘惑に負けてデザートを注文。デザートメニューはプリンやサンデーなど創作デザートが幾つか。チーズの盛り合わせもある様です。

ステーキハウスIm-Angusのデザート

注文したのはChocolate Oblivion($15)。ヌガート・アイスクリームとガナッシュ・チョコレート、それにイチゴが乗っています。

Im-AngusのChocolate-Oblivion

すごく濃厚なチョコレート、これをアイスの溶けた所につけて食べるとGood!かなりの甘さですがしつこさは無く、私は好きな味です。アイスは普通のバニラ味。でもチョコレートは見た目以上にボリュームがあり、220gのステーキを食べた後の腹にはかなり重かったです…。完食しましたが、腹いっぱい!

意外とお得?I’m Angusのサーロインステーキ

Im-Angusのレシート

今回のお会計は$66.5。5千円超のちょっと豪華なディナーとなりました。ビールとデザートが無ければ3千円くらいですから、ステーキ自体はなかなかお値打ちかもしれません。

尚、クレジットカードにはVisa、Masterの他、JCBやAMEXも使える様です。

シドニーのステーキハウスIm-Angus

活気のある店内と夜景の見えるロケーション、味も悪くないですし、オージービーフが食べたい時は、ここへ来れば間違いは無いと思います。以上、シドニーのステーキハウスI’m Angusの食レポでした!

I’m Angus

  • 住所:T.109 Cockle Bay Wharf, Sydney NSW 2000
  • 営業時間:11:30~15:00、17:00~22:00(金・土は23:00迄、日曜は通し営業)
  • 店舗HPはコチラ

「シドニー」記事一覧と観光ガイドはこちら