シドニーSt.Mary’s大聖堂で聴いたパイプオルガンの生演奏!

st-marys2

シドニーの街中にある大きな教会「St.Mary’s大聖堂」。その内部には壮大な空間と美しいステンドグラスがあって見ごたえ抜群でした!加えて、偶然にもパイプオルガンの生演奏に遭遇!体の芯にまで響き渡る重厚な響きと共に、その巧みな演奏裁きを間近で見られるポイントもあってGood!

そんなSt.Mary’s大聖堂を詳しく見ていきたいと思います。

St.Mary’s大聖堂へのアクセス

St.Mary’s大聖堂があるのは、シドニー市街の中心部。シティーサークル線(T1,T2,T4)のSt James駅からもすぐなので、アクセスはし易いです。

シドニーの公園ドメイン

このエリアはシドニー・シティの中心部にありながら、緑が多くてノビノビ出来ます。都会のオアシスとは正にこの事ですね。ちょうどSt.Mary’s大聖堂の西側にはハイドパーク、東側にはドメインという名の公園があって、その間に挟まれる様に教会が建っています。

シドニーの公園ドメインから見える教会

屋根の方が見えてきました!今回は、電車を使わずホテルから歩いて向かう事に。と言うのも、ホテル最寄の駅(Kings Cross)へ通じるT4が、この週末に限って整備点検で運休…。歩いても大した距離ではありませんでしたが、ほんとツイてないなぁと…。

ゴシック様式の教会

St-Marys教会の正面

教会へ到着!真正面から見てみると、なかなか迫力があります。このSt. Mary’s大聖堂はゴシック様式。二つの塔の高さは74メートルとの事で、ゴシック建築としては南半球で最大なんだとか。

St-Marys大聖堂はゴシック様式

この教会の歴史は18世紀後半まで遡り、はじめはイギリスから来たカトリック信者がこの地に教会を建設したものの、それが1864年に火災で焼失してしまったのだそう。今あるこの大聖堂は1928年に再建されたものらしく、通りで外壁からあまり長い歴史は感じられませんね。

St-Marys大聖堂の読み方

ところで、この“St.Mary’s”の読み方ですが、ガイドブックによって“セントメアリー”だったり“セントメリーズ”だったり様々。因みにウィキペディアでは“メアリー”でした。

妖艶な照明が美しい内部

St-Marys大聖堂の長さは107メートル

内部へ潜入してみると、ず~っと奥まで続く広い空間!この教会の長さは107メートルもあるという事で、実に壮大な光景です。

St-Marys大聖堂の照明

教会内の照明は山吹色の白熱灯が点いていますが、その数は限定的。しかしそれ以上に天井付近の窓から自然光が入って、それが内壁を照らしているので思ったよりも明るいです。妖艶な雰囲気もGood!

St-Marys大聖堂のギフトショップ

入口付近にはギフトショップもあって、ポストカードが$2で売られていました。

St-Marys大聖堂のパンフレット

パンフレットは英語・フランス語・中国語のみ。日本語が無いのは残念ですが、ミサの時間やイベントの有無などはHPに書かれているので、詳細が知りたい方はそちらをご覧下さい。

祭壇のステンドグラスが美しい!

St-Marys大聖堂の祭壇

それでは祭壇の方へ行ってみましょう!祭壇には17体の聖人の像、その背後にある大きなステンドグラスが美しい!星屑の様な細かい粒がキラキラと輝いて、まるで宝石をちりばめた様な美しさがあります!

St-Marys大聖堂の立入り禁止場所

この美しい主祭壇をずっと眺めていたい所ですが、この辺りの座席の一部にはパーティションが引かれていて、観光客は立ち入れない様になっていました。この区間外なら写真撮影も禁じられていませんが、あまりこの近くで長い間パシャパシャするのは望ましくないかもしれません。

セントメリーズ大聖堂シドニーのフロアマップ

館内MAPを見ると、主祭壇の奥へと入って行ける様です。そこだとステンドグラスをもっと間近で見られるので、行ってみたいと思います。

次のページでは、この美しいステンドグラスを間近で観賞!またパイプオルガンの生演奏をレポートします。


カテゴリー

その他おススメの記事