SONOMA Caféのサンドイッチが美味い!シドニーの人気カフェでテイクアウト

sonoma-sydney-cafe (7)

シドニー市内にチェーン店開するカフェSONOMA。ここの“サンドイッチが美味しい”という口コミ情報を得たので、行ってみる事にしました。SONOMAはカフェでありながら、テイクアウト(テイクアウェイ)も可能。ベーカリー直営のカフェらしく、質の高いパンが食べられる事を期待して訪れてみました。

SONOMAWoollahra”店

カフェSONOMAは現在シドニーに7店舗ありますが、今回私が訪れたのはWoollahra店。

場所は、昨日の記事で訪れたBondi Junction駅のすぐ近く。駅出口を出て右へ進み、信号を渡って道路の高架をくぐって坂を降り、突き当たりを左に曲がると店が見えてきます。駅から歩いて5分もかかりませんでした。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店の入口

天井高で開放感のある店の入口、店先がオープンテラスの様になっています。寛いでいる人達を見ると、ほぼ全員が白人で見るからに小綺麗な人ばかり!西洋のオペラ座ほどじゃないですが、ここで食事をする際には服装には若干気をつけたほうが良いかもしれません。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”の店内

テラス席の他、店内には20席ほどのテーブル席、2人掛けの小さなテーブルが殆どです。この時はお昼の12時半頃、ランチタイムのピーク時間帯でしたが、お一人様が多いせいか、あまり混雑した印象はありませんでした。営業時間は7:00am~4:00pm(定休日なし)。

SONOMAのメニュー

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店のカウンター

店の奥には注文カウンター。テイクアウトの場合もここで注文すれば良い様です。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店のメニュー

カウンター横のショーケースには、美味しそうなサンドイッチがズラリ!「ザワークラウトとマンチェゴ」、「豚肉・ピクルスとエメンタールチーズ」、「ハリッサ・ローストチキンとコリアンダー」など、オシャレな名前が並んでいて、どれにするか迷ってしまいます!“マンチェゴ”や“エメンタール”は、いずれもヨーロッパにある地方の名前で、それぞれ原産のチーズが使われているのだそう。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”はベーカリー直営

SONOMAのHPを見ても分かりますが、ベーカリー直営のカフェというだけあって、特にブレッド(パン)について原材料や焼き方に強い拘りが感じられます。どのサンドイッチも見るからに高級そうですが、価格は一つ$13~$15程とビックリするような高値ではありません。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店のクロワッサンとクッキー

サンドイッチ以外には、クッキーやクロワッサン、マフィンなどもあって、コーヒーのお供には最適ですね。クッキーは1枚で$4もしますが、すごく大きくて食べ応えありそう~。

注文‐テイクアウトは立派な箱入り

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店のサンドイッチ

今回は“HARISSA ROAST CHICKEN & CORIANDER”を試してみようと思います。お値段は$14。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店のラミントン

サンドイッチ一つだけでは物足りないので、もう一つ“AUSSIE LAMINGTON”も注文しました($6)。ラミントンとは、チョコレート風味のスポンジケーキにココナッツをまぶしたオーストラリア伝統のケーキ。以前、シンガポール・チャンギ空港のカンタス航空ラウンジで食べた事がありますが、軽い食感で美味しかったので今回もトライ!

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店でトースト注文

サンドイッチを注文すると、トーストするかどうか尋ねられたのでYesと答えておきました。店員さんは皆笑顔がステキ!私のカタコトの英語でも一生懸命に聞いてくれました。尚、トーストに追加料金は取られず。

シドニーのカフェSONOMA“Woollahra”店テイクアウトの箱

注文からおよそ5分、立派な厚紙の箱に入れられて渡されましたが、レジ袋などは一切無し。リュックの底に入れて、大切にホテルまで持ち帰りました!

美味しいサンドイッチの食レポは、次のページへ!


カテゴリー

その他おススメの記事