江古田新キャンパス初の学園祭へ~武蔵野音大サンクンガーデンの防音効果の程は?

musashino-ekoda (3)

今年2017年1月に竣工した武蔵野音楽大学の江古田新キャンパス。この武蔵野音大の学生部に勤める先生と呑む約束があったので、待ち合わせがてら折角なので少しキャンパス内を見て周りました。

訪れてみると、ちょうど学園祭の真最中!でもキャンパス内の賑わいとは裏腹に、大学周辺はひっそりとしていて、そのギャップに驚かされます。これも新キャンパス竣工の賜物か?そんな“音”に拘った新キャンパスに、初潜入します!

意外とフツーな校舎外観

武蔵野音大の江古田キャンパス竣工以来、いつか見に行こうと思っていたのですが、なかなか機会が無く今回が初の潜入です。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパス外観

西部池袋線の江古田駅から徒歩五分、細い路地を抜けて大学前の通りに出ると、突然道が開けていてビックリ!以前は校舎の敷地が外壁に囲まれて、周辺の道路も狭かったのですが、広い歩行空間が整備されています。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスのエントランス前

メインエントランス前もこの通り!でも建物自体は何か地味ですよね…、もう少し圧倒される様な外観を想像していたのですが、意外とフツーでした。またエントランスが広い間口で開放されているのかと思いきや、その辺の公民館などと同じ様に扉を開けて中へ入って行く構造になっています。

江古田新キャンパス初の学園祭

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスの階段

エントランスホールを抜けると幅の広い降りる階段があって、その先は「サンクンガーデン」という広場に繋がります。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスの学園祭

この日は学園祭真っ只中!このサンクンガーデン一帯にテントが敷かれ、出店や本部などが置かれていました。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスのサンクンガーデン

ただ、このサンクンガーデンも思ったほど広くは無く、限られたスペースの為か出店の数も限定的。学生達の掛け声などは聞こえてくるものの、規模が小さくイマイチ盛り上がり感に欠ける気がしました。まぁ既に日が暮れて時間が遅い事もありますし、またこの日は雨が降っていたので、それも影響しているのかなぁと…。

ミュージアム・練習室・ショップ

武蔵野音楽大学江古田新キャンパス校舎の中

続いて、校舎の中を見てみたいと思います。学園祭中という事もあって、一般客が立ち入れない所もあった為、6つあるホール等を見て周る事は出来ず。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパス案内図

校舎は、サンクンガーデンを取り囲むような配置。1階には学生部などの事務室の他、図書館やレストラン、それに楽器ミュージアムがあります。でも楽器ミュージアムは2018年に開業だそうで、現時点では昼間に行っても入る事は出来ない様です。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパス練習室

その他「練習室」のエリアがあったので覗いてみました。音大生にとって個人の練習室の存在は必須で、私も現役の頃は必至で空き部屋を探したものです。コンクリート打ちっぱなしの壁面に頑丈な扉で、防音性能は良さそうですが、部屋数がどれほどあるのか気になるところ。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスのヤマハ銀座店

また、1階にはヤマハ銀座店が入っています。この日は16時で閉店していましたが、普段は日曜・祝日を除いて17:10まで営業しているとの事。

サンクンガーデンの防音効果は?

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスのサンクンガーデン

さて、今回の江古田新キャンパスプロジェクト、その設計コンセプトとして挙げられていたのが、地下一階の高さに掘り下げた「サンクンガーデン」の存在です。この構造によって、音大ならではの“音”が周辺の住宅街へ漏れるのを防ぐ役割があるとの事でした。

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスの防音効果

その防音効果がどれ程のものなのか気になっていましたが、確かにサンクンガーデンでの賑わいの声や音は、外には漏れていない模様。音大の敷地の中に入るまで、外からは学園祭が行われている様な気配すら感じられないほど!

武蔵野音楽大学江古田新キャンパスでアンサンブル

サンクンガーデンのある地下一階だけではなく、例えば1階の高さで行われていた金管楽器アンサンブルの演奏も、外まではほぼ聴こえず。この日は雨が結構強く降っていたのでそのせいもあったかもしれませんが、サンクンガーデンを取り囲む様に建つ校舎自体も、かなりの防音効果になっているのは確かですね。

多機能がコンパクトにまとまった音楽大学

武蔵野音楽大学江古田新キャンパス

という訳で、待ち合わせがてらに立ち寄った武蔵野音楽大学の江古田新キャンパス。壮大な景観やランドマークとなる様なモニュメント等はありませんでしたが、多機能がコンパクトにまとまった充実した施設に生まれ変わっていました。

来年2018年の楽器ミュージアム開業の際には、また是非訪れてみたいものです。武蔵野音楽大学の江古田新キャンパスについては、以下の記事も併せてご覧下さい。


カテゴリー

その他おススメの記事