江古田駅前のそば屋「嵐山」の味…居酒屋メニューのある定食屋

ekoda-arashiyama (2)

武蔵野音大の江古田新キャンパスを見た帰り、江古田駅前で立ち寄ったそば屋の食レポをお伝えしようと思います。実は、大学の学生部の先生と呑みの約束をしていたのですが、見事すっぽかされてしまって予定が無くなってしまいました…。

止む無く一人で食事をする事になり、駅前をぶらついて適当な店に入る事に。立ち寄ったそば屋は「嵐山」という個人経営の店。コシの利いた蕎麦は食べ応えがあるものの、具と出汁の味は……

江古田南口徒歩1

今回訪れた定食屋「嵐山」があるのは、西部池袋線 江古田駅南口。駅を出て線路沿いに少んだ所にあります。

江古田のそば屋「嵐山」の外観

“そば屋”らしく、やや日本家屋風の外観ながら、トラットリア風な手書きのメニューと色合いの悪い看板…。なんだかちょっと統一感に欠けますよね。折角なら“和”で統一した方が、センス良く見えると思うのですが。

営業時間は11:30~15:00、および17:30~23:30、水曜日定休です。

江古田のそば屋「嵐山」のカウンター席

江古田のそば屋「嵐山」のテーブル席

店内は狭いですが、カウンター8席の他テーブル席も3つあって、狭いスペースを有効的に使っている感じ。土曜日の19時過ぎという事で、ペアで呑んでいる人もいましたが、客は私以外に2組のみ。尚、この店は喫煙可能となっています。

そば・うどん中心のメニュー

江古田のそば屋「嵐山」のそばメニュー

メニューは蕎麦とうどんが中心。冷or温の選択や盛り方も多様、価格は下が520円からと東京の駅前にしてはリーズナブルですね。丼物も少し用意されています。

江古田のそば屋「嵐山」のくしあげメニュー

店の看板に“そば・串揚げ”とありましたが、串揚げで選べるのはこのセットメニューのみ。何の串揚げかは書いていませんでしたが、5本で600円とまぁまぁお値打ちなので、注文してみる事に。

江古田のそば屋「嵐山」のアルコールメニュー

アルコールは焼酎が中心のメニュー。黒霧島や赤霧島が400円で飲める店は、なかなか見ないですよね。

江古田のそば屋「嵐山」のおつまみ

その他、おつまみになるメニューも幾つか。個人で来て一人呑みするには最適かもしれません。

「鴨せいろ」の味は…

江古田のそば屋「嵐山」鴨せいろそば

今回注文した蕎麦は「鴨せいろ」のそば。1,180円と割高ではありますが、国産鶏肉の旨味が利いた汁がウリだという事で、試してみました。

江古田のそば屋「嵐山」の具

具は鶏肉が3枚とワカメが少し。鶏肉は繊維質を感じるほど硬く、たまに軟骨が入っていてガリッと噛んでしまいます…。スープはしょう油ベースの薄味、アッサリしているが酸味に似た強い主張があります。これはちょっと好みの分かれる味付け。

江古田のそば屋「嵐山」のそば

蕎麦はコシがあって喉ごしも良好。普通盛りながら、食べ応えは十分です。でも私の口にあまり合わないスープの味付けの為か、半分くらい食べたら飽きてしまいました…。

江古田のそば屋「嵐山」串揚げ5本

もう一つ「串揚げ5本」。うずらの卵に海老、白身魚もありますが、どれも半口サイズ。ナルホド、これならば600円という安さに納得です。揚げたては確かに美味しいですが、大阪で食べる串揚げの様な感動は無いかな…(参考→大阪梅田で“おいしい串揚げ”の店はココ!《神戸串乃家》

江古田のそば屋「嵐山」串揚げのソース

甘口ソースと辛口ソース、それに普通の塩。店の看板に“串揚げ”と書くくらいなら、せめて抹茶塩とかカレー塩などオリジナルな調味料を加えて欲しいと思うところ。こちらもちょっと期待ハズレの内容でした。

利便性がウリのそば屋

江古田のそば屋「嵐山」

江古田駅徒歩1分、「嵐山」は“そば屋”ながら居酒屋メニューまでこなす、ちょっとマルチな定食屋でした。甘さをひかえた蕎麦の出汁や半口サイズの串揚げを見ると、料理の出し方は関東風。コレが好きという人も居るかとは思いますが、やはり蕎麦の出汁も串揚げも、大阪の味を知っているとどうしても首を傾げたくなってしまう、そんな感想を持ちました。

駅前の利便性と、夜でもワンコイン+αで食事が出来る点は良いですね。以上、江古田駅前のそば屋「嵐山」の食レポでした。


カテゴリー

その他おススメの記事