Mausoleum‐グラーツ大聖堂の隣にあるローマ皇帝の霊廟を訪れる

mausoleum-graz (2)

昨日ご紹介した「グラーツ大聖堂」の隣には、かつて神聖ローマ帝国の皇帝だったフェルディナント二世(Ferdinand II)の眠る霊廟があって、ここも観光スポットの一つになっています。

無料で入れる大聖堂とは違って有料となりますが、その中身はどの様なものか、レポートしたいと思います。


グラーツ大聖堂の隣にある霊廟

グラーツ大聖堂の隣にある、フェルディナント二世の霊廟。“霊廟”の直訳のまま「Mausoleum」という施設になります。

mausoleum-grazファサード

無機質なデザインの大聖堂と比べると、だいぶ趣きのあるMausoleumのファサード。上から見ると分かりますが、2つの建物がくっついた様なちょっと歪な形をしています。周りを他の建物に囲まれているので、周囲を見て周れないのが残念なところ。

mausoleum-grazエントランス

尚、正面エントランスらしき所からは入れず、入場は建物の東側にある勝手口へ周る必要があります。

営業時間と入場料

mausoleum-graz営業時間

このMausoleumの営業時間は、10:30~12:30および13:30~16:00ですが、季節によって開館曜日が異なる点には要注意。5月~12月は毎日営業されていますが、1月~4月は火曜日と金曜日のみ。冬~春に訪れる予定のある方は、注意しておいた方が良いでしょう。

尚、ホームページはグラーツ大聖堂と一緒になっています→Mausoleum

mausoleum-grazレセプション

扉を入って右へ進むとレセプション、ここで入場料を支払います。入場料は大人€6、シニア€4、学生€2と細かく分かれている他、10名以上の団体割引(€4)も用意されている模様。

mausoleum-grazチケット

€6も支払う割りに、記念の「き」にもならないペラなチケットが渡されました。しかもちょっと愛想の悪い受付の女性にムッとしながらも、気を取り直して先へ進んで行きましょう!

フェルディナント2世の霊廟

mausoleum-graz-map

このMausoleumは大きく分けて2つのエリアからなっており、初めは十字の形をした講堂を、その後に楕円の形をした部屋を見学します。観光順路は一方通行ではなく、入場した所へまた戻って来る形になります。

mausoleum-graz祭壇1

mausoleum-graz祭壇2

ここには2つの祭壇が祀られていて、それぞれグラーツ生まれの宮廷芸術家Johann Bernhard Fischer Von Erlachによるもの。出入り口の部分と見比べると分かりますが、縮尺を疑うほど巨大な祭壇です。

mausoleum-graz天井のフレスコ画

ここで最も美しいのが、天井のフレスコ画と装飾!独特の色使いと繊細なタッチ、真っ白な壁面と相成って一際色鮮やかですよね。

地下と繋がる吹き抜けの部屋

mausoleum-graz楕円の部屋

次に、隣の楕円の部屋へと移って来ました。ここには小さな祭壇が一つ、その手前に何やら円形の井戸の様なものがあります。

mausoleum-grazドーム状の屋根に描かれたフレスコ画

上を見上げると、ドーム状の屋根にキリストの被昇天が描かれたフレスコ画。ここも明るい照明に照らされて、なかなか美しい光景ですね!

mausoleum-grazの作業員

mausoleum-graz吹き抜け

この時ちょうど係りの人が作業をしていたのですが、この円形の部分はどうやら下の階と吹き抜けになっている模様。

mausoleum-graz下の階へ続く階段

この下の階へは、側にある階段で降りて行く事が出来ます。

皇帝の埋葬された地下室

mausoleum-graz地下室の屋根

mausoleum-graz地下の墓

地下へ降りると、円形の狭い部屋がありました。天井の穴は、先ほどの作業員がロープを垂らしていた所ですが、どうやらこの部屋がフェルディナント二世の墓になっているらしい。

フェルディナント二世の棺

側にあった案内板によると、ここにはフェルディナンド2世の他、1616年に亡くなった彼の最初の妻であるマリア・アン・フォン・バイエルン(Maria Anna von Bayern)と、息子のヨハン・カール(Johann Karl)も埋葬されているとの事。

mausoleum-graz地下室の鏡

この部屋の入口にはロープが張られていて中は立ち入り禁止となっていますが、壁に鏡が設置されて棺の正面が見える様になっています。手を組んで眠る2名の人物、よく見ると髭を生やした人物に見えなくもない?

尚、この地下室は非常に狭い為、繁忙期で観光客が多い時期はゆっくり観賞する事は難しいかもしれません。

10分で観て周れる観光スポット

フェルディナント二世の霊廟

と言う訳で、皇帝フェルディナント二世の霊廟「Mausoleum」を観賞してきましたが、美しい天井のフレスコ画や巨大な祭壇は見ものですが、この霊廟に関して歴史的な意味を深く理解し、それに強い興味を持つ者でなければ、ちょっと退屈な観光スポットだという印象を持ちました。

mausoleum-graz案内板

今回のMausoleumの観賞にかかった時間はおよそ20分。写真をあまり撮らなければ、10分で完結してしまう程です。施設の維持管理にコストがかかるとは言え、これで€6はちょっと高いかも?

訪れる際は、隣にあるグラーツ大聖堂と合わせてご検討頂ければと思います→グラーツ大聖堂でオルガンの練習に遭遇!アクセスや営業時間など



その他おススメの記事