グラーツ路面電車MAP(トラム路線図)と乗り方、切符の買い方など

graz-tram (23)

ウィーンからレイルジェットに乗って、オーストリア第2の都市「グラーツ」へやって来ました!グラーツはウィーンと比べると大分小さな都市ですが、それでも東西に5km、南北に10km広がる中核都市なので、歩いて周るのはちょと辛いところ。

そんなグラーツの街は、路面電車(トラム)が市街をくまなく網羅していて、街歩きには不自由なし!そんなグラーツでのトラムの乗り方や路線図など、見ていきたいと思います。


路線図と時刻表のPDF

グラーツの路面電車の路線図ですが、私はコチラのページからDLしました。“2017”と書かれているので、恐らく現時点では最新のMAPだと思いますが、ネット上に転がっていた“2011”版と比較しても、殆ど変わりません。

また、各路線の時刻表PDFはこのページからDL出来ます。

graz-tram-map

観光客が使う主な路線は、グラーツ中央駅から旧市街広場(Hauptplatz Congress)とその下の中継駅(Jakomini Pratz)、そのくらいでしょうか。このMAPにはトラムだけでなくバスも書かれていますが、観光スポットとなる所は殆どトラムだけで行けてしまうので、私は滞在中一度も使う機会はありませんでした。

グラーツ中央駅から市街へ

グラーツ中央駅

ウィーンからレイルジェットに乗ってグラーツへ来る場合、グラーツ中央駅に到着します。駅舎はガラス張りの近代的な建物ですが、それほど広い駅ではないので迷う事は無いでしょう。

話によると、この駅舎は2015年にリニューアルされたばかりなんだとか。

グラーツ中央駅のトラム乗り場

トラムの乗り場は、駅の出口(メインエントランス)を出て右手。路面電車のマークに従って進みます。

グラーツ中央駅のトラム乗り場へのエスカレーター

駅前のロータリーを進んだ先に、トラム乗り場へ降りるエスカレーターがあります。プラットホームがA(手前)とB(奥)に分かれており、ここから旧市街方面へ向かう場合は、右側のAの乗り場へ。

グラーツのトラム電光掲示板時刻

上記の路線MAPを見ての通り、グラーツ中央駅には1、3、6、7の4路線が乗り入れていますが、旧市街広場までの運行ルートは全て同じ。また何れの列車も、同じプラットホームから出発します。

クレジットカード対応の券売機

graz-tram (2)

エスカレーターを降りると、そこはプラットホーム。切符の売機は、エスカレーターを降りたすぐ横にあります。

グラーツのトラム券売機

グラーツのトラムチケットの種類

券売機は英語切替対応。チケットは1時間券と24時間券の他、3デイズ、ウィークリー、マンスリーもありますが、今回は短期の滞在なので24時間券を購入します。

グラーツのトラムチケットはクレジットカード対応

決済はクレジットカードに対応していますが、現金はコインしか対応していない点はちょっと不便。私はここへ来る前、ウィーンの券売機でJALカード(Mastear)を使おうとしたら、エラーになって使えませんでしたが、ここでは問題なく発券出来ました!

graz-tramチケット

24時間券は€5.1。1時間券は€2.3なので、2時間分を越えて利用する場合は24時間券の方がお得になるという事になりますね。ちなみに3 daysチケットは€12.1、これに限ってはグラーツ博物館などの施設入場料が割引になる制度があるので、グラーツで3日以上ガッツリ観光する場合にはお得だと思います。

乗り方はウィーンと同じ

グラーツのトラム乗り方

さて、切符を買ったらトラムへ乗車します。上記の通り、4つの路線が次々にやって来るので、殆ど待たずに乗れるのが嬉しいところ!

graz-tram低床車両

トラムは殆どが低床の車両なので、スーツケースを持っての乗降りも楽で良いですね。たまに低床じゃない車両が来る事もありますが、その場合は次の電車を待てばすぐ低床車両が来るので問題なし。

グラーツのトラムのシート跳ね上げ式

スーツケース置き場は特にありませんが、入口付近は跳ね上げ式のシートや車椅子スペースになっているので、他の人の邪魔にもなり難いです。

グラーツのトラム車内の券売機

乗車したら、忘れずに緑のランプが点いた機械にチケットを挿入して打刻を行います。尚、車内にも駅と同じ仕様の券売機があるので、時間が無い場合はここで買うのもアリかもしれません。

graz-tram車内ディスプレイ

車内アナウンスは、基本ドイツ語のみ。でもグラーツ中央駅や、旧市街広場とその先の乗換駅に限っては、それぞれ「main railway station」「main square」「main transfer point」と英語でもアナウンスされていたので、一応観光客に向けた対応はなされている模様です。

Stopボタンは押さない?

グラーツのトラム車内のストップボタン

グラーツのトラムの停車表示

ところで、ウィーンのトラムと唯一異なる点は、このStopボタン。バスの様に、これを押すと“Wagen hält”の表示が光る様になっているのですが、基本的に全ての駅に止まる様になっているのか、これを利用している人は殆ど見かけず。

graz-tram扉のボタン

と言うのも、扉のボタンを押しておけば、必ず次の駅で止まってその扉が開くので、敢えてStopボタンを押す必要は無いのだと思います。現地の人も皆その方法で乗降りしていたので、特に気にする必要は無いでしょう。

graz-tram旧市街広場

グラーツ中央駅から、ものの5~6分で旧市街広場へ到着!今回はこの旧市街広場付近のホテルに宿泊しましたので、そのレポートは次回お伝えします→グラーツ旧市街で貴族の館に泊まる!Palais Hotel Erzherzog Johann


カテゴリー

その他おススメの記事